特集 PR

苦しみの先にあった言葉 NIKIIEインタビュー

苦しみの先にあった言葉 NIKIIEインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
2012/04/10

昨年発表された初のフルアルバム『*(NOTES)』は、それまでのNIKIIEがノートにびっしりと綴ってきた変身願望を基にした、まさに彼女の原点というべき作品だった。今の季節にピッタリのサニーサイドポップから、美しいバラードまでを収録した新作『hachimitsu e.p.』は、いわば新しいノートを手に再出発を果たした、その最初の一歩である。もちろん、そのノートにはまだ余白がたくさんあるのだが、今のNIKIIEはその余白部分に秘められた可能性に対し、迷い悩みながらも、楽しんでいるように感じられる。おそらく、これからこの余白も徐々に埋められていくことだろう。しかし、『*(NOTES)』と大きく違うのは、そこにはNIKIIE自身のことだけでなく、彼女にとっての大切な誰かや何かも綴られていくであろうということだ。そうやって、彼女の世界は今まさに外へ外へと開かれていっている。

余白があるというか、そんなに全部詰め込まなくても、芯がちゃんとぶれずにあれば、そのまま伝わるんだなって。

―1stアルバム『*(NOTES)』は自らの原点とも言うべき作品だったと思うのですが、それをリリースしたことで、何かNIKIIEさんの中で変わったことはありますか?

NIKIIE:いい意味で、曲に対して向き合う時間が短くなりましたね。以前は少しでも疑問に思ったら、何十回もその曲を聴いたりしてたんですけど、今はナチュラルにいられるようになりました。そのお陰で、その場で自分が思ったことを楽しみながら試せるようになったりとか、ポジティブに変わった感じがあります。

―肩の力が抜けて、リラックスして音楽と向き合えるようになったんですね。

NIKIIE:あと去年は誰にとってもものすごい激動の1年だったじゃないですか? そういう中で、自分をコントロールできなくなっちゃったというか、ひたすら「自分のやれることを」ってがむしゃらだったんです。そういう中でもアルバムを出してツアーをやって、一段落したときに改めてそこでできた隙間と向き合って、その隙間を表現するために、映画やライブを見に行ったりする時間をわりとたっぷり作りました。それを自分の表現の糧として、『hachimitsu e.p.』に向かった感じでしたね。

―そうやってインプットしていく中で、特に影響を受けたものを挙げるとしたら?

NIKIIE:一番大きかったのは、ジェーン・バーキンの来日ライブに行ったことですね。喜びは喜びのまま、悲しみは悲しみのままに表現していて、その姿を見たときに、自分もありのままでいいんだなって感じたんです。歌詞はフランス語なので何を言ってるかは分からないんですけど(笑)、でも歌から来る気持ちにすごく動かされたんです。余白があるというか、そんなに全部詰め込まなくても、芯がちゃんとぶれずにあれば、そのまま伝わるんだなって。彼女の姿を通じてそれを感じて、そうありたいなってすごく思いました。

―それって自分のツアーから得た自信とかも影響してるんじゃないですか?

NIKIIE:ツアーは…すごい葛藤の連続でしたね。ステージに立ってるときはとにかくやり切ることに集中してるんですけど、ステージを降りてからは常に自問自答していました。今まではわりと閉ざしたライブをしていて、自分から(お客さんに)歩み寄るというよりは、壁を作ってライブをしてたんです。でも、今回は自分から歩み寄ってみたいという気持ちがあって。その扉を開くのはすごく怖かったんですけど、そこに嘘をつかずにやり切りたいと思って。

NIKIIE

―やっぱり『*(NOTES)』っていう作品は基本的に「私」を表現した作品で、それを作ったことによって、今度は「伝える」「届ける」っていう方向に目が向いたんでしょうね。『hachimitsu e.p.』は間違いなくそういう作品になってると思うし。

NIKIIE:やっぱり曲を書くときはどうしても自分1人しかいないし、1人の世界の中だけで完結した歌だったりとかして、それをどう伝えていくかっていう課題は、今後もずっと続いていくんだろうなって思いました。でも、きっと毎回迷うけど、迷うことによってまた違った自分が見えたり、違う形で表現できたりすると思うんで、迷い続けて…いきたくはないんですけどね(笑)。

2/3ページ:「苦しい」「せつない」って思ってたんですけど、言葉にするとすごく温かいものだった。

Page 1
次へ

リリース情報

NIKIIE『hachimitsu e.p.』
NIKIIE
『hachimitsu e.p.』

2012年4月11日発売
価格:1,890円(税込)
COCP-37254

1. カナリア
2. Say you love me
3. 涙星
4. ito.
5. 3sec.
6. good night my sweet home

イベント情報

『NIKIIE LIVE TOUR 2012「hachimitsu」』

2012年6月17日(日)
会場:福岡県 福岡 ROOMS

2012年6月23日(土)
会場:大阪府 大阪umeda AKASO

2012年6月24日(日)
会場:愛知県 名古屋 BOTTOM LINE

2012年6月29日(金)
会場:東京都 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE

プロフィール

NIKIIE

1987年、茨城県出身。4歳からピアノ教室へ。周りと馴染めない混沌とした日々の中、ピアノと音楽に癒され育つ。16歳より作詞・作曲、オーストラリアホームステイ時の経験がその後の音楽活動に影響を与える。高校卒業後上京、ライブを中心に都内で活動。2010年12月1日、シングル「春夏秋冬」でデビュー。同曲は12月度FMパワープレイを42局獲得、歴代女性アーティストとしての史上最多獲得記録を更新した。独特の詩世界と、声、ライヴパフォーマンスが注目を集める。2ndSingle「HIDE&SEEK」は代々木ゼミナールCMソングに抜擢され話題に。2011年7月13日に1stアルバム「*(NOTES)」をリリース。そして、新しく発表された楽曲「涙星」がテレビ朝日系木曜ミステリー『科捜研の女』の主題歌に大抜擢される。その「涙星」を含む待望のミニアルバム『hachimitsu e.p.』を4月11日にリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

MONO NO AWARE“東京”

一言で「東京」と言っても、いろんな場所があるし、そこに暮らす人の価値観や思想もさまざま。MONO NO AWAREの新作より、玉置周啓と加藤成順の故郷・八丈島(ここも東京)をドキュメンタリータッチに切り取った“東京”のPVが公開。<みんながみんな 幸せになる方法などない><無理くり手をつないでも 足並みなどそろわない>という歌い出しにハッとさせられる。私とあなたの違いを「受け入れる」のではなく、その違いをもっとポジティブに捉える思考の転換が僕らには必要なのかもしれないですね。これ、マジの名曲です。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く