特集 PR

苦しみの先にあった言葉 NIKIIEインタビュー

苦しみの先にあった言葉 NIKIIEインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
2012/04/10

昨年発表された初のフルアルバム『*(NOTES)』は、それまでのNIKIIEがノートにびっしりと綴ってきた変身願望を基にした、まさに彼女の原点というべき作品だった。今の季節にピッタリのサニーサイドポップから、美しいバラードまでを収録した新作『hachimitsu e.p.』は、いわば新しいノートを手に再出発を果たした、その最初の一歩である。もちろん、そのノートにはまだ余白がたくさんあるのだが、今のNIKIIEはその余白部分に秘められた可能性に対し、迷い悩みながらも、楽しんでいるように感じられる。おそらく、これからこの余白も徐々に埋められていくことだろう。しかし、『*(NOTES)』と大きく違うのは、そこにはNIKIIE自身のことだけでなく、彼女にとっての大切な誰かや何かも綴られていくであろうということだ。そうやって、彼女の世界は今まさに外へ外へと開かれていっている。

余白があるというか、そんなに全部詰め込まなくても、芯がちゃんとぶれずにあれば、そのまま伝わるんだなって。

―1stアルバム『*(NOTES)』は自らの原点とも言うべき作品だったと思うのですが、それをリリースしたことで、何かNIKIIEさんの中で変わったことはありますか?

NIKIIE:いい意味で、曲に対して向き合う時間が短くなりましたね。以前は少しでも疑問に思ったら、何十回もその曲を聴いたりしてたんですけど、今はナチュラルにいられるようになりました。そのお陰で、その場で自分が思ったことを楽しみながら試せるようになったりとか、ポジティブに変わった感じがあります。

―肩の力が抜けて、リラックスして音楽と向き合えるようになったんですね。

NIKIIE:あと去年は誰にとってもものすごい激動の1年だったじゃないですか? そういう中で、自分をコントロールできなくなっちゃったというか、ひたすら「自分のやれることを」ってがむしゃらだったんです。そういう中でもアルバムを出してツアーをやって、一段落したときに改めてそこでできた隙間と向き合って、その隙間を表現するために、映画やライブを見に行ったりする時間をわりとたっぷり作りました。それを自分の表現の糧として、『hachimitsu e.p.』に向かった感じでしたね。

―そうやってインプットしていく中で、特に影響を受けたものを挙げるとしたら?

NIKIIE:一番大きかったのは、ジェーン・バーキンの来日ライブに行ったことですね。喜びは喜びのまま、悲しみは悲しみのままに表現していて、その姿を見たときに、自分もありのままでいいんだなって感じたんです。歌詞はフランス語なので何を言ってるかは分からないんですけど(笑)、でも歌から来る気持ちにすごく動かされたんです。余白があるというか、そんなに全部詰め込まなくても、芯がちゃんとぶれずにあれば、そのまま伝わるんだなって。彼女の姿を通じてそれを感じて、そうありたいなってすごく思いました。

―それって自分のツアーから得た自信とかも影響してるんじゃないですか?

NIKIIE:ツアーは…すごい葛藤の連続でしたね。ステージに立ってるときはとにかくやり切ることに集中してるんですけど、ステージを降りてからは常に自問自答していました。今まではわりと閉ざしたライブをしていて、自分から(お客さんに)歩み寄るというよりは、壁を作ってライブをしてたんです。でも、今回は自分から歩み寄ってみたいという気持ちがあって。その扉を開くのはすごく怖かったんですけど、そこに嘘をつかずにやり切りたいと思って。

NIKIIE

―やっぱり『*(NOTES)』っていう作品は基本的に「私」を表現した作品で、それを作ったことによって、今度は「伝える」「届ける」っていう方向に目が向いたんでしょうね。『hachimitsu e.p.』は間違いなくそういう作品になってると思うし。

NIKIIE:やっぱり曲を書くときはどうしても自分1人しかいないし、1人の世界の中だけで完結した歌だったりとかして、それをどう伝えていくかっていう課題は、今後もずっと続いていくんだろうなって思いました。でも、きっと毎回迷うけど、迷うことによってまた違った自分が見えたり、違う形で表現できたりすると思うんで、迷い続けて…いきたくはないんですけどね(笑)。

2/3ページ:「苦しい」「せつない」って思ってたんですけど、言葉にするとすごく温かいものだった。

Page 1
次へ

リリース情報

NIKIIE『hachimitsu e.p.』
NIKIIE
『hachimitsu e.p.』

2012年4月11日発売
価格:1,890円(税込)
COCP-37254

1. カナリア
2. Say you love me
3. 涙星
4. ito.
5. 3sec.
6. good night my sweet home

イベント情報

『NIKIIE LIVE TOUR 2012「hachimitsu」』

2012年6月17日(日)
会場:福岡県 福岡 ROOMS

2012年6月23日(土)
会場:大阪府 大阪umeda AKASO

2012年6月24日(日)
会場:愛知県 名古屋 BOTTOM LINE

2012年6月29日(金)
会場:東京都 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE

プロフィール

NIKIIE

1987年、茨城県出身。4歳からピアノ教室へ。周りと馴染めない混沌とした日々の中、ピアノと音楽に癒され育つ。16歳より作詞・作曲、オーストラリアホームステイ時の経験がその後の音楽活動に影響を与える。高校卒業後上京、ライブを中心に都内で活動。2010年12月1日、シングル「春夏秋冬」でデビュー。同曲は12月度FMパワープレイを42局獲得、歴代女性アーティストとしての史上最多獲得記録を更新した。独特の詩世界と、声、ライヴパフォーマンスが注目を集める。2ndSingle「HIDE&SEEK」は代々木ゼミナールCMソングに抜擢され話題に。2011年7月13日に1stアルバム「*(NOTES)」をリリース。そして、新しく発表された楽曲「涙星」がテレビ朝日系木曜ミステリー『科捜研の女』の主題歌に大抜擢される。その「涙星」を含む待望のミニアルバム『hachimitsu e.p.』を4月11日にリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている