特集 PR

あくまでポップミュージック EAインタビュー

あくまでポップミュージック EAインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中慎一郎, 撮影協力:Five G
2012/05/01

男女のポップデュオと言うと、女性シンガーと、作編曲などをこなす男性プレイヤーという組み合わせが多いように思うが、ラテン語で「彼女」を意味するEAを名乗るこの2人組は、その一般的な例からはやや外れたところにいる。ビンテージのシンセサイザーやTENORI-ONなどを駆使し、作詞作曲からプログラミングまでをこなすMaika Leboutetを中心に、ギタリストのShinya Saitoがサポートをするという、ちょっと珍しい組み合わせなのだ。デビュー作『METEO』は、ドラマーのあらきゆうこをゲストに迎え、打ち込みと生楽器の融合にチャレンジしつつも、80年代への愛情を基にした「あくまでポップミュージック」という彼女たちの心意気がはっきりと伝わる好盤。結成の経緯から機材に対する偏愛のルーツ、作品作りに対する姿勢の変化まで、2人にじっくりと語ってもらった。

最初は見た目が可愛くて安いっていう理由でシンセサイザーを買ったんですけど、それにはまってからは…1年で10台ぐらい買ったかな。(Maika)

―EAの結成は2009年とのことですが、どのように始まったのですか?

Shinya:バイト先にMaikaが後輩として入ってきたんです。僕は前にやってたバンドを辞めてフラフラしてたときで、「音楽をやってる子が入ってきた」っていうから話してみたら、話が合って。

Maika:私はずっと曲を作りためてたんですけど、ライブをやったことはなくて、「歌手になってデビューしたい」みたいな欲望はあんまりなかったんです。どっちかって言うと、作るのに没頭し続けてて。ただ、せっかく作ったんだから、ライブをして誰かに聴いてもらいたいと思い始めてたときに、バイトの先輩にギタリストがいるということを聞いて、「じゃあ、お願いしようかな」っていう。

左から:Maika Leboutet、Shinya Saito
左から:Maika Leboutet、Shinya Saito

Shinya:80年代っぽいのがやりたいなって、ずっと…20年ぐらい思ってて(笑)、聴かせてもらった音源にはシンセの音がたくさん入ってたんで、「これはいいのが作れそうだな」って思ったんですよね。

Maika:ただ、出会った当初は音楽の趣味とか結構違ってたんです。私はそれまで80sとかあんまり知らなかったんですけど、iTunesの中身を見せ合ったり、「これいいよ」って知らないアーティストを勧め合ったりして、段々やりたいことが一致していって、今の形になったっていう感じです。

―じゃあ、EA以前のお2人のバックグラウンドも聞かせてください。Maikaさんはお父さんがフランス人、お母さんが日本人で、フランスに住んでいたこともあるんですよね?

Maika:はい、結構小さい頃に2〜3年いて、その後日本に帰って、また中学のときに行ってっていうのを繰り返してたんですけど、トータルでは日本の方が長くて、母国語は日本語、フランス語はどっちかっていうと外国語というか。今回“Red block on the hill”をフランス語で歌ってるんですけど、それは坂本龍一さんに曲のデモを聴いていただく機会があって、「これフランス語で歌ってみたら?」って言ってくださって、教授に言われたらやるしかないと(笑)。言語っていうのはひとつの切り口として、いろんな人に聴いてもらうきっけになればと思ってます。

Shinya:日本人以外にも聴いてほしいっていうのはありますね。(フランス語は)ひとつの武器というか特徴だし、シンセの音ともよく合う気がするんですよね。

Shinya SaitoとMaika Leboutet

―音楽を作るようになったきっかけは?

Maika:元々お父さんがクラシック好きで、私も5歳くらいからピアノをやってたんです。でも、中学のときに反抗期で「もうやめる!」ってなったときに、お母さんが「こういうの聴いてみれば?」ってTHE BEATLESのベストを聴かせてくれて、それにすっごいはまって。もう手放せなくなっちゃって、どこに行くにも聴いてて、それが「自分でも作りたい」と思ったきっかけですね。多重録音みたいな機能が付いたキーボードを買って、それを使って作曲っぽいことをやり始めました。

―機材好きもその頃から?

Maika:近所にハードオフがあったのが大きくて(笑)、最初は見た目が可愛くて安いっていう理由でシンセサイザーを買ったんですけど、それにはまってからは…1年で10台ぐらい買ったかな。

―Shinyaさんもギターのエフェクターにはこだわりがある?

Shinya:好きなんですけど、金銭的な問題もあって…それこそハードオフで(笑)。

Maika:でも、オークションとかでも、身を削って買ってるよね? 食費を削ってエフェクター買ったりとかしてますよ(笑)。

2/3ページ:ホントのことを言って真実を作るよりは、上手いこと嘘ついて、そこに乗っかって、膨らませていきたい。(Maika)

Page 1
次へ

リリース情報

EA『METEO』
EA
『METEO』

2012年5月9日発売
価格:1,500円(税込)
UXCL-48

1. Red block on the hill
2. Pitcha pitcha
3. UCHU
4. ミミズのダンス
5. ひので
6. Red block on the hill(French version)

イベント情報

2012年5月3日(木・祝)
会場:東京都 渋谷O-nest
出演:
おはようメルシー
中田真由美
原名蕗子
163(g)
dulce aereo(空気飴)
今宿えみこ
矢野あいみ
恋のパイナップル
MiyuMiyu
樋口舞
halnote
EA

2012年5月16日(水)OPEN 18:00 / START 18:45
会場:東京都 渋谷Star Lounge
出演:
SPANOVA
EA
nego
センカヲス
ZeZeZaZa
ふくろ

レムチャップMini Albumレコ発企画
『めくる境界線』東京編
2012年5月27日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:東京都 下北沢 BASEMENT BAR
出演:
レムチャップ
ベルボーイ
the モラトリアムスパゲッチーズ
EA

LACHIC presents
『SAKAE SP-RING 2012』
2012年6月2日(土)、6月3日(日)OPEN 11:30 / START 12:00
会場:
愛知県(以下同)名古屋CLUB QUATTRO、OZON、HOLIDAY NAGOYA、CLUB Zion、NAGOYA Blue Note、TIGHTROPE、and more
※EAは6月2日(土)に出演

プロフィール

EA

2009年結成、日仏ハーフのMaika Leboutet(マイカ・ルブテ: 全作詞・作曲、programming、Vocal、Synthesyzer、テノリオン、ほか)と、技巧派・音響派ギタリストShinya Saito(シンヤ・サイトウ)による、2人組POP/ELECTRONICA/ALTERNATIVE ユニット。結成以来、ゆったりしたペースながらも、女王蜂、撃鉄、The SALOVERS、住所不定無職、ヘンリーヘンリーズ、THE ラブ人間ら今の時代をリードする新世代アーティストと対バンを重ねる一方、mi-gu(あらきゆうこ+清水“Shimmy”ひろたか)、小山田圭吾、salyu×salyu、高野寛、 Chocolat&Akitoらともステージを共にし、注目を集めていく。2012年5月9日には、遂にEAにとって初の全国流通盤である1st mini album『METEO』がリリースされる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー