特集 PR

色んなことを諦めてきた aoki laskaインタビュー

色んなことを諦めてきた aoki laskaインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2012/06/13

aoki laskaという名前を頻繁に目にするようになったのは、2011年の後半からだろうか。「& records初の日本人女性シンガーソングライター」として、folk squatの平松泰二をプロデュースに迎えたミニアルバム『about me』でデビューをしたのが12月のこと。それからというもの、FM局でのヘビーローテーション、『ARABAKI ROCK FEST』への出演などが続き、今ではテレビのCMソングを歌うまでに、aoki laskaの名前は大きく広がっている。しかし、瞬く間に階段を駆け上がったかのように見える彼女には、ここに至るまでの長い長い助走があった。たくさんの挫折を経て、頑なにこだわり続けた「私」という殻を捨て去り、誰かと一緒に作品を作り上げる喜びを手にしたことで、彼女の才能は遂に花開いたのだ。前作に続いて、平松をプロデュースに迎えた初のフルアルバムのタイトルは『it's you』。これは、「私」が「あなた」を見つけるまでの物語。

子供の頃はわりとイケイケで、「私何でもできる」って思ってたんですけど…挫折してぐれましたね(笑)。

―小さい頃から作曲をされていたそうですね。

aoki:4歳からピアノを始めて、小学校の1年でYAMAHAの作曲コースに入ったんです。

―小1から作曲って、かなり早熟ですね。

aoki:当時のことはあんまりよく覚えてないんですけど、クラシックバレエもやったりとか、習い事をして忙しいのが好きな子だったみたいですね(笑)。

―それはご両親も、良く出来た自慢の子どもだったでしょうね(笑)。

aoki:子どもの頃は結構自信があって、「私何でもできる」って思ってたんですけど…音楽もバレエも挫折して、それからぐれましたね(笑)。ボーイフレンドができて、放課後遊ぶようになっちゃって、お母さんに怒られる、みたいな(笑)。

aoki laska
aoki laska

―どうして挫折しちゃったんですか?

aoki:バレエは4歳から高3までやっていて、その道でやっていきたいと思うくらいかなり本気だったんです。でもバレエは、体型とか骨格とか、生まれ持ったもので決まっちゃう部分があって、諦めざるを得なかったというか、そこで自分の限界を知って。

―そうだったんですか。じゃあ、音楽の方は?

aoki:音楽はもっと早くて、小6まででした。作曲コースに行き始める前までは、周りから「すごいね」って言われてたのに、そのコースは周りの子たちのレベルが高くて、すぐに落ちこぼれちゃったんです。そこで変なコンプレックスができちゃって、「私は作曲できないんだ」って思ってました。

―コースの内容的に、「私がやりたいのはこういうことじゃない」って思ったとかではなく?

aoki:ではないですね。「私は二流なんだ」って思ってました。だから、歌を作り始めたのは18歳からで、それまではどうやったらいいかわからないし、バンドを組みたいわけでもない、学校で軽音に入るのもダサいと思って、ずっと悶々としてたんです。

Page 1
次へ

イベント情報

viBirth × CINRA presents『exPoP!!!!! volume63』

2012年6月28日(木)
会場:東京都 渋谷 O-nest
出演:
aoki laska
転校生
タラチネ
木下美紗都と象さんズ
and more
料金:無料(2ドリンク別)

『aoki laska 1st full album 「it's you」release tour』

2012年7月5日(木)
会場:京都府 京都 Voxhall
出演:
aoki laska
間瀬聡(カルマセーキ)
foot loose
いちやまりな
ラックラスター
and more
料金:前売2,000円 当日2,500円(共にドリンク別)

『「it's you」発売記念インストアライブ』

2012年7月6日(金)OPEN / START 20:00
会場:大阪府 大阪 FLAKE RECORDS
出演:aoki laska
料金:無料(優先入場券お持ちの方優先)
※優先入場券は『it's you』をFLAKE RECORDSで購入頂いた方に差し上げます
※当日は準備のため18:30に一度お店を閉店します
※優先入場券をお持ちの方から随時入場可能ですので5分前にお越し下さい

リリース情報

aoki laska<br>
『it's you』
aoki laska
『it's you』

2012年6月13日発売
価格:2,400円(税込)
YOUTH-164

1. みてみて
2. 物語
3. kiss me now
4. ひとつになりたい
5. kiseki
6. 耳のない猫
7. 温かいかたまり
8. また明日さよなら
9. backfire(Aimee Mann cover)
10. 流れる

CINRA.STOREで取扱中の商品

aoki laska<br>
『it's you』 [MP3]
aoki laska
『it's you』 [MP3]

価格:1,500円(税込)
誰もが認める、魔法のような歌声!

プロフィール

aoki laska

HER SPACE HOLIDAY、I AM ROBOT AND PROUD、+/-{PLUS/MINUS}、nhhmbase、YOMOYAなどのリリースで知られる「& records」初の日本人女性シンガーソングライター。2011年冬にfolk squatの平松泰二がプロデュース、録音、ミックス、マスタリングを手掛け、長倉亮介(ex.YOMOYA)、日下部裕一(4 bonjour's parties)も制作に協力したミニアルバム『about me』をリリース。ピアノもしくはオルガンに、最低限の意匠だけを施したシンプルかつ彩り豊かな音世界と、安藤裕子やクラムボンの原田郁子などにも通じる、個性的かつ滋味溢れる歌が、各所で大きな反響を呼んだ。2012年6月に、同じくfolk squat平松プロデュースによる1stフルアルバム『it's you』リリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開