特集 PR

偶然と必然のライフワーク LLamaインタビュー

偶然と必然のライフワーク LLamaインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2012/07/04

以前「天才の孤独」という連載記事でも取り上げた、吉岡哲志を中心とする京都の大所帯バンド=LLamaの新作『インデペンデンス』が遂に発売となる。京都という豊饒なる音楽コミュニティを象徴するようなバンドながら、実は人付き合いが苦手な吉岡の率いるLLamaは、一時メンバーの脱退が続き、解散寸前まで追い込まれたこともあった。しかし、度重なる「偶然」の出会いと、吉岡のLLamaに対するこだわりという「必然」によって、彼らは今再びアルバムのリリースへと漕ぎ着けたのである。そうして完成した『インデペンデンス』が、現在のバンドの状態の良さが如実に反映された文句なしの最高傑作に仕上がっているというのは、なんだか出来すぎなぐらいの、幸福な帰着だと言っていいだろう。今回の取材は吉岡に加え、LLama以前のバンドから吉岡とは10年来の付き合いとなるベースの藤井都督、バンドを解散から救ったキーマンとも言うべきドラムの石渡新平も加え、アルバムとバンドの現在地について、3人でじっくりと語ってもらった。連載と併せて読んで、ぜひLLamaという不思議な集合体の魅力に触れてほしい。

CINRA.STOREにてアルバム『インデペンデンス』のリード曲をフリーダウンロード配信中

僕は逆に「LLamaならやります」って言ったんですよ。「LLamaに誘ってくれるんやったら、全力で頑張る」って。(石渡)

―前回の取材の続きからになりますが、そもそもLLamaは一度解散を決意していて、解散ライブを全部新曲でやることにして。その際に“インデペンデンス”という曲ができたことで、バンドが続くことになった、という話をしてもらいました。今日はメンバーもいるので、まずは藤井さんにお伺いしたいんですが、そもそも「最後のライブを全部新曲で」っていうのは突拍子もないアイデアのようにも思うんですけど、メンバーとしてはどう思ったんでしょうか?

藤井:メンバーが抜けたから、残されたメンバーだけではその当時やってた曲を再現できなかったんですよ。もちろんいろいろ試しはしたんですけど、どうやってもかっこよくならないし、それだったら新曲やるしかないっていう…。背水の陣でしかなかったもんね(笑)。

―割と物理的な問題でもあったんですね。そして、その時にできた“インデペンデンス”には手応えを感じたわけですよね?

藤井:そうですね。「何でこんな曲が今さらできたんやろ?」みたいな(笑)。そのときはまだできたてほやほやで、何のアレンジもされてない状態だったんですが、これをこのまま1回のライブで、雑な演奏で終わらせるのはもったいないなって。そのぐらいの曲だっていう感触は確かにありました。

左から:藤井都督、吉岡哲志
左から:藤井都督、吉岡哲志

―なんでできちゃったんでしょうね?(笑)

吉岡:そればっかりはちょっとわかんないですけど(笑)。ただ、それまで自分が、メンバーが抜けていったりとか、人間関係の中で感じてたこと、「上手くできひん」っていう反省とか後悔も含めて、いろんな感情を上手く形にできたっていうのが大きかったのかもしれないです。

―なるほど。で、その曲を仕上げるために、石渡さんに声をかけたわけですよね?

吉岡:そうなんですけど、その時はまだLLamaを続けるかどうか分からなかったから、取りあえず来てもらって、セッションしたんですよ。彼からしたら「何のテスト?」みたいな感じだったと思うんですけど(笑)。

石渡:僕は逆に「LLamaならやります」って言ったんですよ。「LLamaに誘ってくれるんやったら、全力で頑張る」って。

石渡新平
石渡新平

―もちろん、それまでのLLamaを見ていて、そういうことを言ったわけですよね?

石渡:ですね。単純にすごく好きなバンドで、自分がやってたイベントにも出てもらってたし、ミュージシャンとしても尊敬してるから、そこに誘われたっていうのが単純に嬉しかったんです。それなのに、「全国にメンバー置いて、そこそこ回していこうと思ってるんやけど」とかって言ってて(笑)。

藤井:言ってたなー、そんなん! 「東京には東京のドラマー置いて」みたいな。

石渡:この2人(吉岡と藤井)が各地に移動して、現地のミュージシャンを使って、フレックスな形態でライブするって。

吉岡:大所帯のバンドだったから、地元以外でライブをやるのがホントに困難だったんですよ(笑)。

―でも、石渡くんに火を点けられる形で、バンドとして再び固まっていったわけですね。

吉岡:はい、そうですね。

Page 1
次へ

イベント情報

LLama presents『lla』in KYOTO 2nd ALBUM『インデペンデンス』RELEASE PARTY

2012年7月17日(火)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:京都府 磔磔
出演:
LLama
SuiseiNoboAz
料金:前売2,000円 当日2,300円(ドリンク別)

LLama presents『lla』in OSAKA
2nd ALBUM「インデペンデンス」RELEASE PARTY

2012年7月18日(水)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:大阪府 大阪 Shangri-La
出演:
LLama
SuiseiNoboAz
LAGITAGIDA
Lainy J Groove
料金:前売2,000円 当日2,500円(ドリンク別)

viBirth × CINRA presents
『exPoP!!!!! volume64』

2012年7月19日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 O-nest
出演:
LLama
The next! Liddell 1974
THIS IS PANIC
and more
料金:入場無料(2ドリンク別)

リリース情報

LLama<br>『インデペンデンス』
LLama
『インデペンデンス』

2012年7月4日発売
価格:2,625円(税込)
wonderground / WRCD-59

1. インデペンデンス
2. 方向喪失フェスタ
3. 風化
4. 雨跳び飛び馬
5. 彼方
6. トゥトゥーラ
7. ベラドンナ
8. 窓辺の果てに夕焼け
9. 霹靂

CINRA.STOREで取扱中の商品

LLama<br>
『インデペンデンス』 [MP3]
LLama
『インデペンデンス』 [MP3]

価格:1,350円(税込)
ツインドラムが組み立てる緻密でいて自由なリズム

CINRA.STOREにてリード曲“インデペンデンス”をフリーダウンロード配信中

プロフィール

LLama

吉岡哲志、藤井都督、越智弘典、妹尾立樹、石渡新平、竹内良太、日下部裕一のPAを含む7人で活動中。構築と即興のコントラストで創造される世界観は、現代の日本で忘れられている日本固有のメンタリィティを感じさせる新しいポップミュージック。2008年6月にはメンバー自身の手によって録音から全てを手掛けられた1stALBUM『ヤヲヨロズ』をSundayTuningよりリリース。以降、KYTE(UK)との全国ツアーやPARAとの2マンライブなどで注目を集め、2010年6月には地元京都で初のワンマンライブを行い、大成功を修める。2012年4月18日にTOWER RECORDS限定EP「方向喪失フェスタ 12418EP」、7月4日には待望の2ndアルバムリリース!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い