特集 PR

スーパースターに学んだこと 大橋トリオインタビュー

スーパースターに学んだこと 大橋トリオインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:西田香織
2012/09/06

CINRAではこれまで何度も大橋トリオへの取材を行ってきたが、その度に彼が口にしていたのは、海外での活動展開と、自分が日本人であることのジレンマだった。そして、そんな彼にとって、あくまで日本人らしく、海外のミュージシャンにも全く引けを取らないクオリティーとオリジナリティーで音楽を作り続けている人物の代表が、矢野顕子だったのである。今回の取材の中でも、「天才」「スーパースター」「神」「怪物」「一番すごい人」と、矢野に対しては最大級の賛辞を惜しむことなく連発していたことからも、大橋の矢野に対する敬愛は相当なものであることがよくわかる。そして、そんな矢野との共作を果たした“窓”を含む、初の全編コラボレーションアルバム『White』は、彼にとってひとつの区切りとなる作品だという。今回の経験で手にした自信を大きな財産とし、大橋トリオはまた新たなる道へと、一歩踏み出そうとしている。

矢野さんの『SUPER FOLK SONG』が大好きで、音に説教されてる感じがするんです。

―まずは、今回コラボアルバムをリリースするに至った経緯を話していただけますか?

大橋:これまでインディーズから含めると全部でCDを10枚出していて、ひとしきりやった感があったので、区切りというか、そういう意味があります。この次にやりたいことがもうあったりするんですけど、一緒に曲を作りたいアーティストさんがいたので、新しい曲と今までの曲を足して、それをひとつの形にするのもアリなのかなって。

大橋トリオ
大橋トリオ

―確かに、前回の『L』『R』の取材のときに、「一人ではやりきった感がある」っていう話をしてましたもんね。だから、今回の『White』っていうタイトルは、一度自分のスタイルを白紙にした上で、いろんな方と一緒にやって、自分のやれること・やりたいことを再確認するっていう意味もあるのかなって。

大橋:おっしゃる通りで(笑)。そう取っていただいてもいいし、他のフィーチャリングするアーティストさんの色に染めてもらうっていうのもあるし。

―『L』『R』をリリースして、そのツアーファイナルが3月の渋谷公会堂だったじゃないですか? そこでも改めて一区切りって感じました?

大橋:そこまで意識はしてなかったかな。次に考えていることがあって、今また曲を作ってるんですけど、今はそれに向かってますね。

―じゃあ、それについては最後に改めて話していただくことにして、まずはアルバムについて聞かせてください。非常に豪華な参加者の中でも、やはり一際目につくのが矢野顕子さんの参加ですよね。

大橋:言ったら、大ファンなんです。でも、すごいこだわりの強い方だし、お会いしたこともなかったので、ものすごいハードル高いだろうけど、この際だから当たって砕けろでオファーしてみようって。たまたまその頃にJ-WAVEの『TOKYO M.A.P.S』というイベントで矢野さんがオーガナイズをしてらして、どういうわけか呼んでいただいたので、それもあったから話は早かったんです。ただ、その分ますます気持ちのハードルが上がって、「絶対いいものにしないといけない」って思いましたね。

―そのイベントで初対面ということですよね? どんなお話をされたか覚えていますか?

大橋:ええと……覚えてないですね、あまりの緊張で(笑)。スーパースターですからね。放ってるオーラが半端ないですから、簡単には近づけないです。

―昔から矢野さんの音楽を聴いてらっしゃったんですか?

大橋:そうですね。ルーツにジャズがあるので、僕にとっては非常に聴きやすいし、それにオリジナリティーの塊じゃないですか? 他に絶対いない、いわゆる「天才」っていうイメージでした。

―今日で大橋さんに取材させていただくのは3回目なんですけど、度々話題に上がるのが、海外での展開と、日本人であることのジレンマっていうことだったりするじゃないですか? そういう意味でも、まさに矢野さんっていうのは、あくまで日本人らしく、高いクオリティーとオリジナリティーを持って音楽を作るっていうことを体現している方ですよね。

大橋:完全にそうですね。実際にニューヨークで長い間活動もされてますしね。僕は特に『SUPER FOLK SONG』が大好きで、音に説教されてる感じがするんです。だから、あれを聴くときは電気を真っ暗にして、正座して、大音量で聴くようにしてます。グッと来すぎちゃって、苦しいぐらいなんですよ(笑)。

Page 1
次へ
大橋トリオSPライブwith映画『Playback』Ustream

2012年9月6日(水)21:00〜22:00

リリース情報

大橋トリオ<br>
『White』初回限定盤(CD+DVD)
大橋トリオ
『White』初回限定盤(CD+DVD)

2012年9月19日発売
価格:3,990円(税込)
RZCD-59134/B

1. 東京ピエロ feat.平井堅
2. Turn our world around feat.Emi Meyer
3. モンスター feat.秦 基博
4. Natural Girl feat.伊澤一葉
5. 窓 feat.矢野顕子
6. 日曜の夜に鳴く鶏 feat.高田漣
7. She is a Rainbow
8. Be there feat.BONNIE PINK
9. This is the love with 浜田真理子
10. 顔 feat.U-zhaan
11. JASMINE with 布袋寅泰
12. フラワー
13. 真夜中のメリーゴーランド with 手嶌葵
14. オールドタイム
[DVD収録内容]
1. モンスター feat.秦 基博
2. Be there feat.BONNIE PINK
3. フラワー
4. 東京ピエロ feat.平井堅
5. 窓 feat.矢野顕子(recording@ONKIO HAUS)
[購入特典]
・村上淳アートディレクションによる大橋トリオステッカー

プロフィール

大橋トリオ

2009年5月にミニ・アルバム『A BIRD』でメジャー・デビューを果たす。ニューアルバム「White」に収録された「オールドタイム」が主題歌となった映画「Playback」(監督:三宅唱 / 主演:村上淳)が、11月上旬より、東京オーディトリウム渋谷、他全国劇場にてロードショー予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談