特集 PR

野生の世界に飛び出した Rie fuインタビュー

野生の世界に飛び出した Rie fuインタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:菱沼勇夫
2012/11/21

2004年のシンガーソングライターとしてのデビュー以来、音楽活動と並行してロンドン芸術大学でファインアートを学ぶなど、画家としても高い評価を受けているRie fuが、8年間在籍したメジャーレーベルを離れ、「株式会社Rie fu」を設立。本日11月21日に「Rie fu & the fu」として、エンジニアにzAkを迎えたニューアルバム『BIGGER PICTURE』をリリースする。混沌とした状況が続き、正解の見えない音楽業界にあるなかで、大きな決断を下した彼女は何を思うのか? インタビューの最中、何度も繰り返し発した「広い視野で」(=BIGGER PICTURE)という言葉の意味とは? 会社設立までの経緯について、「化けの皮がはがれた」というアルバムについて、そして自由な世界へ飛び出した自身の未来について、たっぷりと語ってもらった。

PROFILE

Rie fu
2004年、マキシシングル『Rie who!?』でデビューと同時に渡英、2003年から2007年まではロンドン芸術大学でファインアートを学び、日英を往復しながら活動。2007年より日本に拠点を移し、定期的に個展を行い画家としての活動も続けている。2009年には井上陽水のツアーに参加。ORANGE RANGE NAOTOのプロジェクト、delofamiliaへの加入。ソニーよりアルバム5枚、シングルコレクションリリース後、2012年に(株)Rie fu設立。
Rie fu

事業として成り立つことが前提で、そのなかで自分がやりたいことができればなっていう。

―まずアルバムの話の前に、事務所をやめて自分の会社を作られたんですよね?

Rie fu:そうですね。今年の4月に。いままでの印税の貯金を資本金にして(笑)。

―リアルですね(笑)。会社は一人で作ったんですか?

Rie fu:自分で出資して、自分が代表で、社員もいなくて。8年くらいソニーでお世話になっていたんですけど、曲作りとかアレンジとか、いろんなアイデアとか、わりと自分で出すタイプだったんですね。だから、独立したほうが好きなことを思いっきりできるんじゃないかって、まわりのスタッフも後押ししてくれて。会社を作ったのは、フリーという形でも全然活動できると思うんですけど、自主制作のCDとか、自主企画のイベントとかっていう言葉の響きだけだと、自己満足的な響きにもなりかねないなと思ったんですよね。やっぱり事業として成り立つことが前提で、そのなかで自分がやりたいことができればなっていう。

―じゃあ、いまは自分の活動に関することは全部Rie fuさんを通して、自分で考えて、決断して?

Rie fu:そうですね。ただ、ライブはイベンターさんにお願いしたり、CDは流通会社や出版会社にお願いしたり、日々の経理は税理士さんにお願いしていたりもするので、できることとできないことは最初にしっかりと分けましたね。

―実際に自分で会社を作ってみて、何が大変ですか?

Rie fu:暇がまったくなくなったことですかね。実を言うと、ソニーにいた頃はリリースがないとけっこう暇になっちゃうこともあって(笑)。例えば、1曲リリースするにしてもタイアップがないと出せなかったりとか。会社としては、曲がいいからこそタイアップをつけてリリースしてあげたいっていう考えだと思うんですけど、なかなかそのご縁がない時期もあったりして。そういうときに「暇だなぁ……」って(笑)。いまは自分が動かなければ何も変わらないので、常に動き続けないといけない。気を抜けないというか。だから、ひとつのことが大変というより、動き続けること自体が難しいですね。

Rie fu
Rie fu

―でも、一人でやっていると、曲を作りたいのに事務作業に追われてしまうとか、そういうこともあるんじゃないですか?

Rie fu:それが意外となくて。人間が機械だとしたら、モーターが動き続けてる状態というか。事務的なことで仕事が増えて、モーターが動いている状態だと、その勢いで制作にも向かえるので、普段だらっとしてるよりはモチベーションも上がるし、効率もよくなった気がしますね。もともと夜ご飯を作るくらいの感覚で曲はできていたんですけど、いまOTOTOYの「fu diary」という企画で毎月曲の配信をしていて、この半年で18曲作りました。日記のような感じで、文章と一緒に配信してるんです。

Page 1
次へ

リリース情報

Rie fu & the fu<br>
『BIGGER PICTURE』(CD)
Rie fu & the fu
『BIGGER PICTURE』(CD)

2012年11月21日発売
価格:3,000円(税込)
DDCZ-1839

1. OMG
2. BIGGER PICTURE
3. LUCKY DAY
4. UNTOLD
5. PRE-LOVE SONG
6. FREE MONEY
7. THE LOOK
8. GOMI
9. JUST LIKE THE MOON
10. SILENCE

イベント情報

『Welcome to at Rie TOUR 2013』

2013年1月30日(水)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 WWW

2013年2月1日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:名古屋県 TOKUZO

2013年2月3日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:大阪府 Sha ngri-la

料金:全公演 前売4,000円(ドリンク別)

イベント情報

『Art Wave Exhibition vol.14 創造のイノベーション』

2012年11月27日(火)〜12月1日(土)
会場:東京都 茅場町 RECTO VERSO GALLERY
時間:13:00〜19:00(土曜は16:30まで)
出展作家:
舩越里恵
塚本誠子
珱麻
山田裕子
休廊日:日、月曜、祝日
※Rie fuは舩越里恵名義で出展

CINRA.STOREで取扱中の商品

>Rie fu<br>
iPhone5ケース『fu palette1』
>Rie fu
iPhone5ケース『fu palette1』

価格:3,675円(税込)
美術作家としても評価の高いRie fuがデザイン

CINRA.STOREで取扱中の商品

>Rie fu<br>
iPhone5ケース『fu palette2』
>Rie fu
iPhone5ケース『fu palette2』

価格:3,675円(税込)
美術作家としても評価の高いRie fuがデザイン

CINRA.STOREで取扱中の商品

>Rie fu<br>
iPhone5ケース『fu palette2』
Rie fu
iPhone5ケース『fu palette moji』

価格:3,675円(税込)
美術作家としても評価の高いRie fuがデザイン

プロフィール

Rie fu

2004年、マキシシングル『Rie who!?』でデビューと同時に渡英、2003年から2007年まではロンドン芸術大学でファインアートを学び、日英を往復しながら活動。2007年より日本に拠点を移し、定期的に個展を行い画家としての活動も続けている。2009年には井上陽水のツアーに参加。ORANGE RANGE NAOTOのプロジェクト、delofamiliaへの加入。ソニーよりアルバム5枚、シングルコレクションリリース後、2012年に(株)Rie fu設立。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも 1

    桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも

  2. 女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催 2

    女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催

  3. 『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM 3

    『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM

  4. 乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開 4

    乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開

  5. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 5

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  6. 『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ 6

    『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ

  7. 『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着 7

    『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着

  8. 田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら 8

    田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら

  9. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 9

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  10. 吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も 10

    吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も