特集 PR

ラフォーレ原宿でパフォーマンスの祭典 小沢康夫×桜井圭介対談

ラフォーレ原宿でパフォーマンスの祭典 小沢康夫×桜井圭介対談

インタビュー・テキスト
萩原雄太
撮影:越間有紀子

ダンスのみならず、音楽、演劇など、さまざまなジャンルから、ボーダーレスに先鋭的なアーティストがラフォーレ原宿に集い、パフォーマンスを繰り広げる『HARAJUKU PERFORMANCE+』。昨年より、「DOMMUNE」と共に『HARAJUKU PERFORMANCE + DOMMUNE』として、ソーシャルメディアをも巻き込んで話題となったこのイベント。そのキュレーションを手がける日本パフォーマンス/アート研究所のプロデューサー・小沢康夫氏は、いったい、どのような視線から同イベント、そしてパフォーマンスシーンを見つめているのだろうか? 同じく、ジャンルレス、ボーダーレスなパフォーマンスイベントの先駆けといえる『吾妻橋ダンスクロッシング』のキュレーションを行なうダンス批評家・桜井圭介を迎え、それぞれが思うパフォーマンスの「現在」、そしてそのモチベーションを語ってもらった。

『吾妻橋ダンスクロッシング』と『HARAJUKU PERFORMANCE + DOMMUNE』は腹違いの兄弟

―先鋭的なパフォーマンスイベントとして注目されている『吾妻橋ダンスクロッシング』と『HARAJUKU PERFORMANCE+』ですが、元々はそれぞれどのように始まったのですか?

桜井:『吾妻橋ダンスクロッシング』は、2004年7月に、身体表現の「今旬」を網羅的に紹介する、という趣旨で開催しました。サブタイトルは「ザッツ・コンポラ・ダンス・ショー」。出演はAPE、KATHY、風間るり子、身体表現サークル、たかぎまゆ、ボクデス、康本雅子、矢内原美邦でした。

飴屋法水『吾妻橋ダンスクロッシング2010』
飴屋法水『吾妻橋ダンスクロッシング2010』

―一方、『HARAJUKU PERFORMANCE+』の初開催は、2007年ですね。

小沢:この年は、それまで年2回開催されていた『吾妻橋ダンスクロッシング』が1回しか開催されなかったことから、桜井さんに「『吾妻橋』の原宿版」ということで、キュレーションをお願いしました。東京で初めてcontact Gonzoを紹介したし、Chim↑Pomは『ブラック・オブ・デス』というカラスをモチーフにした作品で、会場内インスタレーションと原宿駅前でのカラスを呼び寄せるパフォーマンスをやったりしましたね。

桜井:タイトルも『ダンスクロッシング(X)』に対して『パフォーマンス+』でいいじゃん! ってことで決まったんですよね。

小沢:だから僕は、『吾妻橋ダンスクロッシング』と『HARAJUKU PERFORMANCE+』は、腹違いの兄弟のように感じていました(笑)。

『HARAJUKU PERFORMANCE + 2008』

―2008年以降『HARAJUKU PERFORMANCE+』は、小沢さん自身がキュレーションを行なっていますね。

小沢:2008年に日本パフォーマンス/アート研究所を立ち上げ、音楽やメディアアートなども積極的にディレクションするようになっていきました。『吾妻橋ダンスクロッシング』は、00年代を代表するパフォーマンスのプラットフォームであり、3年後に始まった『HARAJUKU PERFORMANCE+』からも多くのアーティストが輩出し、海外を含め広く認知されることになったと思います。

―お二人とも、パフォーマンスというジャンルで、先鋭的なアーティストをキュレーションしながら活動を行なっています。それぞれキュレーションを行う上での基準はあるのでしょうか?

桜井:一貫して言っているのは、「グルーヴィーな身体」ということです。生き生きとしたリアルなパフォーマンスが見たい。つまり、「グルーヴィー」という言葉は「ダンシー」という言葉に置き換えてもいい。「ダンスクロッシング」といいつつ、ダンスだけじゃなくて、演劇、美術、音楽など、ジャンルにこだわらず、身体を使ったあらゆる表現を同一平面に並べているわけですが、僕にとって「ダンス」というのは、ジャンルのことではなく、パフォーマンスの「質」のことなんですよね。

悪魔のしるし『吾妻橋ダンスクロッシング2011』
悪魔のしるし『吾妻橋ダンスクロッシング2011』

小沢:『HARAJUKU PERFORMANCE+』に関しては、まず、新しいアーティストを紹介するという使命があります。contact Gonzoや、Open Reel Ensembleの和田永君などは、このイベントからデビューして海外へと活躍の幅を広げています。また、日本では積極的に紹介されていない海外在住の日本人アーティストの紹介もしています。2010年に出演した黒川良一さんは、オーストリアの『アルスエレクトロニカ』というメディアアートの祭典で賞を獲っていたり、ニューヨークを拠点に活動しているダンサーの山崎広太さんなど、このイベントではそういった人を積極的に紹介すべきなのではないかと考えています。また、若いアーティストだけでなく、ベテランのアーティストも盛り込んで年齢層を広げていきたい。もちろん『吾妻橋ダンスクロッシング』と同じように音楽、ダンス、メディアアートなど、なるべく1つのジャンルに偏らずにアーティストを選んでいます。

『HARAJUKU PERFORMANCE + 2009』

―小沢さんは、今年は六本木 Super Deluxeで行なわれたパフォーマンスイベント『CE QUI ARRIVE 2012−これから起きるかもしれないこと−』でもキュレーションを行なっていますね。

小沢:美術界の大物キュレーターでハラルド・ゼーマンという人がいたんですけど、その人は展覧会そのものをキュレーターの作品として作り上げるようなキュレーションをしたんですよ。『CE QUI ARRIVE』は、まずコンセプトを考え、それに沿うアーティストを選ぶというかたち。だから今では当たり前になってしまったかもしれませんが、ゼーマンタイプのキュレーションなんです。一方、『HARAJUKU PERFORMANCE+』は、人が沢山集まる商業施設である、ラフォーレ原宿の最上階で行われるイベントです。斬新なパフォーマンスでありながらしっかりとエンターテイメントになっているということを大切にしています。

Page 1
次へ

イベント情報

『HARAJUKU PERFORMANCE + DOMMUNE 2012』

2012年12月22日(土)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 原宿 ラフォーレミュージアム原宿
出演:
子供鉅人
川村美紀子
core of bells
TENGU
DJみそしるとMCごはん
柊アリス
ゲスト審査員:
湯山玲子
渋谷慶一郎
廣川玉枝
宇川直宏
料金:前売2,000円 当日2,500円

2012年12月23日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:東京都 原宿 ラフォーレミュージアム原宿
出演:高木正勝
トークプログラム:高木正勝、東浩紀、細田守
料金:前売3,500円 当日4,000円

『吾妻橋ダンスクロッシング 2013』

2013年3月29日(金)〜3月31日(日)
会場:東京都 吾妻橋 アサヒ・アートスクエア
※詳細はオフィシャルウェブサイトにて間もなく発表予定

プロフィール

小沢康夫

プロデューサー、日本パフォーマンス/アート研究所代表。2003年、企画制作会社プリコグ設立。2008年に代表を退き、後進に譲る。同年、日本パフォーマンス/アート研究所を設立。コンテンポラリーダンス、現代美術、現代演劇、メディアアート、音楽など既存のジャンルにこだわることなく、独自の観点でプロデュースする。最近の主な活動として『NJP SUMMER FESTIVAL 21ROOMS』(韓国ナム・ジュン・パイク アートセンター)、『LAFORET SOUND MUSEUM 2011』(ラフォーレミュージアム原宿)、『HARAJUKU PERFORMANCE + DOMMUNE』(ラフォーレミュージアム原宿)、『CE QUI ARRIVE 2012−これから起きるかもしれないこと−』(六本木 Super Deluxe)など。

桜井圭介

『トヨタコレオグラフィーアワード』などの選考委員、音楽家として振付家とのコラボレーションなど、あの手この手で、ダンスとのオルタナティヴな関係を模索中。著書に『西麻布ダンス教室』など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“庭をでて”

2月21日発売のThe Wisely Brothers待望のフルアルバムから“庭をでて”のPVが公開。森の中で演奏する姿は、絵本の中に登場する動物たち、もしくは妖精たちの演奏会のよう。3人の仲の良さとバランスの良さが伝わる、見るたびにワイズリーの魅力が発見できるPV。(川浦)

  1. アニメキャラの大量の「目」が新宿駅を占拠、Netflix『アニ“目”ジャック』 1

    アニメキャラの大量の「目」が新宿駅を占拠、Netflix『アニ“目”ジャック』

  2. 官能恋愛映画『フィフティ・シェイズ・フリード』今秋公開 シリーズ最終章 2

    官能恋愛映画『フィフティ・シェイズ・フリード』今秋公開 シリーズ最終章

  3. スタートトゥデイ前澤友作がフランス芸術文化勲章オフィシエを受章 3

    スタートトゥデイ前澤友作がフランス芸術文化勲章オフィシエを受章

  4. 実写版『聖☆おにいさん』イエス役は松山ケンイチ、ブッダ役は染谷将太 4

    実写版『聖☆おにいさん』イエス役は松山ケンイチ、ブッダ役は染谷将太

  5. 橋本愛×門脇麦×成田凌 山内マリコ『ここは退屈迎えに来て』映画化 5

    橋本愛×門脇麦×成田凌 山内マリコ『ここは退屈迎えに来て』映画化

  6. 田中圭がご当地グルメと人妻に出会うドラマ『不倫食堂』 共演に安達祐実ら 6

    田中圭がご当地グルメと人妻に出会うドラマ『不倫食堂』 共演に安達祐実ら

  7. ウルフルケイスケがウルフルズとしての活動休止 ソロ活動に専念 7

    ウルフルケイスケがウルフルズとしての活動休止 ソロ活動に専念

  8. 星野源×ELEVENPLAY 『ドラえもん』風の空間でダンスする新曲PV公開 8

    星野源×ELEVENPLAY 『ドラえもん』風の空間でダンスする新曲PV公開

  9. のん個展『‘のん’ひとり展-女の子は牙をむく-』4月開催、図録やグッズも 9

    のん個展『‘のん’ひとり展-女の子は牙をむく-』4月開催、図録やグッズも

  10. 会田誠は今の日本を体現している? 曖昧で不明瞭な日本を描く 10

    会田誠は今の日本を体現している? 曖昧で不明瞭な日本を描く