特集 PR

大高丈宙(ヒッキーP)インタビュー

大高丈宙(ヒッキーP)インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

いつの時代でも、あるジャンルやスタイルがオーバーグラウンド化する一方、それに対するアンダーグラウンドが形成されることで、初めて「シーン」というものは機能する。そして、今まさにオーバーグラウンド化するボカロシーンの中で、本来のインディーズ精神を貫き、アンダーグラウンドの呼び水になろうとしているのが、ヒッキーPこと大高丈宙(おおたかともおき)だ。BOREDOMSからあぶらだこ、友川カズキから山崎ハコといった、ロックやフォークのアンダーグラウンドヒーローの名前が次々と口から飛び出す大高は、一般的にイメージされるボカロPとはずいぶんかけ離れた存在であり、実際彼の作る音楽はかなりぶっ飛んだものである。しかし、彼のような存在がいてこそ、シーンにとって重要な厚みが生まれることは間違いない。

(BOREDOMSを聴いて)「いい・悪い」っていう評価軸が溶けたっていうか、「そういうところで判断するものじゃない」っていう価値観に変わったんです。

―「ヒッキーP」っていう名前ですけど、実際に引きこもりだったとかではないんですよね?

大高:ではなかったんですけど、大学のときにボーカロイドを始めて、まったく外に出ないでずっと曲だけ作っていた時期はありました。投稿を始めて3曲目が、そのときの一日中家にいた心情をテーマにした曲だったので、こういう名前が付いたんです。

―では順番に、まずは大高くんが音楽に興味を持ったきっかけから教えてください。

大高:親が中島みゆきとか、三上寛、友川カズキとかのフォークと、60〜70年代の王道のロック、THE BEATLES、LED ZEPPELIN、DEEP PURPLEとかが好きで、その一方で姉がいわゆるJ-POP、B’zとかドリカムを聴いてたんで、そういうのが自然と耳に入ってきてました。ただ、小さい頃は音楽そのものよりも、CDプレーヤーにCDを入れたときに出る何分何秒とかってデジタル表示を眺めるのが好きだったんです(笑)。

―変わった子ですね(笑)。

大高:いつも誰からも理解してもらえないんですけど(笑)、中島みゆきの何曲目の35秒から歌が始まって、サビが1分57秒から始まってとか、そういうのをずっとメモしてる子だったんです。

大高丈宙(ヒッキーP)
大高丈宙(ヒッキーP)

―うーん、確かに理解は難しいけど、数字が好きな子供だったんだろうね(笑)。そんな大高くんが、今の音楽性に通じるような音楽と出会ったのはいつ頃なんですか?

大高:中学生のときにたまたまcali≠gariっていうバンドを知って、ホームページに行ったらすごいデザインが凝ってて、「何なんだ、このバンドは?」っていう。ヒットチャートの外側の音楽をそこで初めて聴いてみようと思ったんです。

―cali≠gariはビジュアル系ですけど、その中でもかなり異端なバンドですよね。

大高:そうですね。B’zとかドリカムとは違う、割り切れないというか、複雑な音楽性だったので、最初すぐには受け入れられなかったんですね。でも何回も聴いてみたくなる魅力があって、それまでは「気に入ったから聴く」だったのが、「よくわからないから聴く」っていうスタンスに変わりました。実際に、聴けば聴くほど発見があって、ひとつひとつの音に対して敏感になった気がします。

―最初は「?」でも、何回か聴いて好きになったものの方が、後々残ったりしますよね。

大高:あとは、cali≠gariが好きな人は偏屈な音楽マニアが多くて、掲示板で「これもいいよ」って言われてるものを、自分から聴くようになって。同じビジュアル系でもグルグル映画館とか、人間椅子、COALTAR OF THE DEEPERS、洋楽だったらMOGWAIとか。メンバーの桜井青さん自身もいろんな趣味を持ってて、その影響で空気公団とか、あがた森魚さんを聴いてみたり。

―そこから一気に世界が広がったんですね。

大高:あともうひとつ大きいのが、BOREDOMSなんです。なけなしのお小遣いで買った『スーパー アー』っていうアルバムを、半年で100回ぐらい、全然よさがわからないまま、拷問のように聴き続けたんです。全く何の快感もなかったんですけど、「何かあるんじゃないか?」って、違和感みたいなものがあったんですよね。そうしたら、ある日突然、感覚が180度変わったんです。もうそれが自然に流れてるというか、「それをずっと止まらせたくない」みたいな感じになって。それ以来、当時までは生意気に「ぬる過ぎる」とか思ってたポップスに対して、否定的に感じるのではなく、キラキラとした魅力を見つけ出すようになって。

―BOREDOMSとかを好きになると、むしろ「アンダーグラウンドはかっこいいけど、オーバーグラウンドはカッコ悪い」とかって価値観に、特に若い頃だったらなりそうな気がするんですけど、逆に何でもオッケーになったっていうのが面白いですね。

大高:「いい・悪い」っていう評価軸が溶けたっていうか、「そういうところで判断するものじゃない」っていう価値観に変わったんです。BOREDOMSの後にすごく好きになったのがELLEGARDENだったんですけど、もうその頃はメジャーとかアンダーグラウンドとかも関係ないし、音楽を「いい・悪い」で判断するのがもったいないと思って。

―初めから「いい・悪い」で判断しないで、まずは興味を持って、どんな音楽にでも接してみた方がいいんじゃないかと。

大高:そうですね。そういう風に変わりましたね。

Page 1
次へ

リリース情報

大高丈宙『Eutopia』(CD)
大高丈宙
『Eutopia』(CD)

2012年12月19日発売
価格:2,835円(税込)
WRCR-7

1. 空襲の音
2. 最初から斜陽
3. ハイブリッド幼女(第二形態)
4. 捨てられた幸福
5. 青黒い穴
6. りゃー
7. 雑踏14
8. mandara berobero haichatta blues
9. 六月病
10. くうきのぐんか
11. フリータイムブランク
12. センセーショナルの翌年
13. mtzv
14. GINGA
15. アリセにかけたい
16. 発火
17. manuscript.org
18. 投薬口
19. 死に体ヤワ
20. 魔ゼルな規リン -recognized edit-
21. レイジースリーピー
22. からっぽの椿象
23. 屠殺ごっこの後で
24. レインコート/憧憬/嫌悪/理解
25. 敗廊の音
26. neuter
27. 日記、日記、日記、白紙

  • Amazonで購入する
  • プロフィール

    大高丈宙(ヒッキーP)

    2008年に戦慄のニコ動デビューを果たすとともに、アングラボカロシーンにおいて異様なまでに唯一無二、否、象徴と言うまでに存在しているアーティフィカルな音楽家。すべての事象に対する原体験を最も直接的に尊重しつつも、破壊的かつ救済的である。一聴するとノイジーなサウンドと絶叫にも近いボカロが際立って捉えられるが、特筆すべきはある瞬間心奪われてしまうJ-POPライクなメロディセンスである。大高丈宙が鬼才と称される所以はそのアヴァンギャルドな姿勢はもちろんのこと、そのキャッチーなメロディを曲中に大量に散りばめつつも同じメロディを多用しないところにある。すべての音楽ファンへ!2,000年代における新たな音楽は確実にここに存在する!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施