特集 PR

ユナイテッドモンモンサン インタビュー

ユナイテッドモンモンサン インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

摩訶不思議かつポップなバンド名、まつきょんこと松岡恭子のキュートなキャラクター、ダンサブルかつキャッチーな曲調など、関西出身の新星・ユナイテッドモンモンサンの活動から伝わってくるのは「とにかく面白いことをしよう」という姿勢だ。しかし、これは松岡がバンドのために腹を括ったことの裏返しでもあった。彼女は太宰治『人間失格』の主人公に自分を重ねるような、人間の影の部分に寄り添う感性の持ち主だが、そんな人間の孤独を前提とした上で、楽しむことを「選び取った」のが、今のユナイテッドモンモンサンなのだ。そして、そんな松岡の覚悟を支えているのが、2012年4月に現ラインナップに落ち着いたメンバーたち。演奏技術より、人柄より、もっと本質的な部分において、このバンドに必要なメンバーが揃ったからこそ、松岡は「やるからにはやれるところまでやりたい」と言い切れるのだろう。デビュー作『脱。』から1年と2か月、レーベルを移籍して発表する新作『フォスフォレッセンス』で、彼女たちは新たなスタートを切る。

「かっこいいと思ってたけど……これじゃないわ」って気づいたんです。

―ユナイテッドモンモンサン(以下、ユナモン)の前身はもともと大水(辰吾 / Vo,Gt)さんが中心のバンドで、松岡さんは後から加入されたそうですが、それまでは別のバンドをやられていたのですか?

松岡:そうです。前は歌ものじゃない、インストの曲もあるようなよくわからないバンドをしてて(笑)、そのときはギターとキーボードを弾いたりしてました。なんか、そういう音楽をやりたくなる年頃ってあるじゃないですか?

―難解なポストロックみたいな?

松岡:そうです、そうです。でも、やってるうちにどんどんつまらなくなってしまって(笑)。

―それは、音楽的につまらなくなったっていうことですか?

松岡:いや、音楽というよりバンド自体かな。バンドってメンバーがすごく大事だと思うんですけど、メンバーのことがあんまり好きじゃなくなってきちゃったんですよ。それで、大水さんのやってるバンドがなんか楽しそうだったから、「楽器は何でもいいから入れて」ってお願いして。

―好きじゃなくなったって、すごい正直な理由ですね(笑)。

松岡:前のバンドは自分でイニシアチブを取ってたわけでもないし、そこまでちゃんと考えてなくて……何も考えずに生きてきてた感があって(笑)。でも、音楽やるんだったらちゃんとお金も欲しいし、バイトとかしながら音楽をやり続けていくのは嫌じゃないですか(笑)。だから、ちゃんとやるかやらないか、二択しかないなって思って。

松岡恭子(ユナイテッドモンモンサン)
松岡恭子

―「バンドをやる」っていうことに対する意識が、そこで大きく変わったと。

松岡:20代前半くらいって、暗い時期があるじゃないですか? バンドが変わるまでは、そういう時期だったんですよね。15時ぐらいにライブハウスに出勤して、夜中の2時に帰るっていうのが、そのときはかっこいいと思ってやってたんですけど、だんだん「これじゃないぞ、かっこいいのは」って思うようになってきて。

―そういう世界に憧れる時期はあっても、実際にやってみると色んな現実も知っちゃいますしね。しかもバンドマンとしても前に進めてなくて、葛藤していた時期だった。

松岡:そうですね。その辺りで考え方が大きく変わってきて、音楽でメシ食うとか言うと、世の中的にも、ライブハウス界隈でも「何寝ぼけたこと言ってんの?」って感じじゃないですか? 以前は私もそう思ってたんですけど、「何言ってんの?」とか、もうええかなって。むしろ、いさぎよく「メシ食うために音楽やってる」って言い切る方がかっこいいんじゃないかと思って、それでライブハウスを辞めたんです。

―20代前半の悶々とした時期を抜けて、このバンドが始まったと。

松岡:なんかもう、死ぬしね(笑)。いつか死ぬし、どうせだったらやりたいことやった方がいいって、「今さらながら」みたいな感じで気づいたんですよね。やりたいことをやってるつもりだったけど、「ホントにやりたいことって何だ?」って考えたときに、「かっこいいと思ってたけど……これじゃないわ」って気づいたんです。


Page 1
次へ

リリース情報

ユナイテッドモンモンサン『フォスフォレッセンス』(CD)
ユナイテッドモンモンサン
『フォスフォレッセンス』(CD)

2013年2月27日発売
価格:1,785円(税込)
HIP LAND MUSIC / RDCA-1027

1. ロンリーナイト HYPER
2. 少女漫画シンドローム
3. 恋のファンタジー
4. Zoo ZZZ Zoo
5. 星屑のパレード
6. 干物 woman no cry
7. KISS/KISS/KISS

イベント情報

CINRA presents
『exPoP!!!!! volume70』

2013年2月28日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 O-nest
出演:
うみのて
ユナイテッドモンモンサン
惑星アブノーマル
フクザワ×石井ナルト(Qomolangma Tomato)
料金:無料(2ドリンク別)

■チケットのご予約は以下のページで承っています
※ご予約の無い方は入場できない場合があります。ご了承下さい。

プロフィール

ユナイテッドモンモンサン

ユナイテッドモンモンサン
浪速が生んだトキメキミーハーパンクバンド!一聴したPOP感とは裏腹の熱苦しく泥臭いあばずれでロックなライブパフォーマンスと真面目に不真面目なMCを引っさげケンカしたりしなかったりしながら関西を中心に素敵にRide on中!2012年リリース『脱』がロングセールスを続ける中、FM 802 MINAMI WHEELはFUNJ twiceを入場規制、11月の自主企画イベント(十三ファンダンゴ)もソールドアウトと破竹の勢い。2013年はいよいよ全国的に大爆発する予定に決定!!!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

MONO NO AWARE“東京”

一言で「東京」と言っても、いろんな場所があるし、そこに暮らす人の価値観や思想もさまざま。MONO NO AWAREの新作より、玉置周啓と加藤成順の故郷・八丈島(ここも東京)をドキュメンタリータッチに切り取った“東京”のPVが公開。<みんながみんな 幸せになる方法などない><無理くり手をつないでも 足並みなどそろわない>という歌い出しにハッとさせられる。私とあなたの違いを「受け入れる」のではなく、その違いをもっとポジティブに捉える思考の転換が僕らには必要なのかもしれないですね。これ、マジの名曲です。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く