特集 PR

鬼才デザイナー山縣良和に聞く ファッションとアートとお金の話

鬼才デザイナー山縣良和に聞く ファッションとアートとお金の話

インタビュー・テキスト
内田有佳
撮影:田中慎一郎

アートに触れられる場所、と聞いて真っ先に思い浮かぶのは美術館やギャラリーだろう。最近ではビエンナーレやトリエンナーレのような芸術祭も開催されているし、広い意味では本屋でビジュアルブックをめくることもアートに触れているといえるかもしれない。アート好きを自称するなら、この辺りまでは日常的に経験しているはず。では、アートの売り買いを目的とした『アートフェア』はどうだろう?

買わない人は行っても意味が無いでしょ? と考えているなら、それは大間違い。ここで楽しむべきことは、「お金を出せば誰でも買える」というアートの側面を肌で感じることなのだ。「気に入ったら買えるかもしれない……と思って歩くとアート作品の見え方も変わってくるんですよね」と話してくれたのは、ファッションブランド「writtenafterwards」のデザイナー山縣良和さん。昨年はプライベートで来場し、今年はファッションデザイナーとして『アートフェア東京2013』へ参戦する。「ファッションはもっと外側へアピールしていかなくてはいけない」と話す山縣さんに、『アートフェア東京2013』出展に込めた思いを語ってもらった。

アートの価値観でファッションを捉え直す

―今回、山縣さんが作品を出展されるのは『アートフェア東京2013』内の特別展示『トーキョーリミテッド』ですね。ファッションやジュエリー、ビンテージフォトなど近年アートの文脈でも紹介されるようになった多様な表現が集まったブースです。出展依頼があった時の感想を教えて下さい。

山縣:もともと、僕はファッション業界だけでなく、より広い世界に作品を発表していきたいと考えていたので、「ぜひ!」という感じでした。ファッション業界とは違った価値観を持つ人たちに作品を見てもらって、どんな反応が返ってくるのかが楽しみ。今は、それを大きなモチベーションにしてやっています。

山縣良和
山縣良和

―となると、出展するのは『アートフェア東京』を意識した新作ではなく、ご自身のブランド「writtenafterwards」の活動から生まれた作品ということですか?

山縣:はい。2012年10月の『東京コレクション』で発表した『七福神』シリーズから何体か。それと、2011年に東京オペラシティ アートギャラリーで開催された企画展『感じる服 考える服 東京ファッション現在形』で展示した、布でできた貨幣『0円貨幣(zero written note)』も展示する予定です。そして、その原画やシルクスクリーンの版も。この版自体を展示するのは今回が初めてですね。

『寿老人(七福神シリーズ)』photo:Takuma Suda
『寿老人(七福神シリーズ)』photo:Takuma Suda

―山縣さんの作品は、すでにファッション業界では型破りにも捉えられていますが、あくまで、ファッションデザイナーとしての姿勢を崩さず、アートの世界へ乗り込むと。

山縣:そうですね、そこに意味があると思っています。実は2011年に『TOKYO FRONTLINE』というアートフェアに参加したことがあるんです。その時に高額な作品を発表したんですが、ファッションの展示会では「かっこいいけど高いよね」とか「実際には買えないよね」という反応だったのが、アートの世界の人からは「おもしろい!」というポジティブな反応をもらうことが多くて。その時、僕がファッションの世界で作っているものを、そのままアートのマーケットで発表することに可能性を感じたんです。

『弁財天(七福神シリーズ)』photo:Takuma Suda
『弁財天(七福神シリーズ)』photo:Takuma Suda

―『七福神』と『0円貨幣(zero written note)』はそれぞれどんな作品なのでしょうか?

山縣:この2つは延長線上にある作品です。ファッションの創世記を描こうと思ったのがきっかけで、アダムとイブの話をベースに、経済やお金もテーマにしました。僕の作品は、物語が生まれて、そこからクリエイションが始まります。今回は、動物たちと仲良く暮らしていたアダムが、決して見ないようにと禁止されていたのに、動物たちの秘密の作業を覗き見てしまう。その作業が0円貨幣作りなんです。現代版『鶴の恩返し』のようなストーリーです。

Page 1
次へ

イベント情報

『アートフェア東京2013』/dt>

2013年3月22日(金)11:00〜21:00
2013年3月23日(土)11:00〜20:00
2013年3月24日(日)10:30〜17:00
※全日入場は終了30分前まで
会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール
料金:
1DAYパスポート2,000円(一般会期中の1日に限り自由に入退場が可能)
3DAYパスポート3,500円(一般会期中自由に入退場が可能)
小学生以下無料(但し大人同伴)
※前売りは各500円引き

シンポジウム&トーク
『アート・コレクション今昔物語』

2013年3月23日(土)13:00〜14:30(開場12:45)
出演:
高橋明也(三菱一号館美術館館長)
塩原将志(アート・オフィス・シオバラ代表取締役)
モデレーター:岩渕潤子(アグロスパシア株式会社取締役、AGROSPACIA編集長)

『今、「アート」ではないアートが熱い!?』
2013年3月23日(土)15:30〜17:30(開場15:15)
出演:
櫛野展正(鞆の津ミュージアムアートディレクター)
立花文穂(美術家、グラフィックデザイナー)
保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)
モデレーター:ロジャー・マクドナルド( NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト])

『装うこと、身に着けることの文化人類学』
2013年3月24日(日)14:00〜16:00(開場13:45)
出演:
SHIMURABROS.(美術家)
山縣良和(リトゥンアフターワーズ代表)
ニリス・ネルソン(キュレーター)
モデレーター:椿玲子(森美術館アソシエイトキュレーター)

料金:無料(『アートフェア東京2013』1DAYパスポートを提示)
定員:各回100名(要事前予約)
※残席がある場合のみ会場にて受付
※予約方法はオフィシャルウェブサイト参照

『アートフェア東京2013』

2013年3月22日(金)11:00〜21:00
2013年3月23日(土)11:00〜20:00
2013年3月24日(日)10:30〜17:00
※全日入場は終了30分前まで
会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール
料金:
1DAYパスポート2,000円(一般会期中の1日に限り自由に入退場が可能)
3DAYパスポート3,500円(一般会期中自由に入退場が可能)
小学生以下無料(但し大人同伴)
※前売りは各500円引き

シンポジウム&トーク

『アート・コレクション今昔物語』
2013年3月23日(土)13:00〜14:30(開場12:45)
出演:
高橋明也(三菱一号館美術館館長)
塩原将志(アート・オフィス・シオバラ代表取締役)
モデレーター:岩渕潤子(アグロスパシア株式会社取締役、AGROSPACIA編集長)

『今、「アート」ではないアートが熱い!?』
2013年3月23日(土)15:30〜17:30(開場15:15)
出演:
櫛野展正(鞆の津ミュージアムアートディレクター)
立花文穂(美術家、グラフィックデザイナー)
保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)
モデレーター:ロジャー・マクドナルド( NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト])

『装うこと、身に着けることの文化人類学』
2013年3月24日(日)14:00〜16:00(開場13:45)
出演:
SHIMURABROS.(美術家)
山縣良和(リトゥンアフターワーズ代表)
ニリス・ネルソン(キュレーター)
モデレーター:椿玲子(森美術館アソシエイトキュレーター)

料金:無料(『アートフェア東京2013』1DAYパスポートを提示)
定員:各回100名(要事前予約)
※残席がある場合のみ会場にて受付
※予約方法はオフィシャルウェブサイト参照

『コレクター養成 スペシャルガイドツアー』

2013年3月23日(土)11:15〜12:00 / 12:30〜13:15
ナビゲーター:宮津大輔(現代アートコレクター)
定員:各回10名(要事前予約。予約方法はオフィシャルウェブサイト参照)
料金:各回4,500円(『アートフェア東京2013』1DAYパスポート込)
※アートフェア東京2013 1DAYパスポートをお持ちの方は3,000円

プロフィール

山縣良和

1980年、鳥取県生まれ。大阪の服飾専門学校を卒業後、2005年にイギリスの名門セントラル・セント マーティンズ美術大学ウィメンズウェア学科を首席卒業。インターナショナルコンペティション『its#3』にて3部門受賞。ジョン・ガリアーノのデザインアシスタントを務める。帰国後、2007年に自身のブランド「writtenafterwards」スタート。自由で、本質的なファッションの教育の場として「ここのがっこう」を開始。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『LAPSE』予告編

柳俊太郎、SUMIREらが出演するBABEL LABEL製作の映画『LAPSE』の予告編。SALU書き下ろしの主題歌“LIGHTS”と共に頭に流れ込む3篇のシーンやセリフに魅了され、近いようで遠く、遠いようで近い世界観に引き込まれる。一瞬、現れるメッセージ「未来に抗え。」。この力強い一言には、どんな想いが込められているのだろうか。(角田)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業