特集 PR

アニメシーンを逆走する『惡の華』 しのさきあさこ×長濱博史対談

アニメシーンを逆走する『惡の華』 しのさきあさこ×長濱博史対談

インタビュー・テキスト
さやわか
撮影:三野新 場所協力:6次元

閉鎖的な山村に生きる平凡な少年少女たちに芽生える、仄暗いエロティシズムへの劣情とその爆発。押見修造原作の漫画『惡の華』はその禁忌を感じさせるテーマから熱心なファンに愛されている。しかも2013年4月より放映開始したテレビアニメは、いわゆる「萌え」のようなありがちな表現とは対極のものを作り上げ、同作はさらに話題を集めることになった。実写撮影を利用して生の淫靡さと不気味さを同居させた特異な映像、エンディングに流れるASA-CHANG&巡礼“花 -a last flower-”の禍々しい響き、そして組曲として全4曲が用意されたオープニング。どこまでもハードコアな表現は今どきのアニメには見られないものばかりだ。オープニング曲を手がけたのはバンド「宇宙人」のしのさきあさこ。神聖かまってちゃんのの子や後藤まり子、南波志帆らがゲストボーカルとして参加し、奇矯なアレンジワークの冴える楽曲はどのように作られたのか。前人未踏の映像美に踏み出す監督・長濱博史(濱の字は正しくは旧字体)と共に、アニメ『惡の華』の世界を語り合ってもらった。

1週間で、AメロとBメロの塊を50パターン作って。そこから4パターンだけ選んでもらって、残りは捨てました。(しのさき)

―しのさきさんがアニメ『惡の華』のオープニング曲を担当することになった経緯を教えていただけますか?

長濱:キングレコードの宮本純乃介さんという方がいるんですけど、最初に会ったときから「絶対に曲を書かせたい人がいるんですよ!」って言ってたんですよ。それがしのさきさんだったんです。宮本さんは『惡の華』の「テーマソングプロデューサー」という形でクレジットされているのですが、僕たちがやろうとしていることをすごくよくわかってくれていて。「普通のアニメが、表打ちのリズムを刻んでるとしたら、こっちは裏打ちのリズムになる」っていう話をずっとしていたんです。

―今回使われているロトスコープという映像表現の手法も、アニメ黎明期に発達した技術ですよね。最先端のアニメシーンに逆行しているというか。

しのさき:えー! 最新かと思って観てました。

長濱:違うんですよ。ディズニーの『白雪姫』(1937年)や『ふしぎの国のアリス』(1951年)で用いられてたんです。実写で撮ったフィルムを透過しながら絵を鉛筆でなぞるという手法ですね。人間の動きをアニメに落とし込めないか? っていう苦肉の策だったんです。

画像左から:長濱博史、しのさきあさこ(宇宙人)
画像左から:長濱博史、しのさきあさこ(宇宙人)

―今のアニメーションの作り方とは全く違う作り方なんですね。

長濱:そうです。今のアニメーションって、デザインも動きも記号化にすごく特化したものなので、パターン化してきてるというか、上手い表現が絞られてきちゃってる。たとえばキャラクターの驚き方が、どのアニメを観ても一緒だったりするんですよ。だけどロトスコープっていう原始的な技術にまで戻しちゃえば、そのノウハウが通用しないからイチから構築できる。今の一般的なアニメからは逆行してるけど、持ち味が出るんじゃないかって話を、宮本さんとは共有していました。そこで宮本さんが考えた結果、しのさきさんの楽曲を思いついたんだと思います。

しのさき:そんな話、全くされなかったです……。「決まったよー」みたいな(笑)。でも決まってからは、まずアニメ、マンガを読んで、実際に舞台になっている桐生にも行きました。桐生の空気を知りたくて。

長濱:え!? すごい、僕たちのやり方とおんなじです。桐生にロケハンすることで見えてくるものが大事だと思ってたので。

―しのさきさんは桐生にどういうイメージを持ちましたか?

しのさき:「閉鎖された感がすごいぞ」って聞いてはいたんですけど、実際に行ってみたら本当に怖かったです。行ったのが年末で、すごく寒くて人が全然いませんでした。

長濱:山に囲まれているし、人があんまり歩いてないんですよね。そのせいか、オープンな感じというのがない。そこから生まれたのがあの曲なんですね。

しのさき:はい。今年の元旦から作り始めました。メインのキャラクターが3人いるので、最初は3種類作ろうと思って相談したら、「じゃあ桐生という土地を俯瞰で見たのも加えて、組曲にすると面白いんじゃないか」って言われたので、全部で4種類作りました。元旦から1週間で、AメロとBメロの塊を50パターン作って。そこから4パターンだけ選んでもらって、残りは捨てました。

長濱:そんなに作ってたんですね……!

しのさき:そのあとにサビもいっぱい作って、厳選したのがあの4パターンです(笑)。“惡の華 -春日高男-”(歌:の子)と“惡の華 -仲村佐和-”(歌:後藤まりこ)のサビは、二人が一緒の方向へ進む感じにして、“惡の華 -佐伯奈々子-”(歌:南波志帆)と“惡の華 -群馬県桐生市-”(歌:しのさきあさこ)は、場所になじんでいく感じ。そういう風に分けてます。

長濱:うわあ、確かにそうなってますね。仲村は「咲け」って言ってるけど……。

しのさき:佐伯さんは「咲かないで」って言ってます。

長濱:桐生は「惡の華」って、ハッキリ言っちゃってるんですね。

しのさき:はい。もう咲き乱れる感じにしてます。

Page 1
次へ

リリース情報

宇宙人<br>
『惡の華』(CD)
宇宙人
『惡の華』(CD)
 

2013年5月22日発売
価格:1,200円(税込)
KICM-1453

V.A.
『惡の花譜』(CD)

2013年6月26日発売
価格:1,800円(税込)
KICS-1916

・惡の華 -春日高男-(歌:の子)
・惡の華 -仲村佐和-(歌:後藤まりこ)
・惡の華 -佐伯奈々子-(歌:南波志帆)
・惡の華 -群馬県桐生市-(歌:しのさきあさこ)
・ASA-CHANG&巡礼“花 -a last flower-”
ほか収録曲未定

『惡の華』

2013年4月からTOKYO MXほかで放送開始
原作:押見修造『惡の華』(講談社)
監督:長濱博史
オープニングテーマ:
“惡の華 -春日高男-”(歌:の子)
“惡の華 -仲村佐和-”(歌:後藤まりこ)
“惡の華 -佐伯奈々子-”(歌:南波志帆)
“惡の華 -群馬県桐生市-”(歌:しのさきあさこ)
エンディングテーマ:ASA-CHANG&巡礼“花 -a last flower-”
音楽:深澤秀行
アニメーション制作:ZEXCS
声の出演:
植田慎一郎
伊瀬茉莉也
日笠陽子

『惡の華 第一巻 BD』(Blu-lay+CD)

2013年7月24日発売
価格:6,300円(税込)

『惡の華 第一巻 DVD』(DVD)

2013年7月24日発売
価格:5,775円(税込)

[特典1]
映像特典:アニメ「惡の華」ができるまでの工程を詳細に解説した、キャストとスタッフによるメイキング映像を収録。第1巻には原作、キャラクター、ロトスコープ、脚本についてのメイキングが収められる。
[特典2]
「惡の蕾」原稿漫画:ドラマCD「惡の蕾」の原稿となった、原作者押見修造描き下ろしの漫画をブックレット内に収録。
[特典3]
オーディオコメンタリー:スタッフ、キャスト、原作者によるオーディオコメンタリー。各回裏話から雑談まで様々なコメンタリーを展開。
[特典4]
特典CD:Blu-rayのみに付く特典CD。毎巻特典CDにウェブラジオ「クソムシラジオ」の未配信回を1回分収録。

プロフィール

しのさきあさこ(宇宙人)

作詞、作曲家、シンガーソングライター。高校生時代よりソロ、バンドにて音楽活動を行う。2012年、バンド「宇宙人」のボーカルとして、ミニアルバム「慟哭」(キングレコード/スターチャイルド)でメジャーデビュー。

長濱博史

1990年マッドハウスに入社。『YAWARA!』などさまざまな作品に参加した後、フリーランスになる。1996年『少女革命ウテナ』のコンセプトデザインを担当し、以降はプリプロダクションとしての作品参加も増えていく。2005年『蟲師』にて初監督を務め、高い評価を獲得。東京国際アニメフェアでは、第5回東京アニメアワードのテレビ部門にて優秀作品賞を受賞した。このほか代表作は、『デトロイト・メタル・シティ』など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bunkamuraオーチャードホール ヴェルディ:オペラ『オテロ』(演奏会形式) 最新PR動画

映像演出にライゾマティクスリサーチを迎え、9月8日、10日と上演されるオペラ『オテロ』(演奏会形式)の最新動画。オーチャードホールの天井の高いオーチャードホールのシェルター型反響板の壁面全体に映し出されるのは指揮者アンドレア・バッティストーニの両腕から解析した映像。まさに「誰もみたことのない『オテロ』」が観られるはず。(宮原)