特集 PR

どこにいようが私は私 LEO今井インタビュー

どこにいようが私は私 LEO今井インタビュー

インタビュー・テキスト
石角友香
撮影:田中一人
2013/06/26

LEO今井というアーティストは面白い。東京とロンドンという2つの都市を故郷に持ち、イギリスでの生活を経て日本に戻ってきた彼は、2006年から日本でのアーティスト活動を開始。都市への憧憬とある種の疎外感のようなものを、ネイティブな言語である英語から日本語に翻訳し、さらに大学院で専攻していた日本古来の表現なども用いて、現代の日本人アーティストには思いもつかないオリジナルな世界を紡いできた。向井秀徳(ZAZEN BOYS)とのKIMONOSでの活動を挟んで4年ぶりに発表したオリジナルアルバム『Made From Nothing』では、セルフプロデュースに初挑戦し、過去最高に重厚なサウンドで、社会の暗闇を丁寧にすくい取っている。「Nothing」――「無」の中で彼自身のオリジナリティーを深く追求し、「どこにいても私は私」と眼光鋭く言い切った彼のアイデンティティーを探った。

歌は得体の知れない夢のような、無の中から出てくるような存在。

―アルバム、とても素晴らしかったです。前作『Laser Rain』と今回の『Made From Nothing』の間にKIMONOSでの活動を挟みましたが、何かその影響はありましたか?

LEO:KIMONOSの制作に関しては、特にタイムリミットもなく、自由にやらせてもらいました。MATSURI STUDIOに向井さんと二人でこもってマイペースに作ったので、そういう楽しさが反映されてる作品だったと思います。だから今回の『Made From Nothing』もわりとその感覚を保ったまま制作できました。

―KIMONOSは2011年の『フジロック』のステージも素晴らしかったですし、KIMONOSを通してLEOさんの認知度もさらに上がったと思うんです。それにも関わらず今作に至るまで沈黙が長かったように思うのですが。

LEO:2011年の末ぐらいから、また自分一人で作品を作り始めようってモードに入って、去年の春ぐらいには、実はある程度曲ができていたんです。でもオリジナリティーに欠けていると思ったので、できていた曲を1回捨ててやり直しました。だから新曲を作るモードに入れなかったというよりは、アルバムの一貫して筋の通ったビジョンを見つけるまでに時間がかかったという感じですね。

LEO今井
LEO今井

―具体的にはどういった部分でオリジナリティーが不足していたのでしょう?

LEO:自分の過去の作品を超越したかったし、単純にもっと上手く表現したいという気持ちが強かったです。さらにいいものを作らなきゃいけないっていうのは表現者としての使命感だと思うんですけど。

―時期的に、震災も関係しているのかなと思ったのですが、そういうわけではなかったですか? 震災以降、自分の表現について悩んだアーティストも多かったですし。

LEO:震災後のことは常に考えるべきですが、それはこの作品とは別のところにあるんじゃないかなと思います。この作品では、ひたすら自分の世界の中にこもって、自分の限界を広げようとしていましたね。とはいえ、作品は日常生活の中から生まれてくるものだから、ため息をつくようなアンニュイな時期もありましたよ。作品を作る上で、グッとくるモチベーションを見つけられない時期はやっぱりつらかったです。それがきっかけになって『Made From Nothing』というテーゼに至ったんだと思います。

―『Made From Nothing』は、「無から生まれた」という意味ですよね。これは、自分を一度クールダウンさせることで歌詞に書かれてるような刺激的な世界が見えてきたということなのか、それとも、日常は単調だけど、考えることで言葉や音が引っ張り出せる、といういわば聴き手への提案なのか、どちらでしょう?

LEO:両方ですね。何にもないところからインスピレーションを待ってる時期でもあったし、あるいは何かを創作するときは、頭をブランクにして1回バカに戻らなきゃいけないのかもと思ったりもしました。でも『Made From Nothing』というタイトルは、歌というものの、性質そのものを表してるようだなと思っているんです。歌は得体の知れない夢のような、無の中から出てくるような存在だから。そういう意味が一番強いかもしれません。

Page 1
次へ

イベント情報

『LEO今井「Made From Nothing」Tour 【独り編】』

2013年8月29日(木)
会場:東京都 吉祥寺 キチム

2013年8月31日(土)
会場:京都府 京都 アーバンギルド

2013年9月1日(日)
会場:長野県 松本 瓦レコード

リリース情報

LEO今井<br>
『Made From Nothing』(CD)
LEO今井
『Made From Nothing』(CD)

2013年6月26日発売
価格:3,000円(税込)
TOCT-29162

1. Tabula Rasa
2. Omen Man
3. Furaibo
4. Tundra Ghost Funk
5. CCTV
6. Doombox
7. My Black Genes
8. Ame Zanza
9. Kaeru St.
10. Akare / Prism
11. Made From Nothing
12. Too Bad / Kubi

プロフィール

LEO今井(れお いまい)

日本・スウェーデン出身。イギリスでの生活を経て日本へ移住。オルタナティヴを基盤にした無国籍な都市の日常を切り取る、ニュー・ウェーブ・シンガーソングライター。その文学的、実験的な作風は、各都市で生活してきたVISITORとしての視点に溢れている。近年は向井秀徳(ZAZEN BOYS)とのユニット「KIMONOS」での活動でも知られる。他に作曲家・作詞家・作詞翻訳家としても活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く