特集 PR

悪ふざけを作品にできる人たち 吉澤嘉代子×石崎光対談

悪ふざけを作品にできる人たち 吉澤嘉代子×石崎光対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人

強い変身願望を持ち、「魔女になりたい」と本気で思った少女は、いつしかそんな自分を受け入れて、音楽で生きていくことを選んだ。デビュー作『魔女図鑑』を発表し、そのリリースパーティーを終えたばかりの吉澤嘉代子は、いままさに音楽人生の本格的なスタートを切ったところである。前回の取材では、デビューに至るまでのヒストリーを語ってもらったが、今回は『魔女図鑑』の中で2曲のプロデュースを担当し、リリースパーティーでもサポートとしてトレードマークのリッケンバッカーをかき鳴らしていた石崎光を迎え、吉澤の楽曲の魅力について語り合ってもらった。

前回の取材時と同様に、この日の取材でも吉澤は「名曲を書きたい」と語ってくれたが、自分を全面に出すのではなく、スタンダードナンバーを咀嚼し、曲ごとにキャラクターを演じ分けるというスタイルは大衆音楽の基本であると言ってもよく、名曲と成り得る下地はすでに整っているように思う。また、吉澤はこの日の取材中、曲作り、レコーディング、ライブ、それぞれにおいて「とにかく、楽しい」という言葉を繰り返していたが、「楽しんで作る」ということもまた、名曲が生まれる大切な条件だと言えるだろう。ひょっとしたら、すでに名曲の卵は彼女の中で生まれているのかもしれない。

音楽を詳しく知らない人にも、「あ、なんかちょっといい」とか「ダサいけどかっこいい」とか(笑)、そういう匂いみたいなものを感じてもらいたい。(石崎)

―『魔女図鑑』では、石崎さんは“未成年の主張”と“らりるれりん”のプロデュースを担当されていますが、どんなことを話しながら制作を進めて行ったのでしょうか?

石崎:音楽的な細かいディティールよりも、「どういう景色が見えてるか」みたいな話をよくしてました。例えば“未成年の主張”だったら、体育館で歌ってるとか、スポットライトが当たってるとか、そういう細かいことを訊いた上で、僕がイメージした音をつけていくことが多かったですね。

吉澤:ダンスパーティーっぽいとか(笑)。

石崎:そう、それで、ダンスパーティーだったら何の音が合うかって考えて、楽器の演奏がとにかく下手みたいな、そのつたない感じをいかに出すかを考えたり。

―学生がパーティーで演奏してるような雰囲気を出したってことですよね。面白いですね、そうやって場所の設定から考えるって。

石崎:僕はそういう話を聞くのが好きなんです。アレンジって、言ったらどうにでもなるじゃないですか? でも、曲を作った本人がどう思ってるかっていうところを形にするのが僕の役目だと思っていて、くだらないことでもいいから、とにかく思ってることをいっぱいしゃべってもらって、それについて話し合って作るみたいな方法がすごく多くて。

吉澤嘉代子ライブより

―細かいサウンドのことよりも、曲が持ってる風景や表情のほうがより大事だと。

石崎:そうですね。音楽を知らない人にも楽しめるっていうのを僕は重要視したくて、もちろん、音楽家から見る吉澤嘉代子も評価してもらいたいんだけど、もっと重要なのは一般の人、音楽を詳しく知らない人でも、「あ、なんかちょっといい」とか「ダサいけどかっこいい」とか(笑)、そういう匂いみたいなものを感じてもらいたい。嘉代子ちゃんは特にそういうタイプの作り手だと思うから、そこはなるべく拾いたいと思ってるんです。

左から:石崎光、吉澤嘉代子
左から:石崎光、吉澤嘉代子

吉澤:最初にお会いしたときから、歌詞についてすごく話し合っていて、そういうのが初めてだったから、すごく嬉しかったです。自分で作ってるときは、こうでこうでって設定とか細かく決まってたりするので、それについて話し合えるのがとっても楽しくて。

石崎:ディレクターとかマネージャーも交えて話し合いをするんですけど、まずは歌詞が面白くないと意味がないと思うんですね。もちろん、嘉代子ちゃんが作ってるものなので、それがよければ僕らは何も言わないですけど、「もしここがこうだったら、もっとよくなるんじゃないか」みたいなことは常に話し合ってます。そこがまず第一の客観性で、そこで「これはヤバいね!」ってなったら、外に出してもヤバい作品になると思うんですよね。

Page 1
次へ

イベント情報

吉澤嘉代子 ファーストワンマンショウ
『〜夢で逢えたってしょうがないでSHOW〜』

2013年11月23日(土・祝)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:東京都 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
料金:前売3,000円(ドリンク別)

リリース情報

吉澤嘉代子<br>
『魔女図鑑』(CD)
吉澤嘉代子
『魔女図鑑』(CD)

2013年6月5日発売
価格:1,500円(税込)
YMPCD-6

1. 未成年の主張
2. 化粧落とし
3. 恥ずかしい
4. らりるれりん
5. 泣き虫ジュゴン
6. ぶらんこ乗り

プロフィール

吉澤嘉代子(よしざわ かよこ)

1990年埼玉県川口市生まれ。鋳物工場街育ち。父の影響で井上陽水を聴いて育ち、16歳から作詞作曲を始める。2010年11月、ヤマハ主催のコンテスト“The 4th Music Revolution”JAPAN FINALに出場し、グランプリとオーディエンス賞をダブル受賞。2013年6月5日、インディーズ 1st mini Album「魔女図鑑」発売。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー