特集 PR

究極の日常型音楽集団 ゴッホの休日インタビュー

究極の日常型音楽集団 ゴッホの休日インタビュー

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:田中一人

東急東横線・旧渋谷駅の閉鎖からちょうど半年。あの東横線を舞台にした音楽作品がリリースされる。この『トレイン』というコンセプチュアルな作品を形にしたのは、不定形の音楽集団「ゴッホの休日」。彼らにとってはこれが初めて世に出す作品となる。

『トレイン』は、このチームの「主宰」であり、小さい頃から東横線に親しんできた「けいすけたなか」が、渋谷〜横浜間急行の走る30分間を思い浮かべながら描いたという、とてもパーソナルな作品だ。同時に本作はキャスト(ゴッホの休日ではメンバーをこう呼ぶそうだ)による演奏だけでなく、この東横線というテーマに感化されたパフォーマンスもサウンド化され、音像の一部として反映されているという。……と、なんとも説明しづらい制作アプローチではあるのだが、その仕上がりは確かに昼下がり車内を想起させる穏やかなインストゥルメンタルサウンドになっているのがなんとも面白い。旧東横線に馴染みのある方には、きっと懐かしい記憶を喚起させられる作品になっていると思う。

そこで今回は主宰のたなか、そしてこの作品中の「パフォーマー」を担ったキャストのどいまんをお招きし、このコンセプチュアルな作品の内容に深く迫りつつ、そもそもゴッホの休日とは一体どんなグループなのか、詳しく語っていただくことにした。

東横線が身近にある暮らしにすごく愛着があって、その気持ちを少しでも音楽に残したかったんです。(たなか)

―みなさんについては知らないことばかりなので、今日は基本的なことから訊かせてください。そもそもゴッホの休日とはどういうグループなんですか?

たなか:僕とドラムのいのうえ君が二人で一緒に音楽をやっていたんですけど、作品を通して1つのストーリーみたいなものを作りたくなって。それで呼びかけたのが、今回のメンバーです。

―二人のときは、どんな音楽をやっていたんですか?

たなか:セッションっぽい感じでした。路上でよく歌ってたんですけど、そうやって音を合わせていく中で、なにか作品に残そうという話になって。でも、せっかくなら、二人じゃなくて、みんなで協力して作りたかったんですよね。

―初めにどんな曲を作ったんですか?

たなか:このアルバムに入ってる“なんとなく”という曲。そこからアイデアを広げていったんです。その頃は東急東横線の渋谷駅の閉鎖が発表された時期でもあって、東横線急行の渋谷から横浜までの道のりを体感できるような音楽が作れたら楽しいなと思って。

―たなかさんの東横線に対する特別な思い入れがこの作品に結び付いた、ということでしょうか。

たなか:はい。僕はずっと東横線に乗ってきたので、「今までの東横線がなくなっちゃった」って、切実に悲しい気持ちでした。僕はいわゆる鉄道好きとかではないんですけど、東横線が身近にある暮らしにすごく愛着があって。その気持ちを少しでも音楽に残したかったんです。

―では、なぜそこでこのメンバーを呼ぶことにしたのでしょう?

たなか:東横線に乗っているときのイメージをなるべく正確に表現しようと思ったときに、各々のパートが必要になりました。あと、今回の作品には僕の気持ちを投影した架空の登場人物が出てくるので、みんなにはその役になりきってもらいました。半ば強引に。

たなかけいすけ
たなかけいすけ

―架空の登場人物というと?

たなか:例えば、「単調な日々を送っている24歳のOL」や「胃腸が弱く、日吉駅で降車する32歳の会社員」みたいに、5人の登場人物を明確に設定しています。僕はこの音楽を劇っぽい感じで表現したかったので、メンバーのことも「キャスト」と呼んでいるんです。彼(どいまん)に関しては、彼の存在や人柄を作品に取り入れたかったので、パフォーマーとして参加してもらいました。

―パフォーマー、ですか。それはまたどういう役割なんでしょう?

どいまん:いきなり「今日、録るから来て」と声をかけられて、なにをやるかもまったく聞かされないまま呼び出されました。そこですぐにギターを渡されたので、これを弾けばいいのかなと思ってたら、弾かないでいいと言われて。そこから30分間、ひたすらパフォーマンスをしました(笑)。

たなか:アコギを使ったパフォーマンスを、二人で上裸になって30分間無心でやりました。

左から:どいまん、たなかけいすけ
左:どいまん

― (笑)。つまり、そのパフォーマンス中に発生した音を録ったということですよね?

どいまん:はい。パフォーマンスをしている間、東横線の渋谷から横浜に着くまでに聞こえてくる雑音をずっとヘッドフォンで聴きながら、感じたものをなんとか表現していきました。アコギは弾くのではなく、叩いたり噛んだりしてます(笑)。そこで生まれた音がそのままCDに入っているんです。決してパフォーマンスの映像を撮ったわけじゃないんですけどね(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

ゴッホの休日<br>
『トレイン』(CD)
ゴッホの休日
『トレイン』(CD)

2013年9月15日発売
価格:1,575円(税込)

1. bell
2. escape
3. 知らない
4. sheep
5. limited
6. sugar
7. なんとなく
8. e.p.

プロフィール

ゴッホの休日(ごっほのきゅうじつ)

さまざまな日常を五感で表現しようと頑張るコンセプト型音楽チーム。たなかけいすけを中心に2012年10月に発足。メンバー編成は作品毎に変わる。第一弾として、東急東横線渋谷駅の閉鎖をきっかけに「東横線」をモチーフとしたファースト作品「トレイン」を9月15日にリリース。現在、次回作「実録!男女の会話術ハウツー音楽」を構想中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

jizue“grass”Live at Daikanyama UNIT, Tokyo

jizueより、『ビクタージャズ祭り』のライブ映像が公開(CINRA.NETにてレポート記事も掲載中)。撮影を担当したのは、jizueのPVやアーティスト写真、さらにはOvall、Kan Sano、福原美穂などのPVも手掛けるGLOWZ。特に見所は、2:58頃のピアノとドラムだけのミニマルな掛け合いが緊張感もあるなかで続くところから、徐々に熱を上げてエネルギーを溜めていき、4:30あたりで放出させる、そのスリリング且つ気持ちのよい流れ。心のなかに溜め込んだ感情をすべて解放させてくれるかのよう。(矢島)

  1. 実写映画『BLEACH』本予告編に長澤まさみ、江口洋介、真野恵里菜ら初登場 1

    実写映画『BLEACH』本予告編に長澤まさみ、江口洋介、真野恵里菜ら初登場

  2. 『銀魂2』正式タイトル&原作エピソード発表、新キャラのシルエットも公開 2

    『銀魂2』正式タイトル&原作エピソード発表、新キャラのシルエットも公開

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 実写『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』に安達祐実、押井守らがコメント 4

    実写『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』に安達祐実、押井守らがコメント

  5. チャットモンチーの素顔と尊さをDAWA、imai、MINORxUが語る 5

    チャットモンチーの素顔と尊さをDAWA、imai、MINORxUが語る

  6. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 6

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  7. 『寝ても覚めても』東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史らのコメント&新写真 7

    『寝ても覚めても』東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史らのコメント&新写真

  8. 写真展『行ける工場夜景展』に約200点超 実際に「行ける」工場だけを紹介 8

    写真展『行ける工場夜景展』に約200点超 実際に「行ける」工場だけを紹介

  9. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 9

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  10. 実写『銀河鉄道999』PV公開 栗山千明×前田旺志郎の生放送ドラマ 10

    実写『銀河鉄道999』PV公開 栗山千明×前田旺志郎の生放送ドラマ