特集 PR

見えないエネルギーを視覚化する 森万里子インタビュー

見えないエネルギーを視覚化する 森万里子インタビュー

インタビュー・テキスト
坂口千秋
撮影:西田香織

「エスパス ルイ・ヴィトン東京」で開催中の、森万里子の展覧会『Infinite Renew』は、原始宗教や宇宙論を背景にしつつ、最先端のテクノロジーを使って「見えないエネルギー」を可視化した、現代の神話の森だ。あらゆる事象に意識を開き、芸術や科学といった境界を軽々と飛び越え、国際的に活躍するアーティスト・森万里子。一見華々しく見える作品には、どのような背景があるのだろうか? アーティストとしてのモチベーションまでを振り返ったインタビューは、本人も初めて話したという内容も含め、非常にディープかつ、ポジティブな内容となった。

私たちの目は、宇宙のたった4%しか認知することができない。人間も宇宙の一部だとすれば、私たち自身も見えないエネルギーで構成されているのかもしれない。

―今展覧会『Infinite Renew(無限の再生)』は、展示作品8点のうち7点が新作となっていますが、エスパス ルイ・ヴィトン東京の空間からインスパイアされて作られたのですか?

:そうです。当初はまったく別の作品を考えていたのですが、何度かこの場所を訪れるうちに、やはり8mにおよぶ天井高と全面ガラス貼り空間の特徴をより生かしたいと思い、今年2月にプランを変更しました。昼と夜とではガラス越しの景色も作品も、まったく違った光景を見ることができます。

『Infinite Renew』展示風景
『Infinite Renew』展示風景

―2月からの仕切り直しで、このような大型作品だと、制作準備期間がすごく短いですね。制作スタッフもよく集まってくれましたね。

:それは強く念じていたので……(笑)。昔に比べてネットワークが広がったり、スタッフの方が優秀なこともあって、短期間でより良い制作チームを作れるようになりました。作品に特殊な塗装をしていただいたイタリアの会社以外は全員新しいスタッフです。彫刻はスペイン、3Dプリントはベルギー、LEDディスプレイは日本人のチームと行いました。新しいチームと仕事をさせていただくことで色々な発見もあり、すごく良かったです。

森万里子
森万里子

―いつも本当にインターナショナルなスタッフと一緒に作られているのですね。色が変化していく大型作品『Infinite Energy I ,II, III(無限のエネルギー)』は、六本木ヒルズ・毛利庭園に設置されている作品『プラントオパール』とも共通点があるように感じましたが、これらは同じシステムを使われているのでしょうか。

:六本木ヒルズの『プラントオパール』は、温度や風向、天候などの自然現象に反応して色が変化する作品でしたが、今回の『Infinite Energy I, II, III』は人の動きをセンサーで感知して色が変化するようになっています。今までは、宇宙を含めた自然現象をコンセプトにして作品を作ってきたのですが、人間も自然の一部だと思うので、今回は人のエネルギーに反応するシステムにしたのです。

『Infinite Renew』展示風景
『Infinite Renew』展示風景

―会場で配布されている展覧会図録で、イギリスの物理学者ブライアン・コックス博士と「宇宙」や「エネルギー」について対談されていた内容が、大変興味深かったです。

:ありがとうございます(笑)。対談では、ダークマター(暗黒物質)や、ダークエネルギーの話をさせていただきました。私たちの目に見えているものは宇宙のたった4%で、残りの96%は観測することも、見ることもできないというものです。人間も宇宙の一部だと考えれば、私たち自身も見えないエネルギーで構成されているのかもしれない。その見えないエネルギーの可視化を試みた作品が『Infinite Energy I ,II, III』です。人の動きを感知してLEDが光り、無限に伸びていくようなフォルムで、エネルギーの果てしない再生を表現しています。

Page 1
次へ

イベント情報

『Infinite Renew(無限の再生)』by 森万里子

2013年9月28日(土)〜2014年1月5日(日)
会場:東京都 表参道 エスパス ルイ・ヴィトン東京(ルイ・ヴィトン表参道ビル7階)
時間:12:00〜20:00
休館日:無休(年末年始除く)
料金:無料

プロフィール

森万里子(もり まりこ)

世界各地の美術館や個人コレクターがこぞって作品を収蔵・収集してきた国際的に高く評価されたアーティスト。2005年の『ヴェネツィア・ビエンナーレ』に出品されたインタラクティブ・インスタレーション『WAVE UFO』で広く世に認められた。1997年の『第47回ヴェネツィア・ビエンナーレ』での栄えある優秀賞(Menzioni d'Onore)や、日本文化藝術財団から日本の現代芸術分野の有望なアーティストや研究者に贈られる第8回日本現代藝術奨励賞をはじめ、数々の受賞歴がある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年