特集 PR

友情を深める音楽談義 Charisma.comインタビュー

友情を深める音楽談義 Charisma.comインタビュー

インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:高見知香
2013/10/30

学生の頃、遊びに行った友達の部屋のCD棚を見ることが楽しかった記憶はないだろうか。初めて目にするジャケットや背表紙、アーティスト名にまだ見ぬ音楽への期待を膨らませ、新しい世界が開けていくような出会い。また、そんな友達に自分が見つけたとっておきの音楽を聴かせて、感動を共有する喜びも格別だった。大人になってふとした拍子に耳に入り、思わず足を止めてしまうのは、そんな記憶と交じり合って体に染み込んだ音楽だったりするものだ。

今、高感度な音楽ファンから熱視線を浴びているCharisma.comは、DJゴンチが操る野太くタイトなビートに、MCいつかが等身大の女子の本音を毒っ気の効いたリリックにのせて繰り広げるエレクトロヒップホップユニット。息がぴったり合った圧巻のライブパフォーマンスで、各方面からの絶賛を浴びているCharisma.comだが、それもそのはず、実はこの二人は学生時代からの幼馴染み。

今回はそんな二人に、iOS用音楽アプリ「Vivitom」を使って、あらためてお互いのミュージックライブラリを探り合ってもらう、という企画をお願いしてみた。「本棚を見ればその人がわかる」とはよく言われるが、ミュージックライブラリを振り返ってみれば、アーティストの真の音楽性や人間性、さらに思い出までもが覗けてしまうもの。インタビューでは二人それぞれが、相手の音楽観や自分の中に眠っていた意外な志向を再発見し、Charisma.comのネクストステージが見えてくるような内容となった。

Vivitom[ビビタム]−聴く前から音楽の楽しみは始まっている
iTunes App Store - Vivitom

同じアーティストの曲を聴いていても、好みは正反対ですね。(いつか)

―Charisma.comのお二人は学生時代からの幼馴染みですよね。今回、お互いの「Vivitom」ライブラリを見てみて、「あー、この曲ずっと聴いてるよねぇ……」と、しみじみ思った曲なんかあったりしましたか?

ゴンチ:いろいろあったんですけど、いかにもいっちゃん(いつか)だなと思ったのは、MIDICRONICA×Shin-Skiの“color”。ずっと前から大好きなのは知ってたので。

いつか:MIDICRONICAは、「ラップが上手くなりたい!」と思うきっかけになったグループなんです。初めて聴いたのは6年前くらい。電車の中でなんとなく聴いていても、リリックの内容に凄くハッとさせられるし、「こんなこと考えてるんだ!」という驚きもあって。でも、MIDICRONICAの中でも深くハマった曲は“jet set radio”と“sleeping forest”。この2曲は何とも言えない切ない気持ちになって、涙が出そうになります。ゴンチが選んだ“color”は、逆にライブでアガる曲かな。

ゴンチ:一緒にライブ行ったとき、いっちゃんが凄く盛り上がっていたの覚えてます(笑)。

左から:MC いつか、DJ ゴンチ
左から:MC いつか、DJ ゴンチ

―ではいつかさんが、「ゴンチさん、これずっと聴いてるなあ……」と思った曲は?

いつか:たくさんありすぎて……。mihimaru GTやNERDHEAD、2NE1もそうだし、サザン(オールスターズ)も。でもゴンチが一番好きなのは、RADWIMPSの“me me she”でしょうね。RADWIMPSは全部好き……なハズ(笑)。

ゴンチ:うん(笑)。RADは、レンタルCDショップのオススメコーナーにあった『RADWIMPS 4〜おかずのごはん〜』から聴き始めて、それに入ってたのが“me me she”でした。でも、一番好きな曲は“君と羊と青”ですね。RADの言葉感覚が好きで、「女々しい」を「me me she」と書いたり、「君と羊と青」が「群青」の意味だったりするのが面白いんです。

―ゴンチさんは、バンドものが好きなんですか?

ゴンチ:はい、学生時代にベースが弾きたくて軽音楽部に入ろうと思ったきっかけもGLAYでした。でも途中で廃部になってしまい(笑)、いっちゃんに誘われてダンス部に入ったんです。そこからずっと一緒ですね。

いつか:そのときゴンチが使ってたベースは、今うちのトイレにあります(笑)。私はRADなら“おしゃかしゃま”が好き。激しい曲のほうがいい。同じアーティストの曲を聴いていても、好みは正反対ですね。

Page 1
次へ

イベント情報

『ごきげんよう、Charisma.comです。』

2013年11月17日(日) OPEN 17:30 / START 18:00
会場:大阪府 福島 LIVE SQUARE 2nd LINE
出演:tofubeats(ゲスト)
料金:2,800円(ドリンク別)

2013年11月24日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:東京都 渋谷 WWW
料金:2,800円(ドリンク別)

『Skyrocket Company ライブミーティング vol.1〜勤曜感謝祭〜』 2013年11月22日(金)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京都 渋谷 SHIBUYA-AX
出演:
RHYMESTER
Charisma.com
マンボウやしろ本部長
秘書:浜崎美保
料金:1階立ち見3,200円 2F指定3,500円

リリース情報

Charisma.com<br>
『アイ アイ シンドローム』(CD)
Charisma.com
『アイ アイ シンドローム』(CD)}

2013年7月10日発売
価格:2,100円(税込)
LACD-0239

1. HATE
2. NOW
3. 歪LOVE
4. LIFEFULL
5. AUTOMADE
6. メンヘラブス 7. GEORGE
8. OLHERO

『Vivitom』

対応機種:
iOS6.0以降のiPhone、iPod touch、iPad、iPad mini
料金:無料

プロフィール

Charisma.com(かりすまどっとこむ)

2011 年に結成。MC いつかとDJ ゴンチによるエレクトロヒップホップユニット。MC のいつかは、普段は雑貨メーカーの事務、DJのゴンチは普段は精密機器メーカーの事務をしている。スキルフルないつかのフロウと一度聞いたら耳から離れないエレクトロサウンド、メロディーがこれまでにないジャンルを生み出している。ポップなビジュアルとは裏腹に、独創的な言葉を巧みに利用し毒のあるリリックで平成のゆとり世代に一石を投じる。YOUTUBEに投稿した動画が話題を呼びデビュー前ながらもBSスカパーの社会派ドキュメントバラエティ番組『BAZOOKA!!!』へのライブ出演や、テレビ朝日系音楽番組『musicるTV』で紹介されている。また、デビュー前にJ-WAVE、FM802、crossfmなど全国の放送局でO.Aされ、6月30日には恵比寿リキッドルームで開催される、映画監督・大根仁主催のライブイベント『モテキナイツVol.2』に召集されるなど、各所で話題沸騰中。Charisma 中毒増殖中。あなたのイライラは今、歌となる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像