特集 PR

知っておきたい古典邦楽と西洋音楽の違い 藤原道山×一ノ瀬響対談

知っておきたい古典邦楽と西洋音楽の違い 藤原道山×一ノ瀬響対談

インタビュー・テキスト
伊藤大輔
撮影:高見知香

東京都などが主催する東京文化発信プロジェクトの一環として開催される、東京発・伝統WA感動『Traditional +(トラディショナルプラス)』で、気鋭の尺八演奏家である藤原道山と現代音楽家として活躍する一ノ瀬響の共演パフォーマンスが実現する。尺八を介して日本古典邦楽の魅力を伝えながら、坂本龍一や冨田勲を始めとした他分野の音楽家と共演することで新境地を切り開いている藤原。現代音楽の作曲家としてキャリアを始め、電子音楽を中心とした実験音楽やインスタレーションなど、さまざまなフィールドで活躍する一ノ瀬。

そんな両者が今回のステージで表現するのは尺八と現代音楽を融合させたサラウンド仕様のパフォーマンス。東京藝術大学在籍時から親交を持ち、異なるフィールドで影響を受け合いながら育んだ邦楽と現代音楽の共通点や魅力について、同世代の二人に教えてもらった。

尺八は奏者の気持ちがそのまま音に表れてしまう。自分が意識していないことまで音に影響するので、ある意味では怖い楽器です。(藤原)

―まずは、藤原さんが邦楽の世界で、尺八を始めようと思われたきっかけから教えてもらえますか?

藤原:祖母が箏曲家で叔父はピアノを演奏していたので、子供の頃から古典邦楽、西洋音楽分け隔てなく、自然に接していました。尺八以外にもピアノやフルートなど、いろんな楽器を習ったのですが、初めて尺八を吹いたとき、まったく音が出なかったのがショックだったんです。それまでに習った楽器は、とりあえず弾いたり吹いたりすれば、何かしらの音は出ますが、尺八は自分の息の「フーッ」っていう音しかしない(笑)。それがあまりにも悔しくて、その後1週間くらい練習してやっと音が出たときは、とても嬉しかったことを今でも覚えています。

―尺八はどうやって音を出すのですか?

藤原:わかりやすく言うと、空きビンの口に息を吹きかけて音を鳴らすようなイメージです。シンプルな構造の楽器ですが、演奏者の気持ちがそのまま音に表れてしまう。自分が意識していないことまで音に影響するので、ある意味では怖い楽器です。だから、自分の「声」みたいなものかもしれませんね。

藤原道山
藤原道山

―一ノ瀬さんも、両親が作曲家や歌手という音楽一家に生まれ育ち、早くから現代音楽家としてご活躍されていらっしゃいますが、「邦楽」との出会いはどんなものでしたか?

一ノ瀬:音楽の教科書に載っている、“六段の調”(近世箏曲の祖・八橋検校が作曲したとされる箏曲)のようなものは知っていましたが、意識的に聴き始めたのは中学生の頃、武満徹さんの“ノヴェンバー・ステップス” を聴いたのが、初めての邦楽体験になるかもしれませんね。

一ノ瀬響
一ノ瀬響

―武満徹さんの“ノヴェンバー・ステップス”といえば、西洋音楽のなかに邦楽器を本格的に取り入れた名曲として有名ですが、邦楽器と西洋楽器ではどんな違いがあるのでしょうか?

藤原:邦楽器は音の表情がダイレクトで生々しく、その音自体を大切にしているのが邦楽の大きな特徴だと思います。比べて西洋楽器はそういった直接的な音の表情を抑えて平均化する代わりに、旋律やハーモニー、リズムを使って表現を構築していく特徴があります。だから西洋音階で作られた曲をそのまま邦楽器で演奏すると、クドく聴こえてしまうんですよね。

―そうなんですね。なんとなくわかる気がします。

藤原:西洋音楽は、メロディーやフレーズを1つの固まりとして捉えますが、これは単語を連ねていく英語の構造にも似ていて、その点、邦楽は日本語の「こ・ん・に・ち・は」のように、単音が強調されています。それもあって一音一音の意志が強いのが邦楽器の特徴なんです。特に尺八は同じ音程でもニュアンスや吹き方、指使いが違えば、それらは同じ音ではなく、違う音として認識するので、ものすごく繊細な表現が可能な楽器なんです。

Page 1
次へ

イベント情報

東京発・伝統WA感動『和の魅力発見シリーズ Traditional +(トラディショナルプラス)【vol.4】現代に生きる日本の伝統楽器』

2013年12月8日(日)OPEN 15:30 / START 16:00
会場:東京都 表参道 スパイラルホール(スパイラル3F)
出演:
藤原道山(尺八演奏家)
一ノ瀬響(作曲家)
小沼純一(ナビゲーター)
東京藝術大学音楽学部邦楽科 尺八専攻生有志(尺八アンサンブル)

[第一部]尺八の実演とレクチャー
『鶴の巣籠』
『寒月』(流祖中尾都山作曲)
『甲乙』(山本邦山作曲)
『空』(藤原道山作曲)
【第二部】トークと尺八のための委嘱新作発表
トーク:藤原道山×一ノ瀬響×小沼純一
一ノ瀬響作曲『ソロ尺八、尺八群、電子音のための委嘱新作(仮)』世界初演
※内容は変更になる場合があります
料金:一般1,000円 学生(高校生以下)500円
主催:東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京発・伝統WA感動実行委員会

プロフィール

藤原道山(ふじわら どうざん)

{尺八演奏家。10歳の頃から尺八を始め、人間国宝・山本邦山に師事し、道山の名を受ける。東京藝術大学大学院音楽研究家修了。1999年に東京紀尾井小ホールにて古典を中心とした『藤原道山尺八演奏曾』を開催し、2001年には『UTA』でCDデビュー。自身の活動と並行して映画やCM音楽への参加、舞台音楽を手掛けるなど、既成の尺八のイメージを変える自由な発想で、原点とオリジナリティを追求しながらも、ジャンルを超えた幅広い音楽活動を展開する。

一ノ瀬響(いちのせ きょう)

作曲家。1972年東京生まれ。東京藝術大学大学院音楽研究家修了。幼少期に聴いた武満徹より現代音楽に興味を持ち、その後は電子音楽へと傾倒。サンプリングやプログラミングを駆使した電子音楽作品をこれまでに4枚リリースしている。自身の活動以外にもCMや映画のサウンドトラック、インスタレーションのサウンドデザインまで多方面で活躍中。ノイズからメロディーまで数多くの音の重層を音楽へと昇華させたサウンドで、国内外から高い評価を得る。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い