特集 PR

違和感だらけの世の中をサバイブする、たむらぱんの自問自答

違和感だらけの世の中をサバイブする、たむらぱんの自問自答

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:西田香織
2013/12/10

たむらぱんこと田村歩美は、考える人だ。作品に取りかかるたびにいつも根源的なテーマと向き合い、脳内にあるイメージが膨らむにつれてサウンドの情報量もマキシマムになっていくという、いわばとてもアーティストらしい資質をもつ音楽家である。しかし、そんな彼女の6作目となるスタジオアルバム『love and pain』を聴くと、いつもと異なる様相が見てとれる。リリックと歌からはこれまでのように強いメッセージを放ちつつも、サウンドのテクスチャーはどこかすっきりと軽やかなのだ。その一方で、アートワークは彼女の頭上にたくさんのものがコラージュされて膨らんでいるというデザインで、これもまたなにか示唆的なものを感じさせる。では、この『love and pain』という作品において、今回の彼女はどんなテーマと向き合いながらサウンドメイキングに臨んだのだろう。本人の言葉から紐解いていってみよう。

常に考えを巡らせていたほうが、世の中が動いているのを感じられるような気がして。

―まずは前作『wordwide』について聞かせてください。あの作品を作っている時期のたむらぱんさんはどんなことに関心が向いていたんですか?

たむらぱん:これまでいろんな方に関わってもらって作品を形にしてきたんですけど、その中で気づいたことが1つあって。それは、私が音楽を作る上でなによりも大切にしているものは「言葉」なんだってことなんです。

たむらぱん
たむらぱん

―音よりも言葉、ということですか。

たむらぱん:そうですね。音のことだけを考えていてもなかなか曲のアレンジってできなくて、言葉がアレンジをひっぱっていくような感覚なんです。前作の『wordwide』というタイトルにはそれが表れていて、「言葉が音楽を広げていく」という意識で作ったアルバムでしたね。

―まずは歌にしたいことがあって、それにしたがってサウンドをデザインされているんですね。では、具体的にその頃のたむらぱんさんはどんなことを歌にしたいと思っていたんでしょうか?

たむらぱん:前作の場合は、ストーリーよりも言葉と音のバランスをメインに考えたかな。でも、いつも自分が作品で扱うテーマってけっこう普通のことなんです。その普通のことがアレンジによって面白くもなるし、悲しくもなる。前作までは、そういう音が持つ操作性みたいなところを意識していたと思います。

たむらぱん

―これまでいろんな方とコラボレーションされてきた中で、アレンジにおいてもきっと多くのことを学んできたのでは?

たむらぱん:間違いなくそうですね。単純に他の人がどうやって音を作るのかに興味があったし、やっぱり自分の世界だけで作っていくのもつまらないと思っていたので。でも、いろんな方とご一緒させてもらって、私は歌詞とメロディーにつながりを感じられないアレンジではだめなんだということに気がつきましたね。前作まではさまざまなアレンジを積み重ねていくような作り方だったので、今回の6枚目ではそれを削いでみようと思って。

―前作までに身につけたものを踏まえた上で、今度はそれを剥いでみようと。

たむらぱん:今まではどうしても足していく作業が多かったから、今度は自分に必要な部分だけを残した作品にできたらなって。つまり、自分の基盤になっているメロディーと歌詞をもっと強調させたかった。

―先ほど「作品で扱うテーマは普通のこと」だとおっしゃっていましたよね。そこで少し気になるのが、たむらぱんさんのアートワークやMVって、中にはけっこうグロテスクな描写もありますよね? そこはその「普通」とどうつながるのかなと思って。


たむらぱん:私、日常にはグロテスクなものが大前提として含まれてると考えているんですよ。それを楽しく見せるのが、音楽やエンターテイメントかなと思っていて。なにか作品が生まれるきっかけって、違和感や疑問、あるいはマイナスな感情みたいなものが多いんです。そういうものが当たり前にある中で、みんなが何事もなく生きていけるってどういうことなんだろう? そういうことを考えていくと、自然と作品につながっていくというか。

―なるほど。たむらぱんさんってきっとものすごく考える方なんだろうなと思っていて。歌詞の文字数も多いし、どこか自問自答を繰り返しているようにも読めますし。

たむらぱん:たしかに禅問答みたいな感じですよね(笑)。基本的にそういう作業を繰り返しているところはあると思う。それになにかの結論って、時期とタイミングによって違っていくものじゃないですか? だから、そうやって常に考えを巡らせていたほうが、世の中が動いているのを感じられるような気がしていて。

―でも、それをずっと続けるのって、しんどそうな気もしますね。

たむらぱん:しんどいし、少なくとも楽しいことではないですよね(笑)。でも、すごくわかりやすく言うと、私は童話とかが好きなんですよ。ノンフィクションがファンタジーの力で演出されて、あたかもフィクションみたいになっていく。そういうのがすごく面白いというか、その中にこそリアルが見つかると思える。

Page 1
次へ

イベント情報

『TAMURAPAN「love and pain」TOUR』

2014年2月12日(水)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:大阪府 心斎橋 BIGCAT

2014年2月13日(木)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:愛知県 名古屋 THE BOTTOM LINE

2014年2月21日(金)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京都 Zepp Tokyo

料金:前売5,000円 当日5,500円(共にドリンク別)

リリース情報

たむらぱん<br>
『love and pain』初回生産限定盤(CD+DVD)
たむらぱん
『love and pain』初回生産限定盤(CD+DVD)

2013年12月18日発売
価格:3,675円(税込)
COZP-822/823

[CD]
1. love and pain
2. くそったれ
3. music video life
4. 第2ステージ
5. 手が目が
6. ココ(album ver.)
7. 近くの愛情
8. only lonely road
9. こんなにたくさん
10. やってくる
[DVD]
・『TAMURAPAN ワンマンライブ全国ツアー』2012.11.30 @Shibuya-AX

たむらぱん<br>
『love and pain』通常盤(CD)
たむらぱん
『love and pain』通常盤(CD)

2013年12月18日発売
価格:2,940円(税込)
COCP-38339

1. love and pain
2. くそったれ
3. music video life
4. 第2ステージ
5. 手が目が
6. ココ(album ver.)
7. 近くの愛情
8. only lonely road
9. こんなにたくさん
10. やってくる

プロフィール

たむらぱん

田村歩美のソロプロジェクト。作詞・作曲・アレンジはもちろん、アートワークまで手掛けるマルチアーティストである。2007年からSNS“MySpace”において自ら楽曲プロモーションを開始し、4ヶ月で24万回のストリーミングを達成。それがきっかけとなり2008年4月23日にメジャーデビューアルバム「ブタベスト」をリリース、その後9枚のシングルと5枚のアルバムをリリースする。近年はDr.kyOn、HALFBY、Shing02、SNUFF、齋藤ネコなど様々なシーンで活躍するアーティストとのコラボレーションも実現させ、ジャンルの垣根を越えたたむらぱん流POPに磨きをかけている。またアーティストたむらぱんの活動と平行し、クリエイター田村歩美として様々なフィールドでの活動もめざましく、SHIBUYA PARCOでの絵の展示会、ロッテ「Fit's」をはじめとした数々のCMでの歌唱、そして『私立恵比寿中学』『豊崎愛生』『松平健』への楽曲提供など、多岐にわたる活動でその才能を発揮している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで