特集 PR

ヒップホップと落語とアートの交差点 加納俊輔インタビュー

ヒップホップと落語とアートの交差点 加納俊輔インタビュー

インタビュー・テキスト
島貫泰介
インタビュー撮影:佐々木鋼平

化粧品メーカーとして知られる資生堂は、アートとの関わりが特に深い企業だ。同社が発行する企業文化誌『花椿』では、ファッションとアートを架橋する試みが多く行われているし、遡れば初代社長の福原信三は、大正期の写真表現を支えた写真家でもあった。そんな資生堂が年に一度開催するのが公募展『shiseido art egg』である。毎回3名(組)の新進アーティストを選抜し、資生堂ギャラリーでそれぞれの個展を開催してきた同企画は、宮永愛子、曽谷朝絵ら現在第一線で活躍する表現者たちをバックアップしてきた。

8回目を迎えた今年選ばれたのは、加納俊輔、今井俊介、古橋まどかの3名。今回は先陣をきって1月10日より展覧会を行なっている加納にインタビューを行った。一見難解なコンセプチュアルアートを作るようにも見える加納俊輔。しかし話を聞いて出て来たのは、RHYMESTERの宇多丸や桂枝雀といった、異分野のアーティストへのシンパシー、コンセプチュアルでありながらも理論を越えた爆発力を目指したいという思いだった。

コンセプチュアルでありつつ、視覚的にも驚いたり楽しんでもらえるような爆発力を作品に込められたら、って思うんです。

―まずは、『第8回shiseido art egg』ご入選おめでとうございます。加納さんは若手作家ながら、すでに現代美術界での評価も高く、清水穣さん(美術批評家)などによって多くのレビューが書かれています。そこで今日は作品についてだけでなく、加納さん自身についても広くうかがえればと思います。

加納:ありがとうございます。よろしくお願いします。

―さっそく素朴な疑問なんですが、加納さんがアーティストになろうと決心したのはいつ頃だったんですか? アーティストになるって、けっこうリスキーな選択でもありますよね?

加納:アーティストというか、美大に行こうと決めたのが高校2年生のときで、周りに比べてだいぶ遅かったんです。美大って高校に入る前から目指している人もいるし、高校に入ったら美術予備校にも通い始めるというのが普通なんですよ。でも、僕はずーっとサッカーばかりやっていて、そろそろ進路を決めなきゃいけないという時期になって、「美大ってありかも?」と思い始めたんです。

加納俊輔
加納俊輔

―何かきっかけになることがあったんですか?

加納:バンド活動をやったり、音楽イベントを企画している友だちが周りに何人もいたんですよ。それをちょこちょこ観に行っていて、そこで配られているフライヤーのデザインとかが気になり出したのが最初でした。で、「グラフィックデザインも悪くないなあ」と。

―ということは、最初はデザイナー志望だったんですね。

加納:でも、美大受験の準備をずっとしてきたわけでもなく、その後もわりとふらふら遊んでいたので、気がついたら2浪もしてしまっていて(苦笑)。そこで緊急家族会議が開かれて「次が駄目だったら、もう働くしかないんじゃないか?」と言われて、さすがにちょっと焦って。

―親からプレッシャーをかけられて(笑)。

加納:といっても、普通の大学に行く気はさらさらなくて。それで、一念発起して京都嵯峨芸術大学の版画分野に入学したんです。版画は印刷術なので、グラフィックデザインとの親和性もあるかな、と考えて。

―じゃあ、そこからデザイナーへの道が始まった?

加納:いえ。実際に大学に入ってみたら、あくまでも美術作品としての版画を教える学科で、グラフィックデザインとはあまり関係がなかったんです。ちゃんと調べたら分かるだろう、って感じですけど(笑)。でも新鮮でした。1年目は版画を作らずに、造形訓練みたいなことをするんですね。紙をただ真っ黒にするとか、そういうのがけっこう楽しくて、次第にデザイナーになることが重要ではなくなっていきました。とはいえアートを真剣に考えるという感じでもなくて、「デザインorアート」という区分で考えずに、素直に面白いと思えるものをやっていきたいなと。

『加納俊輔展』展示風景 撮影:西田香織
『加納俊輔展』展示風景 撮影:西田香織

―素直に面白いと思われるもの……。でも、加納さんの作品は、難解って言われることもありませんか? 評価の高い最近のシリーズで、ベニヤ板で作った立方体の各面に、その立方体の表面を撮影した写真を貼付けて……っていう立体作品がありますよね。色づかいとかはポップだけど、初めて観た人は「?」ってなると思います。さらに難解な批評を書くというイメージの清水穣さんから評価されているというのもポイントで(笑)。「加納俊輔=よく分からん」っていうのも正直なところかもしれません。

加納:(笑)。でも、初期にマンガのコマをモチーフにした作品があるのですが、その作品は、観てくれた人を「驚かせたい!」という思いもあって作っていたんですよ。

『B&B_02』2008 lambda print 385×470mm
『B&B_02』2008 lambda print 385×470mm

―あ、以前ポートフォリオで拝見させていただいたことがあります。『ドラゴンボール』とか、マンガの1コマを引用して、フキダシとか集中線を実際の風景写真で再現しようとする作品ですね。たしかに驚きました。

加納:僕の作品は、コンセプチュアルな作品として見られることが多いのですが、それだけじゃなくて視覚的にも驚いたり楽しんでもらえるような爆発力を作品に込められたら、って思うんですよね。

Page 1
次へ

イベント情報

『第8回 shiseido art egg』

『加納俊輔展』
2014年1月10日(金)〜2月2日(日)
『今井俊介展』
2014年2月7日(金)〜3月2日(日)
『古橋まどか展
2014年3月7日(金)〜3月30日(日)

会場:東京都 銀座 資生堂ギャラリー
時間:火〜土曜11:00〜19:00、日曜・祝日11:00〜18:00
休館日:月曜(祝日が月曜にあたる場合も休館)
料金:無料

ギャラリートーク
2014年1月11日(土)14:00〜14:30
出演:加納俊輔
料金:無料(予約不要)

ギャラリートーク
2014年2月8日(土)14:00〜14:30
出演:今井俊介
料金:無料(予約不要)

ギャラリートーク
2014年3月8日(土)14:00〜14:30
出演:古橋まどか
料金:無料(予約不要)

プロフィール

加納俊輔(かのう しゅんすけ)

1983年大阪生まれ。2010年京都嵯峨芸術大学大学院芸術研究科修了。主なグループ展に、『加納俊輔・高橋耕平展「パズルと反芻」』(island MEDIUM、NADiff window gallery、実家|JIKKA)、『かげうつしー写映・遷移・伝染ー』(@KCUA)、『第15回岡本太郎現代芸術賞展』(川崎市岡本太郎美術館)等。現在、京都在住。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開