特集 PR

世の中を見返すための破天荒 ジャポニカソングサンバンチ

世の中を見返すための破天荒 ジャポニカソングサンバンチ

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:野村由芽

ラテンやサンバ、ファンクにジャズ、そして昭和歌謡。例えばガード下の居酒屋や、歓楽街のショーパブで聞こえてくるようなそれらの音楽は、人を楽しく酔わせてくれる賑やかさと同時に、辛いことや悲しいことも全て受け入れてくれる優しさや懐かしさが含まれている。

でぶコーネリアスの千秋藤田を中心に、スガナミユウ率いる音楽前夜社が脇を固める6人編成バンド、ジャポニカソングサンバンチ。彼らがセルフタイトルの1stアルバムで奏でているのは、サックスやスティールパンをフィーチャーしたエキゾチックで底抜けに明るいごった煮パーティーソング。けれどもその裏には深い悲しみや苦しみが内包されていて、だからこそ引き込まれずにはいられない。こんな、酸いも甘いも噛み分けたような楽曲を手がける、若きソングライター千秋藤田とはどんな人物なのだろうか。その甘いルックスとは裏腹の「雑草魂」を持つ彼と、音楽前夜社のスガナミに話を聞いた。

でぶコーネリアスが活動休止前に出した3rdアルバムが面白かったんですよ。もともとハードコアをやってたバンドなのに、ラテンの要素が入ってて。(スガナミ)

―そもそも、お二人が出会ったのっていつ頃ですか?

千秋:たぶん、僕が19歳の頃だから5、6年前ですかね。高校生の頃からGORO GOLO(スガナミのリーダーバンド)が好きで、彼らが活動休止していたときもずっと聴いてたんですよ。それで、GORO GOLOが再結成したときには自分もバンド(でぶコーネリアス)をやり始めてて、それでイベントに呼んでもらったりするようになったんです。スガナミさんが、音楽前夜社の主宰者だと知ったのもその頃ですね。

左から:スガナミユウ、千秋藤田
左から:スガナミユウ、千秋藤田

スガナミ:音楽前夜社っていうのは、みんなで集まって一緒に音楽を作るためのクルーなんですね。楽曲提供のオファーを受けることもあれば、誰かのサポートをやることもある。イベントを立ち上げたりもするし、いわゆる音楽周りのことを全部やる集団。会社というより、単に友だちが集まっているだけなんですけど(笑)。

―レーベルというわけでもなければ、全員がミュージシャンというわけでもないし、とても不思議な創作チームなんですよね。その音楽前夜社と、千秋さんとでジャポニカソングサンバンチを結成することになった経緯は?

千秋:でぶコーネリアス活動休止の後、僕はACC jr.というブギウギバンドをやってたんです。その頃には、今ジャポニカでやっている曲もできてたんですけど、「この曲は、ACC jr.ではできないな」と思うようになってきて。ACC jr.も面白いバンドだったんだけど、もっと違う形はないかなって考えてたんですよね。それでスガナミさんに「今、こういう曲をやってるんです」って音源を渡したら、すごく興味を持ってもらって、その後で自分のソロアルバムを出すときにバックで演奏してもらったんです。


スガナミ:でぶコーネリアスが活動休止前に出した3rdアルバムがあるんですけど、それが面白かったんですよ。もともとハードコアをやってたバンドなのに、ラテンの要素が入ってて。それで興味を持ったんです。

―千秋さんって、当時20歳にして3rdアルバムを作っていて、キャリアがスタートしたのが早いですよね。そもそも生まれがジャマイカということで、生い立ちもとても気になります。

千秋:母親が旅行好きで、よく海外へ行ってたらしくて。あるとき身ごもった状態で飛行機に乗って、ジャマイカに到着したらそこで僕が生まれたという(笑)。母の中では当時レゲエブームだったみたいで、僕が生まれる前は、全然知らない人と大阪へ行ってそこでレゲエのDJを捕まえて一緒にジャマイカへ行ったりもしてたみたいで。ウェイン・スミスという、ダンスホールレゲエの創始者みたいな人と知り合って、その人の家にお世話になったこともあるらしいです。

Page 1
次へ

リリース情報

ジャポニカソングサンバンチ<br>
『Japonica Song Sun Bunch』(CD)
ジャポニカソングサンバンチ
『Japonica Song Sun Bunch』(CD)

2014年5月2日(金)発売
価格:2,484円(税込)
P-VINE / PCD-93801

1. 新宿スリープウォーキン
2. かわいいベイビー
3. 踊り明かすよ
4. レコード
5. 飲み放題
6. 恋のから騒ぎ
7. 想い影
8. 愛を夢を
9. クライマックス
10. 天晴れいど

プロフィール

ジャポニカソングサンバンチ

千秋藤田(Vocal&Sax), きむらかずみ(Steel Pan), キムラヨシヒロ(Bass), しいねはるか(Piano&Keyboard)、太田忠志(Drum)、スガナミユウ(Direction&Guitar)。スティールパン、サックス、鍵盤、ベース、ギター、ドラムに乗せて歌われる耳馴染みよく、口ずさみやすいメロディー。ジャマイカ生まれ、友人ミュージシャンたちのアートワークも多数手がける千秋藤田の発起するアイデアを元に、バンド活動をはじめ、舞台演奏やファッションブランドのイメージソング等も手がける音楽制作集団、音楽前夜社の面々がバックバンドを務める話題のプロジェクト。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 忘却の時代に生まれた明暗。『スター・ウォーズ』と『この世界の片隅に』 1

    忘却の時代に生まれた明暗。『スター・ウォーズ』と『この世界の片隅に』

  2. 『PEANUTS』生誕70周年記念、郵便局限定『スヌーピー』グッズ&切手セット 2

    『PEANUTS』生誕70周年記念、郵便局限定『スヌーピー』グッズ&切手セット

  3. 森七菜インタビュー 巨匠たちを惹きつける純粋さ、聡明さ、心の穴 3

    森七菜インタビュー 巨匠たちを惹きつける純粋さ、聡明さ、心の穴

  4. 中山美穂が新境地 『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』第2話紹介 4

    中山美穂が新境地 『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』第2話紹介

  5. Chara+YUKIのミニAL『echo』に大沢伸一、Seiho、mabanua、TENDREらコメント 5

    Chara+YUKIのミニAL『echo』に大沢伸一、Seiho、mabanua、TENDREらコメント

  6. 『クロちゃんのモンスターパーク』池袋PARCOで開催、「体毛研究室」初登場 6

    『クロちゃんのモンスターパーク』池袋PARCOで開催、「体毛研究室」初登場

  7. Awesome City Clubが語る、脱退・移籍をバネに大脱皮&飛翔 7

    Awesome City Clubが語る、脱退・移籍をバネに大脱皮&飛翔

  8. 『たなかみさき個展 あ~ん スケベスケベスケベ!!』熊本、広島、渋谷で開催 8

    『たなかみさき個展 あ~ん スケベスケベスケベ!!』熊本、広島、渋谷で開催

  9. 波瑠と成田凌が制服姿 遊川和彦監督『弥生、三月』予告編&ポスター 9

    波瑠と成田凌が制服姿 遊川和彦監督『弥生、三月』予告編&ポスター

  10. 菊池亜希子が渋谷PARCOでお買い物。買う事は、作り手を支える事 10

    菊池亜希子が渋谷PARCOでお買い物。買う事は、作り手を支える事