特集 PR

魔女から少女へ変身したかと思いきや 吉澤嘉代子インタビュー

魔女から少女へ変身したかと思いきや 吉澤嘉代子インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人
2014/05/22

「変わってしまった」って言われることに関しては、気にしないって決めたんです。

―さっきの「悪いこだわり」って、もう少し詳しく言うとどんなことですか?

吉澤:「この曲をリード曲にしたい」とかっていうのが、自分の中ですごく固まっちゃって、自分の作品だからみんなそうかもしれないですけど、せっかく作った曲なので、それが一番活きるようにしたいっていうのがあるんです。私は売り出す側のプロフェッショナルではないので、意見が食い違うこともあるんですけど、そのときに「自分はわかっていないから」って尻込みしちゃうと後悔するので、それが通らなかったとしても、とにかく言っていこうと思ってます。

―大事なことですよね。今回“美少女”がリードトラックになったことは、間違いなく正解だと思います。あとは、明確な夢を設定するっていうのもいいかもしれないですよね。「名曲を残す」という夢とは別に、「メジャーデビュー」みたいな、結果としてはっきり表れるものを。

吉澤:あります。サンボマスターと野音でツーマンしたい(笑)。

―それがあったか(笑)。

吉澤:今回の作品が世に出てどうなるか? っていうシミュレーションも自分の中ではしてるんですけど、でもホントにそうなるかは全然想像ができなくて、悪い想像はいくらでも思いついちゃうんですよ。

―「吉澤嘉代子はアイドルになっちゃった」みたいなこと?

吉澤:っていうか、作品が世の中にかすりもしないとか(笑)。アイドルと比較されるのが嫌なのは、アイドルの方に失礼だと思ってるからで。アイドルの方のライブを目の当たりにするとホントにすごい迫力で、全然畑が違うなって思うので。

―だから「アイドル」っていう言葉には敏感になってしまう部分があったと。

吉澤:「変わってしまった」って言われることには、気にしないって決めたんです。昔ストリートライブをやってた頃を知ってる人に、デビューする2年ぐらい前のライブで、「汚い恰好でストリートライブをしている姿が魅力的だったのに、今はきれいな衣装を着て吉澤嘉代子は変わってしまった」って言われて。「まだデビューもしてないのにこういうこと言われるんだ」って思って、そこからはもう全然気にしてないです(笑)。

吉澤嘉代子

「恋」っていうワードを入れると、ラブソング仕立てになるので、ラブソングのふりをした人間の歌を作りたいと思ったんです。

―今作はラブリーポップスがテーマになっていますが、“美少女”に関するセルフライナーノーツで、「夢中になれるものに出逢いたい。歌をつくる前のわたし。」とあるように、曲にはいろんな意味が込められていますよね。この曲の<恋がしたい>という言葉はどういう意味で使っているのか、あらためて話していただけますか?

吉澤:「恋」っていうワードを入れるとラブソング仕立てになるので、ラブソングのふりをした人間の歌を作りたいと思ったんです。「恋がしたい」っていうのは恋愛だけじゃなくて、お仕事でも趣味でもなにか夢中になれるもの、「これまでの自分はこれと出会うために生きてきたんだ」って思えるぐらい、夢中になれるものを見つけたいっていう意味を込めました。そういうふうに裏の意味を持って歌うことが結構あって……自己満足なんですけどね(笑)。

吉澤嘉代子

―いやいや(笑)、聴き手にとっていろんな捉え方ができるっていうのは重要なことですよね。

吉澤:はい、私は“美少女”を歌うといつも泣きそうになるんです。

―以前の取材で「曲を作るときはいつも泣きながら作ってる」っていう話があったと思うんですけど、最近はどうですか?

吉澤:最近は全然泣かなくなりました。

―それって、どういう変化だと思いますか?

吉澤:なんですかね……これまではやっぱり、自分のコンプレックスとかを、直接ではなくとも吐き出すような感じで曲を作っていたと思うんですけど、そういう曲を今はあんまり作れていないのかもしれないですね。でも、去年“23才”っていう、「これは自分自身の曲です」っていうのを初めて作って、それはボロボロに泣きながら書いていたんで、やっぱり自分自身のことを織り交ぜようとすると、泣いちゃうのかもしれないですね。

―コンセプト仕立てで作品を作りつつも、そうやって時には自分のモヤモヤを曲にぶつけて、バランスを取りながら活動して行ければいいですよね。最後に、6月のリリースパーティーについて聞かせてください。去年のワンマンショウはかなり作り込んだという話でしたが、今回もいろいろ考えているんですか?

吉澤:去年は「ワンマンショウ」と名付けたので、ショウとして観せたいと思って、できることをやったんですけど、今回はリリースパーティーなので、去年できなかったみんなとの一体感っていうか、お客さんが楽しめるものをやりたいと思っています。「吉澤嘉代子っていつもなにかやるよね」と言ってもらいたいので、いろいろ考えてはいるんですけど、まずはみんなで盛り上がれる、楽しいライブになったらなって思っています。

Page 3
前へ

イベント情報

吉澤嘉代子『変身少女』発売記念CD購入者イベント
ミニライブ&サイン会

2014年5月24日(土)13:00~(受付開始・集合12:30)
会場:大阪府 あべの Hoop 1F オ-プンエアプラザ(イベントスペース)

2014年5月24日(土)夕方予定
会場:大阪府 京橋ダイエーイベントスペース

2014年5月25日(日)昼予定
会場:兵庫県 タワーレコード神戸店

2014年5月25日(日)17:00~(受付開始・集合16:30)
会場:京都府 タワーレコード京都店

2014年5月31日(土)13:00~(受付開始・集合12:30)
会場:福岡県 タワーレコード福岡店
※ミニ・ライブは観覧フリー、イベント参加券は福岡市内「よか音」協賛14店舗でご購入者に先着で配布

2014年5月31日(土)17:30~(受付開始・集合17:00)
会場:広島県 HMV広島本通店

2014年6月1日(日)12:00~
会場:東京都 タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース

ディスクユニオン全店対象購入者イベント
2014年6月1日(日)19:00~(受付・集合18:45)
会場:東京都 dues新宿
※クローズドスペースにつき、ミニライブ&サイン会ともにイベント参加券をお持ちのお客様のみ参加可能

『吉澤嘉代子デビューAL「変身少女」リリースパーティー ~嘉代子、メタモルフォーゼ!~』

2014年6月15日(日)OPEN 17:15 / START 18:00
会場:東京都 渋谷duo MUSIC EXCHANGE
出演:吉澤嘉代子
料金:前売3,000円 当日3,500円(共にドリンク別)

プロフィール

吉澤嘉代子(よしざわ かよこ)

1990年埼玉県川口市生まれ。鋳物工場街育ち。父の影響で井上陽水を聴いて育ち、16歳から作詞作曲を始める。2010年11月、ヤマハ主催のコンテスト『The 4th Music Revolution JAPAN FINAL』に出場し、グランプリとオーディエンス賞をダブル受賞。2013年インディーズから1st mini Album『魔女図鑑』リリース。2014年5月14日、『変身少女』でメジャーデビュー。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 1

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  2. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 2

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  3. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 3

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  4. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 4

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  5. 大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性 5

    大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性

  6. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 6

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  7. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 7

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  8. 『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕 8

    『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕

  9. 三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義 9

    三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義

  10. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 10

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演