特集 PR

伝説の現場はこうやって生まれる たむらまさき×染谷将太対談

伝説の現場はこうやって生まれる たむらまさき×染谷将太対談

インタビュー・テキスト
小林英治
撮影:西田香織

75歳の新人監督。といっても、映画好きならたむらまさき(2002年以前は田村正毅名義)の名前を知らぬ者はいないだろう。1970年代からドキュメンタリー映画の巨匠・小川紳介の『三里塚』シリーズを始め、相米慎二、伊丹十三、石井聰亙、青山真治、河瀬直美……といった各世代の監督の作品で「キャメラマン」を務め、国際映画祭の受賞作品にも数多く参加。まさに、40年以上にわたって日本映画を支え続けてきた人物のひとりだ。そんなたむらが、芥川賞作家・伊藤たかみの小説を原作に、染谷将太と黒川芽以を主演に迎えて監督兼キャメラマンとして撮った初めての長編映画が、『ドライブイン蒲生』だ。その画面は、今まで彼が関わってきた映画とは異なる、ある「曖昧さ=自由」に満ちている。自ら監督することはこれまでと何が違ったのか? そして彼は何を撮ろうとしたのか。その稀有な現場に立ち会った染谷将太を交えて、監督たむらまさきの演出と撮影の秘密に迫った。

たむらさんは「みんなで楽しみましょうよ」「そのままやってくれればいいから」っておっしゃってくれて、ああ素敵だなあって。(染谷)

―今回たむらさんが75歳を迎えて、初めてご自身で監督しようと思われたきっかけは何だったんでしょうか?

たむら:越川道夫(本作の企画・プロデュース)にだいぶ前から「監督をやってみないか」と言われていて、ほとんど何も考えずに「うん、やってみても面白いね」って承知しちゃっていたわけです。そしたらホントに撮らざるを得ない状況になって、撮影の直前に染谷くんと黒川(芽以)さんの二人を紹介されたんです。

『ドライブイン蒲生』 ©2014 伊藤たかみ/キングレコード株式会社
『ドライブイン蒲生』 ©2014 伊藤たかみ/キングレコード株式会社

―染谷さんがたむらさんの存在を最初に知ったのはいつごろですか?

染谷:高校生のころだと思います。知り合いでたむらさんとお仕事したことある人がけっこういて、その人から話を聞いたのが最初ですかね。もちろんたむらさんが撮った作品も見ていたし、数々の伝説も伝え聞いていて、魅力的な方がいるなと思って。

―たむらさんが染谷さんに最初に会ったときの印象はいかがですか?

たむら:素敵だったなぁ。会ってすぐはとりとめのない話しかできませんでしたけどね。今回は監督も撮影も自分でやったんですけど、最初に会ったときは染谷くんのことをキャメラマンとして見てたんじゃないかな。それはどう撮ろうとかこのアングルがいいとかじゃなくてさ、染谷くんが「トシ」という役として、何の違和感もなく受け入れられた。それで「撮れるな」って思ったんです。そこからだんだん「撮ってみたいな」になってきて、「ああ、いいな」って感じになったんですよね。

染谷:初めのころに、たむらさんは「みんなで楽しみましょうよ」「そのままやってくれればいいから」っておっしゃってくれて、ああ素敵だなあって。それで実際、すごく楽しめたので。

左から:染谷将太、たむらまさき
左から:染谷将太、たむらまさき

―原作は伊藤たかみさんの同名小説ですが、もともと撮りたいテーマと合致した作品だったのでしょうか?

たむら:先ほど話した越川が原作も選びましたが、僕の撮りたいテーマはすべて脚本の中にあります。というのも、シナリオも役者と同じで、違和感なくすっと入ってこないと撮れないんですよね。脚本も何稿か重ねるんですけど、あるとき「あ、これはこのまま撮れるな」というものに至ると、完成なんです。そこにはもう、撮りたいテーマも何もかもあるわけですから。

Page 1
次へ

作品情報

『ドライブイン蒲生』

2014年8月2日(土)からシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
監督・撮影:たむらまさき
脚本:大石三知子
原作:伊藤たかみ『ドライブイン蒲生』(河出書房新社)
音楽:ヤマジカズヒデ
出演:
染谷将太
黒川芽以
永瀬正敏
小林ユウキチ
猫田直
平澤宏々路
吉岡睦雄
黒田大輔
配給:コピアポア・フィルム

プロフィール

たむらまさき

1939年1月26日生まれ、青森県出身。1959年から2年間、人形映画製作所で人形アニメーションの撮影に携わった後、岩波映画製作所と契約。1970年、小川紳介監督『日本解放戦線 三里塚』でキャメラマンデビュー。以降、1987年頃まで小川プロのドキュメンタリー作品と劇映画を並行して手がける。1982年、柳町光男監督『さらば愛しき大地』で毎日映画コンクール撮影賞を受賞。1990年代半ばより、青山真治監督をはじめとする新進監督と組み、日本のインディペンデント映画の支柱的存在となる。1997年、河瀬直美監督『萌の朱雀』と諏訪敦彦監督『2/デュオ』で毎日映画コンクール撮影賞受賞。2002年、名前を「田村正毅」から「たむらまさき」に変更。2008年、文化庁芸術選奨映画部門文部科学大臣賞受賞。

染谷将太(そめたに しょうた)
1992年9月3日生まれ、東京都出身。9歳の時に『STACY』(01/友松直之監督)で映画デビュー。『パンドラの匣』(09/冨永昌敬監督)で長編映画初主演。以降、日本映画の新世代を代表する俳優として活躍し、2012年『ヒミズ』(園子温監督)で第68回ヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞、『ヒミズ』と『悪の教典』(三池崇史監督)で第36回日本アカデミー賞新人俳優賞、2013年にエランドール賞新人賞を受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと