特集 PR

YankaNoi(ユミコ×トクマルシューゴ×岸田佳也)鼎談

YankaNoi(ユミコ×トクマルシューゴ×岸田佳也)鼎談

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:矢島由佳子
2014/09/01

トクマルシューゴをはじめ、数々のアーティストをサポートしてきたマルチプレイヤーのユミコが、ついに自ら牽引する新バンドYankaNoi(ヤンカノイ)を始動させた。サポートやソロワークをこなす一方、かねてからこのバンドの結成にむけて構想を重ねてきたという彼女は、トクマルシューゴバンドで活動を共にしてきたトクマル、田中馨(ショピン、ex.SAKEROCK)、岸田佳也の三人をメンバーに迎えることで、念願かなって理想的なバンド形態を手に入れたようだ。

トランペットや、アコーディオンなどいくつものアコースティック楽器を駆使したジプシー音楽的なアンサンブル、そしてユミコのウィスパーボイスによる多重コーラスと日本語詞が穏やかながらも不思議な異国感を匂わせる、YankaNoiのファーストアルバム『Neuma』。聞けばこの作品にはユミコが世界中をまわる中で見た光景、あるいはそこで得た体験が大いに反映されているのだという。では、彼女たちはどのようなイメージからこの摩訶不思議なトラッドフォークサウンドをカタチにしたのだろうか。そこで今回はユミコ、そしてトクマルと岸田の三者に話をうかがいながら、YankaNoiについてはもちろん、この機会にユミコという音楽家のキャラクターにも迫ってみたいと思う。

この7年間くらい、トクマルシューゴバンドのみんなと一緒にやってきた中で、自分のバンドも一緒にやってみたいなと思って。(ユミコ)

―今から3年ほど前まで、ユミコさんはméso mésoというソロ名義でも活動されていましたよね。そちらの活動に一区切りを入れた理由をまずは教えていただきたくて。

ユミコ(Vo):そもそも、私はバンドがやりたくて、そのメンバーを募集するためにデモテープを作っていたんですけど、その音源をMyspaceにアップしたら、Lacies' Recordsというイギリスのレーベルが声をかけてくれて。そういう流れでいつの間にかソロでやることになって、幸運にもそれを手助けしてくれる人たちがたくさんいてくれて活動していたのですが、ソロとしての活動を続けていくと、いつまでもバンドを始めるきっかけがないなとも思っていて。

―méso mésoをスタートさせた当時から、ユミコさんがやりたかったのはあくまでもバンドだったんですね。

ユミコ:そうなんです。この7年間くらい、トクマルシューゴバンドのみんなと一緒に演奏してきて、自分のバンドも一緒にやってみたいなと思って。あと、私はソロで曲を作り始めた当時はまったく楽器が弾けなかったんですよ。

―今はあんなにたくさんの楽器を演奏されてるのに?

ユミコ:まったくできませんでした(笑)。だから、méso mésoではまずは声を多重録音することから始めてみたんですけど、その頃は録音のやり方を教えてくれる人もまわりにいなかったから、パソコンの容量が足りなくなった時点でどうしたらいいかわからず、作業が止まっちゃって(笑)。曲作り自体が初めてだったから、曲というのはどうやって作るのかを研究しているような感じでした。

左から:岸田佳也、ユミコ、トクマルシューゴ
左から:岸田佳也、ユミコ、トクマルシューゴ

―méso mésoとしてリリースした2枚のアルバムは、曲作りを覚えていく過程で出されたものだと。

ユミコ:しかも、ちょうどméso mésoを始めた頃にトクマルさんのバンドに加わったから、イトケンさんとかに「録音にはコンデンサーマイクっていうものを使うんだよ」みたいなことをたくさん教えてもらって。録音作業をいろいろやってみること自体も楽しかったんだと思います。

―先ほど、méso mésoをスタートさせた当時は楽器がまったく弾けなかったとおっしゃってましたけど、そこからユミコさんはどうやって演奏技術を身につけていったんですか?

ユミコ:もともと私はキッシーさん(岸田)と一緒にバンドをやっていて、ボーカルだったんです。そのときはメンバーがたくさんいたので、私がやらなくても楽器を弾ける人は十分に足りていたというか(笑)。

岸田(Dr):そのバンドは、たとえばサックスを買った友達がいたら「じゃあ、それ吹いてよ」って呼び入れたりしてたんです。で、あるとき彼女がアコーディオンを買ったというから、「じゃあ、それも弾いてみて」みたいな感じで。

岸田佳也

ユミコ:アコーディオンなら歌いながら弾けるなと思って、とりあえず買ってみたんです。一度そのアコーディオンをライブに持っていったら、ちょうどそのときのライブをトクマルさんが観てくれていて。それで「『L.S.T.』(トクマルのセカンドアルバム。2005年リリース)のレコ発で演奏に参加してくれるメンバーを探しているんだけど、弾けますか?」と訊かれて、その時点でまだ全然弾けなかったんですけど、勢いで「弾けます!」と返事しちゃったんです。そうしたら大量の音源と譜面が送られてきちゃって、これはまずいことになったなと(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『YankaNoi 1st Album「Neuma」Release Tour』

2014年9月14日(日)OPEN 16:00 / START 16:30
会場:愛知県 名古屋テレビ塔
出演:
YankaNoi
LAKE
小鳥美術館 -band set-
料金:前売2,800円
※展望台入場料500円が必要/p>

2014年9月15日(月・祝)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:京都府 UrBANGUILD
出演:
YankaNoi
ゑでぃまぁこん
キツネの嫁入り
DJおやきボーイズ(田中馨&トクマルシューゴ)
料金:前売2,500円(ドリンク別)

2014年9月26日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 吉祥寺 STAR PINE'S CAFE
出演:
YankaNoi
森は生きている
おれ、夕子。(T.V.not january)
料金:前売2,500円(ドリンク別)

リリース情報

YankaNoi<br>
『Neuma』(CD)
YankaNoi
『Neuma』(CD)

2014年9月3日(水)発売
価格:2,592円(税込)
PCD-24362

1. ちぎれた海
2. ヒバリ
3. 真夏の陽炎
4. 光の中
5. ひこうき雲
6. 凍原の裏
7. そら
8. 山の向こう
9. ネウマ
10. 対岸の君
11. 白い遠円

CINRA.STOREで取扱中の商品

YankaNoi<br>
iPhone5/5Sケース「みつめるねこたち」
YankaNoi
iPhone5/5Sケース「みつめるねこたち」

価格:3,780円(税込)
トクマルシューゴバンドなどで活躍するユミコが率いる新バンドのグッズ登場!

YankaNoi<br>
iPhone5/5Sケース「がっきねこ」
YankaNoi
iPhone5/5Sケース「がっきねこ」

価格:3,780円(税込)
トクマルシューゴバンドなどで活躍するユミコが率いる新バンドのグッズ登場!

プロフィール

YankaNoi(やんかのい)

2013年、トクマルシューゴバンドで10種類以上の楽器を操るマルチプレイヤーとして活躍するユミコが中心となり結成。ボーカルのユミコがすべての楽曲の作詞・作曲を担当し、ギターとピアノ、そしてエンジニアとしてトクマルシューゴ、コントラバスに田中馨、ドラムに岸田佳也が加わり、その4人が中心となってアレンジを加え、ロマ(ジプシー)のような雄大さと完成度の高い楽曲が生み出される。ユミコ自身は、様々なアーティスト(トクマルシューゴ、SiN、Gutevolk、良原リエ、クランペチーノテツンポなど)のサポート活動をしてきた傍ら、ソロプロジェクトméso mésoとして2枚のアルバムをリリース後、活動休止。5年の構想を経て、YankaNoiを結成し、ファーストアルバム『Neuma』を作り上げた。ライブメンバーには、松本野々歩(ショピン)、三浦千明(蓮沼執太フィル)の2人を加えた6人編成バンドで再現される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 1

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  2. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 2

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  3. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 3

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  4. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 4

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  5. 大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性 5

    大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性

  6. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 6

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  7. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 7

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  8. 『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕 8

    『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕

  9. 三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義 9

    三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義

  10. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 10

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演