特集 PR

岩井俊二が運命的に結成した音楽集団 ヘクとパスカルインタビュー

岩井俊二が運命的に結成した音楽集団 ヘクとパスカルインタビュー

インタビュー・テキスト
ヤマザキムツミ
撮影:永峰拓也
2014/10/08
  • 0
  • 458

今年1月にテレビ東京系で放送されたテレビドラマ『なぞの転校生』の挿入歌として、デビュー曲“風が吹いてる”が使用され、突如その才能の片鱗を見せた音楽ユニット「ヘクとパスカル」。メンバーは、映画監督としてはもちろん、音楽家としてもその才能を遺憾なく発揮する岩井俊二を筆頭に、テレビドラマ・映画・CM・舞台と多方面で活躍を広げる作曲家の桑原まこ、山下敦弘監督の『エアーズロック』で女優デビュー、自身もシンガーソングライターとして音楽活動を続ける椎名琴音の三人。

そして、先日ウェブサイトで公開されて話題を呼んだ、岩井俊二初監督アニメーション作品『TOWN WORKERS』の主題歌として書き下ろされたのが、ヘクとパスカルのセカンドシングル“ぼくら”だ。今回、その制作経緯を含めて、これまであまり明らかにされてこなかった「ヘクとパスカル」の結成秘話、メンバーそれぞれの音楽観や今後の展望など、その詳細に迫る初めての全メンバーインタビューが実現。大物映画監督が結成した音楽ユニットということで、少し緊張感を持ってのぞんだ三人との対話は、思いのほか非常にリラックスした雰囲気で行なわれた。

岩井さんから、夜中に「すごくいい声の子がいるんだ!」って、音源と一緒にメールが送られてきたことがあって。でも、(椎名)琴音ちゃんのことはすでに知っていたんですよ。(桑原)

―岩井さんを筆頭に、ものすごくバラエティーに富んだメンバーが集まったユニットだと思うのですが、三人の出会いから教えていただけますか。

岩井:(桑原)まこちゃんとは2、3年前だったかな。知り合いを通じて紹介してもらって、コンサートの仕事を一緒にしたのがきっかけですね。その後も、長澤雅彦監督の映画『遠くでずっとそばにいる』で、僕が音楽を担当したときに、曲のアレンジをお願いしたりもしました。それがヘクとパスカルの始まりだったんです。

岩井俊二
岩井俊二

椎名:しかも、その『遠くでずっとそばにいる』の打ち上げで、私とまこちゃんが知り合ったんだよね。

桑原:そうそう。岩井さんって、夜中に突然メールが来ることが多いんですけど(笑)、その頃に「すごくいい声の子がいるんだ!」って、音源と一緒にメールが送られてきたことがあって。でも(椎名)琴音ちゃんのことはすでに知っていたんですよね。

岩井:琴音ちゃんは昨年、テレビ番組用に作った映像のエキストラに来てくれて。自分が出演したドラマのDVDを持ってきてくれたり、交流しているうちに歌っていることを知って、聴かせてもらったら曲も声もすごく良くて、「一緒にやろうよ!」って誘ったんです。

―その後、長澤監督のCMのために書き下ろされた“風が吹いてる”が、ヘクとパスカルのデビューシングルになりました。

岩井:そうそう、彼はなぜか僕に音楽の発注をしてくれるんだよね。

桑原:Wikipediaに「音楽家」って書いてあるからいいんですよ(笑)。


岩井:最初はインストで、と思っていたんだけど、映像を見せてもらったら、これは詞があったほうがいいなと思って。年老いた夫婦が、あらためてもう1度結婚式をやろうっていう内容だったんですけど。それで、まこちゃんに声をかけて、ヘクとパスカルでやろうとなったんです。

―“風が吹いてる”は、曲も詞も岩井さんが担当されていて、その制作途中から椎名さんが加入されたそうですね。曲を書かれているときから、椎名さんの歌でと決めていたんですか?

岩井:そうですね。

桑原:そのレコーディングの日に琴音ちゃんが入った感じでしたよね。レコーディングの前も三人では1回しか会ってないし。

桑原まこ
桑原まこ

―椎名さんはいかがでしたか?

椎名:すぐにレコーディングだったので、「嬉しい!」というよりも「やらなきゃ!」って気持ちのほうが強くて、ずっと一人で練習していました。

岩井:メロディーがずっと同じだし、難しい曲なんだよね。

椎名:耳で聴いているよりも、10倍くらいテンポが遅いんですよ。ブレスを入れるタイミングが難しくて、本当に体力を使う歌だったんです(笑)。

岩井:考えずに作っているから、歌ってもらったらけっこう大変だった(笑)。一見簡単そうな曲なんだけどね。

椎名:それまで、自分で曲を作ったりしていたんですけど、誰かが作った曲を歌うのはほとんど初めてで、そこにも苦戦しましたね。

たまたま『リリイ・シュシュのすべて』の小説に出てくるネット世界の住人で「パスカル」っていうのがいて、じつは匿名だけど僕という設定だったんです。(岩井)

―「ヘクとパスカル」というユニット名には、不思議な印象がありますね。

岩井:『遠くでずっとそばにいる』の音楽を作ったときに、Twitterでユニット名を一般公募したんですけど、脚本家の北川悦吏子さんが「ヘクトパスカルってどう?」ってリプライをくれて。そのときは天気予報で使われる「ヘクトパスカル」の意味だったんですけど、たまたま『リリイ・シュシュのすべて』の小説に出てくるネット世界の住人で「パスカル」っていうのがいて、じつは匿名だけど僕という設定だったんですよね。プロフィールを見ると、映画を撮ったりしていて。

一同:(笑)。

岩井:『遠くでずっとそばにいる』のときは二人だったので、「僕がパスカルで、まこちゃんがヘクだね」って。それで「ヘクとパスカル」。

椎名:でも、急遽そこに私が入っちゃったんで、じゃあ琴音ちゃんは「と」だねって言われて。「と」はヤダと思って……。

椎名琴音
椎名琴音

桑原:結局「ヘク」を私と分担することになったんですけど(笑)。でも、初めて三人でやった“風が吹いてる”のレコーディングがすごく幸せな空気で、駅までの帰り道で盛り上がりながら「これからも頑張ろう!」って雰囲気で終わって。

岩井:決起集会じゃないけど、すごく盛り上がって「じゃあまた!」って。

桑原:「帰るんかい!」ってね(笑)。そこから飲みには行かないっていう。

―その後の活動についても話が出たりしたんですか?

椎名:岩井さんが「次はラップしよう」って言ってましたよね(笑)。半分冗談だと思うんですけど、そのくらい次のことをちゃんと決めてなくって。

桑原:岩井さんとのお仕事って、時がくれば自然にやってくると思っているので、その後も特に不安もなく待っていられました。そのときが来たら、また集まるんだろうなあって思っていましたね。

Page 1
次へ

リリース情報

ヘクとパスカル<br>
『ぼくら』
ヘクとパスカル
『ぼくら』
2014年9月24日(水)からiTunes Store、Amazonほか、各音楽配信サイトにて限定配信中 SPACE SHOWER MUSIC

作品情報

『TOWN WORKERS』

2014年9月18日(木)から特設サイトで公開中
監督・脚本:岩井俊二
エンディングテーマ:ヘクとパスカル“ぼくら”

プロフィール

ヘクとパスカル

岩井俊二(映像監督 / 作家)、桑原まこ(作曲家 / ピアニスト)、椎名琴音(女優 / シンガーソングライター)の三人による音楽ユニット。2013年、長澤雅彦監督の映画『遠くでずっとそばにいる』の音楽制作を機に、岩井と桑原で結成。その後、椎名琴音が加入し、デビューシングル『風が吹いてる』が、テレビドラマ『なぞの転校生』の挿入歌として話題となり、注目を集めたほか、先日公開された岩井俊二初アニメーション監督作品『TOWN WORKERS』では、エンディング曲に、2ndシングル『ぼくら』が使用された。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nova Heart“My Song 9”

盛り上がりを見せる中国ミレニアル世代のなかでも要注目のバンド、Nova Heartの“My Song 9”MV。今週末開催の、中国ユースカルチャーを代表する実力派ミュージシャンが出演するイベント『秋音之夜』にも登場する彼女たちが、日本の夜にどんな姿を見せてくれるか楽しみだ。中国ミレニアルズの勢いは止まらない。(川浦)

  1. 『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら 1

    『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら

  2. 菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ 2

    菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ

  3. 長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル 3

    長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル

  4. 西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに 4

    西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに

  5. のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア 5

    のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア

  6. カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤 6

    カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤

  7. 最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る 7

    最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る

  8. 吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号 8

    吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号

  9. ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点 9

    ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点

  10. 『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真 10

    『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真