特集 PR

韓国のアートを活性化させ、政府も支援する「多元芸術」とは?

韓国のアートを活性化させ、政府も支援する「多元芸術」とは?

インタビュー・テキスト
萩原雄太
撮影:永峰拓也

11月1日より開催される日本最大の舞台芸術フェス『フェスティバル/トーキョー14』(以下『F/T14』)では、「アジアシリーズ」という新たなプログラムが加わり、第1回目となる今年は「韓国特集 多元芸術」として、最近少しずつ日本でも耳にするようになった「多元(ダウォン)芸術」の3作品が紹介される。

「美術」「演劇」「ダンス」「映画」など、既存の芸術ジャンルを越境するようなアーティストや作品を、政府がバックアップしていくために作られたという「多元芸術」というカテゴリー。今回『F/T14』で紹介される3作品の内、演出家ソ・ヒョンソクが上演するプログラムが、品川区某所で行われる『From the Sea』というツアーパフォーマンスだ。「1人の観客と俳優がペアを組んで街を歩く」という型破りな作品を通じて彼が訴えたいことは、「演劇とは何か?」という根源的な問い。演劇の枠を組み替えたこの作品によって、観客はこれまで体験したことないアートに触れることができるだろう。

このインタビューでは日本と韓国の違いから、「多元芸術」が韓国のアートシーンに与えた影響、ソ・ヒョンソクを突き動かすクリエイティビティー、そして『F/T14』での上演が迫る『From the Sea』の内容についてうかがった。取材全体を通して個人的に感じたのは、「近くて遠い隣国」と言われる日本と韓国だが、やはりどうしてもゆるく繋がってしまう、そんな何とも言えない親しみのある絶妙な距離感だった。

韓国で暮らしていても、メディアを通じて悪い雰囲気が煽り立てられているのを体感します。ただ一方で、この約10年で日本文化の紹介も多くなり、日本に対する理解は広く深くなったようにも感じています。

―今年の『フェスティバル/トーキョー14』(以下『F/T14』)では、「アジアシリーズvol.1 韓国特集 多元(ダウォン)芸術」として、ソ・ヒョンソクさんの『From the Sea』のほか、イム・ジエによるダンスパフォーマンス『1分の中の10年』、新鋭集団クリエイティブ・ヴァキの主宰、イ・キョンソンによる作品『いくつかの方式の会話』が上演されます。最近、日韓両国の関係について、メディアを通して、あまりいい話を聞くことがないのが残念に思うのですが……。

ヒョンソク:そうですね。韓国で暮らしていても、メディアを通じて悪い雰囲気が煽り立てられているのを体感します。ただ、その一方、この10年くらいの間に日本文化の紹介も多くなったので、日本に対する理解は広く深くなったようにも感じられます。特に2年ほど前から両国間の雰囲気が悪くなったことは事実ですが、同じくらいの時期から日本を訪問する韓国人の数も増えているという調査結果もあるんですよ。

「アジアシリーズ vol.1 韓国特集 多元(ダウォン)芸術」『From the Sea』メインビジュアル コンセプト・演出:ソ・ヒョンソク
「アジアシリーズ vol.1 韓国特集 多元(ダウォン)芸術」『From the Sea』メインビジュアル コンセプト・演出:ソ・ヒョンソク

―政治的な関係は冷え込んでいても、文化的なレベルではむしろ交流が活発になっているということですね。日本でもK-POPや韓流ドラマが以前高い人気を誇り、パク・チャヌクやキム・ギドクを始めとする韓国の映画監督の作品がヒットすることも珍しくありません。

ヒョンソク:あと、最近5年の間に、日本の文学作品が韓国語に翻訳されて出版される機会が多くなっているんです。以前は時間が経ってからの翻訳でしたが、村上春樹なんかは日本発売とほぼ同時期に韓国でも出版されています。現代作家だけでなく、太宰治の全集が出版されたり、江戸川乱歩なんかも人気がありますね。演劇では、岡田利規さん(チェルフィッチュ)の戯曲もハングル語に翻訳されています。そういった状況なので、日本の作品を読んだことがある人と、まったく触れたことのない人の間には、政治的な問題に対する認識の差が生まれているんです。こういうときだからこそ、芸術を通じた交流が必要なんだと痛感しています。

2000年代後半以降の日本の現代演劇シーンには、1960年代の日本映画に劣らないエネルギーが見られるように思う。

―その国の人々のリアルな言葉に触れることで理解が深まるというのは、まさに芸術の役割です。では、ヒョンソクさん自身は日本をどのように捉えていますか?

ヒョンソク:大学時代に映画を専攻していたので、1960年代の日本映画に興味があったんです。ATG(アート・シアター・ギルド / 日本の映画史に多大な影響を与えたアート系映画の製作・配給会社)の作品など、60年代の日本映画は、美学的にも政治的にもとても革新的でした。だけど残念ながら、70年代以降はそれまで溢れていたエネルギーが落ちてしまったように感じます。4年前に初めて日本に来て以来、それは何故なのか? という問いを探してきましたが、その答えはよくわかりませんでした。ただ、2000年代後半以降の日本の現代演劇シーンには、60年代の日本映画に劣らないエネルギーが見られるのではないかと感じています。

ソ・ヒョンソク
ソ・ヒョンソク

―60年代の日本映画と、今の日本演劇シーンの熱量が変わらない? たとえばどんな作家に注目していますか。

ヒョンソク:先ほど挙げた岡田利規さんは、今まさに絶頂期だと思いますが、すでにポスト岡田という言葉が出てくるほど、ここ3、4年で次世代の層が厚くなっているのを感じます。「悪魔のしるし」の危口統之、村川拓也、捩子ぴじんなど、日本に来るたびに若いアーティストたちの作品を観ては驚きを感じています。彼らは、単に見世物としての新しさだけでなく、「演劇とは何か?」「芸術とは何か?」といった問いを持って、プログレッシブな態度で作品を作っています。それぞれが意識し合いながら、相乗効果を及ぼしているのもいい環境ですよね。

Page 1
次へ

イベント情報

『フェスティバル/トーキョー14』
アジアシリーズ vol.1 韓国特集 多元(ダウォン)芸術

『From the Sea』
2014年11月3日(月・祝)~11月7日(金)14:00~19:30(ツアー時間は70分の予定)
会場:東京都 品川区某所
料金:前売2,000円 当日2,500円
※雨天決行、荒天中止

『1分の中の10年』
2014年11月13日(木)~11月16日(日)
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場シアターウエスト
料金:前売2,500円 当日3,000円
構成・振付:イム・ジエ

クリエイティブ・ヴァキ
『いくつかの方式の会話』

2014年11月14日(金)~11月16日(日)
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場シアターイースト
料金:前売2,500円 当日3,000円
構成・演出:イ・キョンソン

イベント情報

『フェスティバル/トーキョー14』

2014年11月1日(土)~11月30日(日)
会場:
東京都 池袋 東京芸術劇場
東京都 東池袋 あうるすぽっと
東京都 東池袋 シアターグリーン
東京都 西巣鴨 にしすがも創造舎
東京都 吾妻橋 アサヒ・アートスクエア
ほか

『フェスティバルFUKUSHIMA! @池袋西口公園』
2014年11月1日(土)~11月2日(日)
総合ディレクション:大友良英・プロジェクトFUKUSHIMA!

『驚愕の谷』
2014年11月3日(月・祝)~11月6日(木)
作・演出:ピーター・ブルック、マリー=エレーヌ・エティエンヌ

『羅生門|藪の中』
2014年11月5日(水)~11月9日(日)
アーティスティック・ディレクター:ジョージ・イブラヒム(アルカサバ・シアター)
演出:坂田ゆかり
美術:目
ドラマトゥルク:長島確

『春の祭典』
2014年11月12日(水)~11月16日(日)
振付・演出:白神ももこ
美術:毛利悠子
音楽:宮内康乃

『透明な隣人 ~8 –エイトによせて~』
2014年11月13日(木)~11月16日(日)
作・演出:西尾佳織

ミクニヤナイハラプロジェクト
『桜の園』

2014年11月13日(木)~11月17日(月)
作・演出:矢内原美邦

『動物紳士』
2014年11月15日(土)~11月24日(月・祝)
振付・出演:森川弘和
美術・衣裳デザイン:杉山至

『彼は言った/彼女は言った』
2014年11月19日(水)~11月24日(月・祝)
構成・出演:モ・サ

薪伝実験劇団
『ゴースト 2.0 ~イプセン「幽霊」より』

2014年11月22日(土)~11月24日(月・祝)
演出:ワン・チョン

『さいたまゴールド・シアター 鴉(からす)よ、おれたちは弾丸(たま)をこめる』
2014年11月23日(日)~11月26日(水)
作:清水邦夫
演出:蜷川幸雄渡辺源四郎商店
『さらば!原子力ロボむつ ~愛・戦士編~』

2014年11月28日(金)~11月30日(日)
作・演出:畑澤聖悟

『もしイタ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の「イタコ」を呼んだら』
2014年11月28日(金)~11月29日(土)
作・演出:畑澤聖悟

映像特集
『痛いところを突くークリストフ・シュリンゲンジーフの社会的総合芸術』
オープニングレクチャー:『クリストフ・シュリンゲンジーフの芸術と非芸術』

上映作品:
『時のひび割れ』
『友よ!友よ!友よ!』
『失敗をチャンスに』
『外国人よ、出て行け!』

シンポジウム
『アートにおける多様性をめぐって』

テーマ1:「韓国多元(ダウォン)芸術、その現状と可能性」
テーマ2:「日本におけるドラマトゥルクの10年」
テーマ3:「中国・北京――同時代の小劇場演劇シーン」
テーマ4:「都市が育むアート」

3夜連続トーク『舞台芸術のアートマネジメントを考える』
第1夜:「舞台芸術のアートマネジメントを現場から振り返る」
第2夜:「これからのアートマネジメントと、その担い手とは」
第3夜:「アートマネージャーのセカンドキャリア」

『まなびのアトリエ』

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 1

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  2. SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る 2

    SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る

  3. 舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表 3

    舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表

  4. 崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定 4

    崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定

  5. 「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ 5

    「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ

  6. 山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari” 6

    山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari”

  7. 吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy 7

    吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy

  8. 『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組 8

    『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組

  9. 和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作 9

    和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作

  10. ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開 10

    ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開