特集 PR

『100歳の華麗なる冒険』を世界で大ヒットさせた「笑い」の力

『100歳の華麗なる冒険』を世界で大ヒットさせた「笑い」の力

インタビュー・テキスト
萩原雄太
撮影:豊島望

スウェーデンにおいて、大ヒット映画『アナと雪の女王』やレオナルド・ディカプリオ主演の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』、ファンタジー大作である『ホビット 竜に奪われた王国』を抑えて、興行収入5週連続の1位を獲得したコメディー映画『100歳の華麗なる冒険』。ハリウッドスターが出演しているわけでもなければ、ビジュアルエフェクト満載のド派手なシーンも一切ない。ここに描かれているのは、老人ホームを抜け出した100歳のおじいちゃんによるほのぼのかつシュールな逃避行だ。

本作の原作となる小説『窓から逃げた100歳老人』は、スウェーデンだけでなく、ヨーロッパをはじめとした40か国以上で翻訳され、800万部の大ヒットを記録。待望の映画は、そんな原作に勝るとも劣らないヒットを飛ばし、ついに11月8日から日本でも公開される。今回は、フェリックス・ハーングレン監督にインタビューを敢行。本人もコメディアンとして活躍するハーングレン監督の言葉からは、世界中の観客の心を動かした「笑い」に対する姿勢、そして、日本ではあまり知られることのないスウェーデン社会の実像が見えてきた。

この作品は僕にとってギャンブルだったし、ここまで成功するとは夢にも思っていなかった。

―まず、映画の大ヒットおめでとうございます。世界中で自分の作品が受け入れられた感想はいかがでしょうか?

ハーングレン:最高だよ! この作品は僕にとってもギャンブルだったし、本当にここまで成功するとは夢にも思っていなかった。公開の数週間前から映画がコケるんじゃないかという不安に襲われていたんだ。失敗したら僕のキャリアは終わってしまうけど、せめて出資者にお金が戻るくらいにはしないとな……って真剣に考えていたほどだよ。

フェリックス・ハーングレン
フェリックス・ハーングレン

―蓋を開けてみたら、本国のスウェーデンを皮切りに、ドイツ、オランダ、ノルウェーでも同じく大ヒットを記録されました。その理由はどこにあると思いますか?

ハーングレン:原作のストーリーが素晴らしく、どんな年代の観客にも届く普遍的な内容だったからかな。主人公のアランのキャラクターや、映画の中に描かれるさまざまな歴史の場面にみんなが共感できる部分があるんだと思う。

『100歳の華麗なる冒険』 ©NICE FLX PICTURES 2013. All Rights Reserved
『100歳の華麗なる冒険』 ©NICE FLX PICTURES 2013. All Rights Reserved

―原作者のヨナス・ヨナソンからはどんな感想をもらいましたか?

ハーングレン:ヨナスは僕を信頼してくれて作品を任せてくれた。撮影に入る前に「脚本を読んでくれない?」と聞いたら、「映画ができてから見るから大丈夫」と言われたんだ。それで、プレミア上映の10日前に彼が映画を見てくれて、SMSでメッセージをくれた。彼は3回も見たらしいんだけど、「1回目は、僕の本をどうしてくれたんだ! とショックを受けた。でも、2回目に見たら、これでいいと思って、3回目に見たら、とても良かった!」ということだった。僕にとって、原作者のヨナスがどういった反応をするのかということが一番大事だったから、最終的には気に入ってくれてほっとしたよ。

―1回目はショックだったと。たしかに原作からかなり手を加えた部分もありますよね。

ハーングレン:小説と映画には、それぞれ違った魅力があるから、原作を映画化するのはとても難しい。小説には読んだときに読者が想像する余地があるし、映画ではキャラクターの表情や、置かれている状況を描くことができるからね。だから、脚本家のハンス・インゲマンソンと一緒に小説に描かれている何百というシーンを紙に描いて張り出し、映画にとって不要なシーンをそぎ落としながらプロットを考えていったんだ。結果的に脚本を作り上げるのに2年半もかかってしまったけど、自分でも納得のいく内容に仕上がったよ。この作品には100歳になったアランを描いたロードムービーという側面と、20世紀の歴史に深く関わってきたアランの破天荒な過去という2つの軸があるけど、フラッシュバックのシーンというのは、あくまでもアランがどういう人間なのかを理解するためのものであって、僕が描きたかったのは、現代に生きる100歳のアラン。この人物像を魅力的に描くことに力を注いだんだ。

Page 1
次へ

作品情報

『100歳の華麗なる冒険』

2014年11月8日(土)から新宿ピカデリーほか全国ロードショー
監督:フェリックス・ハーングレン
脚本:フェリックス・ハーングレン、ハンス・インゲマンソン
原作:ヨナス・ヨナソン『窓から逃げた100歳老人』(西村書店)
出演:
ロバート・グスタフソン
イヴァル・ヴィクランデル
ダヴィド・ヴィバーグ
配給:ロングライド

プロフィール

フェリックス・ハーングレン

1967年2月4日生まれ。90年より、監督、脚本家、プロデューサー、俳優として活動。TVでは96年にスタートしたトークショーの「Sen kväll med Luuk」でブレイク。2010年には、原案、脚本、監督、出演を務めた「Solsidan」がエピソードごとに200万人を越える視聴者を獲得しノルウェー、フィンランド、デンマーク、ベルギーでも放送されると共にコメディ・シリーズとして2年連続でスウェーデン・テレビ賞を受賞。映画ではミカエル・パーシュブラント主演コメディ「Vuxna människor」(99)で監督、出演デビューを果たす。その後もスウェーデンエンターテイメント界の第一線で活躍。『アナと雪の女王』などの大作を超える大ヒットを記録した本作ではスウェーデンのアカデミー賞にあたるゴールデン・ビートル賞において最優秀観客賞を受賞した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 2

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  3. KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言 3

    KOHHの沖縄旅行&地元に密着する『SWITCH』 宇多田、ワンオクTakaらも証言

  4. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 4

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ

  5. 石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開 5

    石原さとみが10秒メイクに挑戦、花王「オーブ」ウェブ動画&新CM公開

  6. 安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編 6

    安藤政信がカメラを向ける 仏写真家&愛人に着想の矢崎仁司監督作予告編

  7. 池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開 7

    池松壮亮に尾崎豊が憑依 松居大悟監督『君が君で君だ』新場面写真公開

  8. 小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』 8

    小池徹平が「先生界のプリンス」 中川大志主演『覚悟はいいかそこの女子。』

  9. ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳 9

    ラッパーのXXXTentacionが銃撃受けて逝去 20歳

  10. 野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾 10

    野村萬斎×落合陽一 「表現の本質」に迫る『MANSAI◎解体新書』第28弾