特集 PR

Czecho No Republic、快進撃を続けたデビュー1年目の葛藤

Czecho No Republic、快進撃を続けたデビュー1年目の葛藤

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也

10月30日でメジャーデビューから1周年を迎えたCzecho No Republic。2013年にタカハシマイと砂川一黄が正式加入し、5人編成となってメジャーデビューアルバム『NEVERLAND』を発表すると、同作は『CDショップ大賞』にノミネート。2014年に入っても勢いはさらに加速し、ラジオ『オールナイトニッポン0』のパーソナリティーを務めるなど、メディアへの露出も増やしながら、7月に早くもメジャーからのセカンドアルバム『MANTLE』を発表。多くの夏フェスへの出演後に行われたリリースツアーも大盛況で、ファイナルは彼らにとって過去最大規模となる赤坂BLITZでのワンマンライブが見事ソールドアウト。そして、ニューシングルの“Oh Yeah!!!!!!!”は、あの国民的アニメ『ドラゴンボール改』のエンディングテーマなのだから、傍目から見ればその歩みは順調そのものだと言っていいだろう。

しかし、やはり物事というのはそんな簡単に進むものではない。国内外の音楽をメジャー / インディー問わず愛するミュージックラバーであり、その愛情をシンプルに自分たちのクリエイティブに変換することでここまで歩んできた彼らにとって、メジャーでの1年目というのは初めての経験ばかりであり、それに対する戸惑いも相当なものであったようだ。『MANTLE』という作品は間違いなく今年屈指のアルバムだと思うし、リリースツアーも素晴らしいものであったが、赤坂BLITZのアンコールラストで披露された“アイボリー”の穏やかな旋律は、彼ら自身の疲弊した心を癒すようなものでもあったように思う。というわけで、山あり谷ありのメジャー1年目について、武井優心、八木類、タカハシマイの三人にじっくりと語ってもらった。途中からは思いがけない方向に話が進んだが、さて、メジャー2年目のチェコはどうなって行くのだろうか?

『MANTLE』を出したことで、自分たちの心が落ち着いたような気がします。でも、逆に行き過ぎたというか、もうちょっと緩やかなカーブで変化してもよかったのかなって思ったりもするんですよね。(八木)

―あと1週間でメジャーデビューから1年なんですよね(取材日は10月22日)。

武井(Vo,Ba):もうそんなに経つんですね。自覚ないよね?

八木(Gt):まったくないですね。

―今日はその濃密だった1年間のみなさんの本音を訊かせてください。メジャーデビュー作の『NEVERLAND』(2013年10月)に関しては、インディーズ時代の曲の再録を入れたことによって、リアルタイムの自分たちとのずれが出たことに葛藤もあったと、これまでの取材で話していましたね。そこからまた制作に入り、『MANTLE』(2014年7月)をリリースして、そのツアーも終えた今、手応えをどう感じていますか?

武井:『NEVERLAND』には五人になる前に作った曲もあったので、『MANTLE』を出して、ようやく今の五人でスタートできたかなという気持ちはありました。『MANTLE』を出したことで、ちょっとスッキリしたっていう感じは、メンバー全員が共有してると思います。

タカハシ(Cho,Syn,Gt,Per):前からいたメンバーとはやっぱり思い入れの差があったから、どうやって追いつこうかずっと悩んでたんですけど、ようやくバンドとしてまとまれてきたかなって。

タカハシマイ
タカハシマイ

―やっと前からいるメンバーに並べたと。

タカハシ:並べた……かはわかんないですけど(笑)、ちょっとずつ差を埋めることができてるとは思います。

―八木くんはいかがですか?

八木:『MANTLE』が出るまでは、たしかにちょっと悩んでたんですけど、『MANTLE』を出したことで、自分たちの心が落ち着いたような気がします。でも、逆に行き過ぎたというか、もうちょっと緩やかなカーブで変化してもよかったのかなって思ったりもするんですよね。

―バンドが進んでいくスピードが速すぎた?

武井:今回のシングルのレコーディングは、夏からのツアーと並行してやってたんですけど、制作とツアーを同時期にやるのは初めての経験だったんです。これまでは「CDを出したら次はライブ」ってチャンネルを切り替えてたのに、今回はそれができなくて、正直ツアーが始まった実感がなくステージに立ってしまっていた日とかもあって。「これってよくないよな」って思いながらライブをやってる自分に、鬱になりそうになった時期があったんです。

武井優心
武井優心

―曲自体はいつ作り始めてたんですか?

武井:『MANTLE』が出て、他のメンバーがCDショップに挨拶回りに行ってる間も、家で曲を作っていました。“Oh Yeah!!!!!!!”の『ドラゴンボール改』のエンディングで流れる59秒のバージョンは、ツアーが始まる前にできたんですけど、曲の後半は歌詞も何もない状態でツアーに入っちゃったんですよね。ツアーって、スポーツ選手が体作るのと同じで、体調コントロールが大事じゃないですか? でも俺、体調グズグズにした方が曲書けるんですよ(笑)。夜寝ないとか、他に考えることがない方が曲できるから、ツアーと並行して曲を書くのが難しくて。

―スケジュールと戦った1年でもあったわけですね。

八木:僕らも『MANTLE』を出してからプロモーションがあったので、ツアーの準備をする時間があんまりなかったんですよね。でも、ツアーが始まって、だんだんよくなって行って、最終的には今までで一番いい状態になったと思います。時間の使い方はどんどん密になってますね。

Page 1
次へ

リリース情報

Czecho No Republic<br>
『Oh Yeah!!!!!!!』初回限定盤(CD+DVD)
Czecho No Republic
『Oh Yeah!!!!!!!』初回限定盤(CD+DVD)

2014年11月12日(水)発売
価格:1,404円(税込)
COZA-992/3

[CD]
1. Oh Yeah!!!!!!!
2. Come On
3. Sunday Juggler
4. Yeah Oh!!!!!!!
[DVD]
1. Amazing Parade(『RUSH BALL 2014』)
2. ダイナソー(『RUSH BALL 2014』)
3. Crazy Crazy Love(『MANTLE TOUR ~2014年宇宙の旅~』@F.A.D YOKOHAMA)
4. JOB!(『MANTLE TOUR ~2014年宇宙の旅~』@F.A.D YOKOHAMA)
5. Field Poppy(『MANTLE TOUR ~2014年宇宙の旅~』@F.A.D YOKOHAMA)
6. No Way(『MANTLE TOUR ~2014年宇宙の旅~』@F.A.D YOKOHAMA)
7. “ネバーランド”PV
8. “MUSIC”PV
9. “Amazing Parade”PV
10. “No Way”PV

リリース情報

Czecho No Republic<br>
『Oh Yeah!!!!!!!』通常盤(CD)
Czecho No Republic
『Oh Yeah!!!!!!!』通常盤(CD)

2014年11月12日(水)発売
価格:1,080円(税込)
COCA-16956

1. Oh Yeah!!!!!!!
2. Come On
3. Sunday Juggler
4. Yeah Oh!!!!!!!

イベント情報

『アコースティックLIVE&サイン会』

2014年11月16日(日)START 15:00
会場:東京都 タワーレコード新宿店 7F イベントスペース

2014年11月24日(月・祝)START 12:00
会場:愛知県 名古屋PARCO 西館1F イベントスペース

2014年11月24日(月・祝)START 18:00
会場:大阪府 タワーレコード梅田NU茶屋町店 6F イベントスペース

イベント情報

『Oh Yeah!!!!!!! TOUR』

2015年2月6日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-EAST

2015年2月12日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2015年2月13日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:大阪府 梅田CLUB QUATTRO

プロフィール

Czecho No Republic(ちぇこ のー りぱぶりっく)

2010年3月、武井優心(Vo,B)、山崎正太郎(Dr)の2人を中心に結成。2011年2月に八木類(Gt)が加入。2013年元旦、モデルとしても大きな活躍をしているタカハシマイ(Cho,Syn,Gt,Per)、砂川一黄(Gt)が加入。端正なルックスと唯一無二のドリーミー&キャッチーな音楽性により、各地大型フェス出演や『第4回CDショップ大賞』にノミネートされるなど、各方面から注目を集める。2013年10月に、會田茂一、いしわたり淳治、片寄明人(50音順)という敏腕ミュージシャンらをプロデューサーに迎えて制作したファーストアルバム『NEVERLAND』でメジャーデビュー。2014年7月に、セカンドアルバム『MANTLE』を発売。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告