特集 PR

メジャーデビューから大試練 Czecho No Republic全員集合

メジャーデビューから大試練 Czecho No Republic全員集合

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:三野新

Czecho No Republic(以下、チェコ)は、結成3年ちょっとながら毎年のようにメンバーの増減を繰り返し、絶えず進化を続けている不思議なバンドである。今年に入ってからも、モデルとしても活躍するタカハシマイ、元caroline rocksの砂川一黄が新加入し、自他ともに認める過去最高の状態で満を持してメジャーデビュー。インディーズ時代の代表曲に新曲5曲を加え、贅沢にも3名のプロデューサーを起用したアルバム『NEVERLAND』がリリースされる。會田茂一、片寄明人がプロデュースし、現メンバーバージョンとしてブラッシュアップされた過去の楽曲もさることながら、特筆すべきはいしわたり淳治がプロデュースした新曲“MUSIC”だ。フロントマンの武井優心とタカハシマイがスイッチングボーカルを聴かせ、現在の五人を強く意識させられる秀逸な仕上がりながら、この楽曲が完成するまでには「何でプロデューサーなんて入れたんだよ」と言った時期もあったという。難産を終えた彼らは今、何を思うのか。新たな扉を開いたチェコの五人に、現在の率直な心境を話してもらった。

今まで歌詞の中でボケるなんて考えたこともなかった。(武井)

―新作の『NEVERLAND』はメジャーデビュー1作目ということで、新曲と昔の代表曲で構成されたアルバムになってますよね。特に新曲は今までよりも外に開けた印象を受けたんですけど、実際のところどうなんでしょう?

武井(Vo,Ba):あんまり狙って曲を作ったことがないので、いつも言われてから「そうなんだ」と思うんですけど、新曲は五人になってから書き下ろしたものが多いので、今この五人で音楽を鳴らすことが、すごい楽しい感じになってるのを曲で体現してるのかもしれないです。

―“MUSIC”は歌詞もまさにそういう内容ですよね。この曲はいしわたり淳治さんがプロデュースしたことも大きなトピックだと思うんですけど、プロデューサーを起用したというのは、今までのチェコに何か足りないと感じる部分があったから?

武井:足りてないって周りに判断されて入れられたんだと思います(笑)。もともと“MUSIC”を次の音源で押していこうという空気があって、僕も気に入ってた曲だったんですよ。ただ、ちょっとサビが弱いという意見もあって。そこで、いしわたりさんにお願いしてみたらどうなるかっていう願いがあったんだと思います。

―自分から望んで入ってもらったわけではないのでしょうか?

武井:そうですね。最初は「プロデューサーって何するの?」くらいの感じだったので。いざ始まってみると、いしわたりさんが結構ぶっ壊しにかかってきたんですよ。歌詞を全部取り替えて、サビも変えて。今は落ち着いて「よかったね」って言えるし、すごく勉強になったんですけど、完成するまでめちゃめちゃ時間がかかったんです。「これはどうですか?」「いや、ダメだ」の繰り返しで、だんだんよくわからなくなってきて……。「何でプロデューサーなんて入れたんだよ」みたいなことを言った時期もありましたね(笑)。

武井優心
武井優心

―それはどうやって乗り越えたんですか?

武井:うーん、向きあって、向きあって、いろんな面から試してみて。いしわたりさんがOKと言うところまで。

―何か具体的な指摘があったんですか?

武井:かなり具体的でしたね。「展開が急過ぎる」とか「ここは足踏みしてて鬱陶しい」とか「その先のものを聴きたいのに」とか。例えば「街を眺め」っていう歌詞に対して、街を眺めて何が映ったのか歌ってくれって指摘されたり。でも、僕としては街を眺めたいんですよ(笑)。

―眺めて終わりにしたかった?

武井:僕はそう思ったんですけど、いしわたりさんは、そこで何が何色に見えたかってことを少ない言葉で聴いてる人に見せてあげないとって。でも、いしわたりさんはプロだけど、僕はそういう表現を持ちあわせてなくて……。あとは「ユーモアがないね」とか「真面目だよね」って言われたんですけど、今まで歌詞の中でボケるなんて考えたこともなかったので。

―<三途の河で足湯して>の部分とか?

武井:そこは完全にいしわたりさんが書いたことをメロディーにしただけです(笑)。最初は「ありふれた絶望とかそういうの全部ひっくるめてOK!」みたいなことを書いてたんですけど、「堅いよ」「ボケようよ」と言われて。それでずっと考えてたんですけど、そこだけ歌録りの直前まで埋まらなくて、最終的にはいしわたりさんが「菩提樹の下で一眠り」と書き出して、「これどう?」って。僕もいしわたりさんの横にいると緊張するので、とりあえず「どうすかねー?」とか言いながら歌ってみたら、「OK! じゃあ、もう僕は帰るんで!」みたいな(笑)。

山崎正太郎
山崎正太郎

山崎(Dr):でも、そこはやっぱり一度聴いたら忘れられないですよね。「何で足湯してるの?」って考えちゃうし。

武井:正太郎(山崎)はそこがすごく気に入ったみたいなんです。

山崎:もともとあった「天国」っていう歌詞から、「三途の河」や「菩提樹」が出てきてると思うんですけど、普段の生活では絶対に言わない言葉じゃないですか。

砂川(Gt):「菩提樹」なんて聞いたことないし。

武井:僕の中からは絶対出ないもんな。

―武井さんとしては、今後は歌詞にユーモアを入れていこうと?

武井:入れようと思っても入れられないんですよね。その後も曲を書きためてはいるんですけど、いしわたりさんに聴かれたら「つまんないね」って言われると思う(笑)。

―まぁ、新しい扉を開いた曲ということで、これからできる曲が楽しみですね。

武井:はい。反映できるのかわからないですけど……って最近、暗いことばっか言っちゃうんですよね(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『エンジョイ!冬のネバーランドリリースツアー』

2013年11月22日(金)
会場:京都府 京都 GROWLY

2013年11月23日(土)
会場:兵庫県 神戸 太陽と虎
ゲスト:The Flickers

2013年11月27日(水)
会場:石川県 金沢 vanvanV4
ゲスト:
キュウソネコカミ
Kidori Kidori

2013年11月29日(金)
会場:広島県 広島 ナミキジャンクション
ゲスト:SAKANAMON

2013年12月1日(日)
会場:福岡県 福岡 Queblick
ゲスト:SAKANAMON

2013年12月7日(土)
会場:長野県 松本 ALECX
ゲスト:THE NOVEMBERS

2013年12月11日(水)
会場:北海道 札幌 COLONY

2013年12月13日(金)
会場:宮城県 仙台 PARK SQUARE

2013年12月16日(月)
会場:新潟県 新潟 RIVERST
ゲスト:THE NOVEMBERS

2014年1月17日(金)
会場:愛知県 名古屋 APOLLO THEATER

2014年1月18日(土)
会場:大阪府 大阪 梅田 AKASO

2014年2月2日(日)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

リリース情報

Czecho No Republic<br>
『NEVERLAND』(CD)
Czecho No Republic
『NEVERLAND』(CD)

2013年10月30日発売
価格:2,940円(税込)
COCP-38214

1. ネバーランド
2. MUSIC
3. Call Her
4. レインボー
5. Don't Cry, Forest Boy
6. 1人のワルツ
7. トリッパー
8. 絵本の庭
9. 幽霊船
10. ダイナソー
11. 国境
12. ショートバケーション
13. エターナル

CINRA.STOREで取扱中の商品

Czecho No Republic<br>
『Czecho No Republic LOGO マグカップ』 [マグカップ]
Czecho No Republic
『Czecho No Republic LOGO マグカップ』 [マグカップ]

価格:1,890円(税込)
メジャー初アルバムを記念したオリジナルマグ

CINRA.STOREで取扱中の商品

Czecho No Republic<br>
『Czecho No Republic』 [iPhone5ケース]
Czecho No Republic
『Czecho No Republic』 [iPhone5ケース]

価格:2,940円(税込)
マットな手描き感がかわいい!

プロフィール

Czecho No Republic(ちぇこ のー りぱぶりっく)

武井優心(Vo,Ba)、山崎正太郎(Dr)の2人を中心に2010年3月結成。「チェコ」という語感の響きの良さ、志向する音楽の方向性などからCzecho No Republic(チェコ・ノー・リパブリック)とバンド名を命名。2011年2月に八木類(Gt,Cho,Syn)が加入。端正なルックスと唯一無二のドリーミー&キャッチーな音楽性により、2012年は大型フェス出演や『第4回CDショップ大賞』の受賞など各方面から注目を集める。2013年モデルとしても活動するタカハシマイ(Cho,Syn,Gt,Per)、砂川一黄(Gt)が正式加入。10月に5人組として新しい生命を吹き込んだメジャーデビューアルバム『NEVERLAND』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」