特集 PR

中納良恵が語る、坂本慎太郎や童謡から学ぶポップス論

中納良恵が語る、坂本慎太郎や童謡から学ぶポップス論

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:永峰拓也
2015/01/08

中納良恵のソロアルバム『窓景』がどんな作品なのか。それを決めるのはあくまでも聴き手であるあなたなのだ―もしここでそう述べたら、「なんてつまらない常套句だ」とあなたは呆れてしまうだろうか。あるいは、あまりにも無責任だと憤慨されてしまうのかもしれない。ただ、それでもひとつだけたしかなのは、こうした文章や作り手の発言に作品を紐解くヒントはあったとしても、そこに正解はないのだということ。実際、このたびリリースされる7年ぶりのソロ作について、中納は下記のインタビューで「あとは想像してほしい」という旨の発言を繰り返しつつ、さまざまな角度からこのアルバムにまつわる話を展開してくれている。そしてその行間からは、我々リスナーへの信頼と期待が色濃くにじみ出ているのだ。

『窓景』に収録された楽曲の多くは、中納自身の声による多重コーラスやボイスパーカッション、そしてピアノの音で構築されている。人懐っこいメロディーを起点としつつも、その緻密なコラージュが施された音像の数々は、言うまでもなく彼女がフロントマンを務めるEGO-WRAPPIN'の音楽性とはかなり趣の異なるものであり、1度や2度聴いたくらいですべてを咀嚼できるようなものではないだろう。あるいはこう言い換えることもできる。『窓景』はタイトルのとおり、繰り返して聴くほどにさまざまな景色が見えてくる作品だ。そこであなたは一体どんな風景を目の当たりにするのだろう。中納良恵はいま、『窓景』をここであなたに委ねようとしている。

私はバンドのボーカリストですけど、シンガーソングライターとかフォークの弾き語りにずっと憧れがあるんですよ。

―つい先日、タイから帰国したばかりだとか?(取材は2014年12月中旬に敢行)

中納:そうなんですよ。EGO-WRAPPIN'として、フェス(『BIG MOUNTAIN MUSIC FESTIVAL』)に出させてもらってきました。めっちゃ面白い場所でしたね。可能であればもっと滞在したかったんですけど。

中納良恵
中納良恵

―そうした海外公演もあったり、4年ぶりのシングルリリース(『BRIGHT TIME』)もあったりと、2014年もEGO-WRAPPIN'は精力的に動いていましたよね。その間にどうやってソロアルバムの楽曲を用意してたんだろうと思ったのですが。

中納:ソロアルバムは7年前にも1枚出してるんですけど、あれからちょっとずつ曲は作りためていたんです。それで今年はちょっと時間がとれそうやったから、アルバムを出そうかなと。何においても、やっぱり続けないと意味がないですからね。それこそ海外でライブすることもそう。1回きりだと何もわからないですから。

―なるほど。では、7年前の経験を踏まえて、中納さんはソロとして今回どんなことに取り組みたいと考えていたのでしょうか?

中納:それはやっぱり「EGO-WRAPPIN'ではできへんことをやる」ってことですね。例えば、自分の声をいくつも重ねていったりとか、そういう作り方がやれるのはソロならではやと思うので。あとはもう、衝動だけです。そこは7年前も今も変わってないです。

―この作品を作るうえで、何か大きな影響を受けたものがあったりするわけでもなく?

中納:あえて言うなら、私はバンドのボーカリストですけど、シンガーソングライターとかフォークの弾き語りにずっと憧れがあるんですよ。でもやっぱり普段の癖がでるのか、作っていくうちにいろんな音が欲しくなっちゃって、結果的にはバンドの音になった曲もあるんですけどね。

―たしかに今回のアルバムは、いわゆる弾き語りを基調としたようなものではないですよね。むしろ、非常に凝ったアレンジが全編に施されていて。

中納:まず、このアルバムでは「自分の声をもっと聴きたい」っていう気持ちがあったんです。自分の声に包まれながら、曲をカタチにしていきたかった。それこそEGO-WRAPPIN'の音楽ではいろんな音を鳴らしているし、やっぱり森くん(森雅樹。EGO-WRAPPIN'のギタリスト)はロックンローラーですからギターも派手やし。もちろんそれは私がEGO-WRAPPIN'でやりたいことなんですけど、このソロアルバムではそれとはまた違ったものをやりたかったんです。そうしたら結果的にこういう楽曲が揃ったというか。

―つまり、ソロのキーワードは「声」?

中納:それもあったし、あとは「ピアノ」も大事でした。自分のメロウな部分をピアノのコード進行でどんどん出していこうと思って。基本的に私はメロウな音楽が好きやし、メロウなコードを弾いているだけで癒されるから。

―中納さんのメロウな側面が、ソロでは強く出ていると。

中納:そう言われると、森くんもすごくメロウな人なんですけどね(笑)。彼はロマンチックなロックンローラーなので、そこはやっぱり相性がいいんですよ。ただ、今回はもうちょっとしっとりとした音に包まれながらやれたらいいなって。でも、この『窓景』というタイトル、じつは森くんが考えてくれたものなんですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

中納良恵 『窓景』初回限定盤(CD+DVD)
中納良恵
『窓景』初回限定盤(CD+DVD)

2015年1月14日(水)発売
価格:3,996円(税込)
TFCC-86497

[CD]
1. あのね、ほんとうは
2. ケムニマイテ
3. Talk To You
4. beautiful island
5. I'm a piano
6. Ding Gong
7. SCUBA
8. 四角のトモダチ
9. 写真の中のあなた
10. 濡れない雨
11. 大きな木の下
[DVD]
ワンマンライブ『あのね、ほんとうは』(2014年10月24日横浜大さん橋ホールにて)
1. 幸福の会話
2. あくび
3. ソレイユ
4. 濡れない雨
5. 大きな木の下
6. no place to hide
7. I'm a piano
8. 水中の光
9. 写真の中のあなた
10. ケムニマイテ
11. Ding Gong
12. あのね、ほんとうは
13. 夢

中納良恵 『窓景』通常盤(CD)
中納良恵
『窓景』通常盤(CD)

2015年1月14日(水)発売
価格:3,240円(税込)
TFCC-86498

1. あのね、ほんとうは
2. ケムニマイテ
3. Talk To You
4. beautiful island
5. I'm a piano
6. Ding Gong
7. SCUBA
8. 四角のトモダチ
9. 写真の中のあなた
10. 濡れない雨
11. 大きな木の下

イベント情報

『中納良恵「窓景」プレミアムライブ supporting radio J-WAVE「I A.M.」』

2015年1月18日(日)OPEN 16:30 / START 17:00
会場:東京都 圓融寺 阿弥陀堂
料金:4,000円

『中納良恵 live tour 「窓景」』

2015年2月7日(土)
会場:石川県 金沢市民芸術村パフォーミングスクエア

2015年2月8日(日)
会場:宮城県 仙台 イズミティ21 小ホール

2015年2月19日(木)
会場:北海道 札幌 サンプラザホール

2015年2月24日(火)
会場:福岡県 福岡 イムズホール

2015年2月26日(木)
会場:愛知県 名古屋 CLUB DIAMOND HALL

2015年2月27日(金)
会場:大阪府 サンケイホールブリーゼ

2015年3月1日(日)
会場:広島県 BLUE LIVE 広島

2015年3月10日(火)
会場:東京都 新大久保 東京グローブ座

2015年3月11日(水)
会場:東京都 新大久保 東京グローブ座

プロフィール

中納良恵(なかの よしえ)

EGO-WRAPPIN’ボーカリスト。1996年、中納良恵(Vo、作詞作曲)と森雅樹(G、作曲)によってEGO-WRAPPIN’結成。“色彩のブルース”や“くちばしにチェリー”は、多様なジャンルを消化し、エゴ独自の世界観を築きあげた名曲として異例のロングヒットとなる。以後作品ごとに魅せる斬新な音楽性において、常に日本の音楽シーンにて注目を集めている。EGO-WRAPPIN’の活動と並行して2007年にはソロ1st Albumとなる『ソレイユ』をリリースし、ツアーも行う。またYuji Ohno & Lupintic Fiveに招かれ『ルパン三世のテーマ』の歌唱や、東京スカパラダイスオーケストラ、セルジオ・メンデスなど国内外様々なアーティストの作品にボーカリストとして参加している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施