特集 PR

水曜日のカンパネラ、ヴァンパイアのゆる~い共同生活を鑑賞

水曜日のカンパネラ、ヴァンパイアのゆる~い共同生活を鑑賞

インタビュー・テキスト
新谷里映
撮影:西田香織

架空の生き物なのか本当に存在するのか? 映画史の中で幾度となく描かれてきた「ヴァンパイア」。人の命を奪い生きながらえる残酷な一面を持ちつつも、その姿は妖艶で美しくもある。とても危険で魅力的なキャラクターだ。そんなヴァンパイアを描いた映画がまた1つ誕生した。それはニュージーランド発の『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』。人間からヴァンパイアに変えられた者の葛藤を描いた『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』を彷彿とさせるタイトルからもわかるように、正当派ヴァンパイア映画のパロディーをふんだんに用いたブラックコメディーだ。舞台は一軒家で仲良く暮らすヴァンパイアたちの共同生活で、その描き方がとてつもなくユニーク。なんと、ドキュメンタリー「風」の設定ですべてアドリブで撮影されたという驚くべき映画なのだ。その魅力はあっという間に世界中に広まり、各国の映画祭で「観客賞」を多数受賞している。

日本では、音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」の主演・歌唱担当であり、大の映画好きのコムアイがその面白さをキャッチ。決してヴァンパイアマニアというわけではない彼女が、この映画を絶賛する理由は? コムアイと『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』が融合して引き出された、意外な楽しみ方を紐解いていく。

ハンターとしてのヴァンパイアに強い生命力を感じたんです。もともと「食べること」にすごく興味があるんですけど、それは「もっと原始的に生命力を称えたい」という欲求があるからだと思う。

―水曜日のカンパネラの4thアルバム『私を鬼ヶ島に連れてって』の中に“ドラキュラ”という曲があります。そのPVがニュージーランドの映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』に似ている、という共通点がきっかけでこの映画を見ていただきましたが、実際にご覧になってどうでしたか?

コムアイ:似てました(笑)。私が“ドラキュラ”のPVの中で演じているヴァンパイア家のメイドは、最初は普通の人間ですけど、実は新米ヴァンパイアだったというオチなんです。『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』は、大学生のニックという登場人物が、意図せずヴァンパイアデビューしてしまうというストーリーで、「ヴァンパイアの世界に入っていく」というところが同じです。

―映画と“ドラキュラ”のPVを見比べたら、細かい演出も似ていてびっくりしました(笑)。水曜日のカンパネラの作詞作曲はケンモチ(ヒデフミ)さんがメインで制作されていますが、PVの演出にはコムアイさんのアイデアも取り入れられたりするんですか? たとえばドラキュラが好きだったりとか。

コムアイ:もともとヴァンパイアに興味があったというわけではないんですけど、2013年に公開されたヴァンパイア映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(監督:ジム・ジャームッシュ)を見て、「吸血鬼っていいなぁ」と思ったんですよね。

コムアイ
コムアイ

―それはなぜ?

コムアイ:ハンターとしてのヴァンパイアに強い生命力を感じたんです。映画を観ていたら本当に人間の首が血が通って美味しそうに見えてくる。あと、吸血鬼の鋭くて存在感のある犬歯(=牙)に憧れちゃって(笑)。私の歯は犬歯が平べったいので、すごく羨ましいと思って。でね、作ったんですよ、犬歯を(笑)。自分の歯にかぶせるタイプの牙を作ってもらったところまでは良かったんですけど、コレいつ使うんだろう……って。そしたらタイミング良く“ドラキュラ”のPVの話がきて、この牙を使えるぞ! と(笑)。なので、あの牙は自前の牙なんです。

―てっきりPVのために準備したのかと思ったら、私物だったんですね(笑)。ヴァンパイアに興味を持つきっかけとして、「ハンター」や「牙」にフォーカスしているのが、独特ですね。

コムアイ:私、今は都会でパフォーマンスをしているけど、ずっと農耕や狩猟採集に関わることをしていきたいと思っていたんですよ。もともと「食べること」にすごく興味があるんですけど、それはおそらく、「もっと原始的に生命力を称えたい」という欲求があるからだと思います。特に解体の作業は獣と人間が対峙する時間でもあって、その生命の存在を目の前にすると「あぁ、これだけは本当の現実だな」と思えるんです。

―人間の「生命力」に迫る手段は他にもいろいろと考えられると思うのですが、特に「食べること」にフォーカスしたのは、なぜでしょう?

コムアイ:人間の三大欲求は「食欲・睡眠欲・性欲」と言われていますが、私にとって一番考えるべき必要があるのは食欲。睡眠や性行為と比べると、食欲=食べることは、絶対に誰かの犠牲が必要だから葛藤が生まれるのが当然なんですよ。とはいえ、生きるためには仕方のないことだから、犠牲にすることを悪いとは思っていないんです。犠牲があって、美味しくて、いただきますーってだけなので、善し悪しの問題ではないんですよね。ただ、鹿の解体をして感じたのは、獣のような山を駆け回っている強い生き物を自分でガシッって捕まえて食べると、それだけ強いものを受け取ったという感じがするんですよね。肉食動物のように目が爛々とする。野菜や山菜でも同じで、「エネルギーの強いものを食べたい」と思うようにもなりました。その感覚があるせいか、私の中で肉をひきちぎる犬歯は生命力の象徴で、だからヴァンパイアの牙が羨ましいと思ったのかもしれません。

Page 1
次へ

作品情報

『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』

2015年1月24日(土)から新宿ピカデリーほか全国ロードショー
監督・脚本:タイカ・ワイティティ、ジェマイン・クレメント
出演:
タイカ・ワイティティ
ジェマイン・クレメント
ジョナサン・ブロー
コリ・ゴンザレス=マクエル
スチュー・ラザフォード
ほか
配給:松竹メディア事業部

リリース情報

水曜日のカンパネラ『私を鬼ヶ島に連れてって』(CD)
水曜日のカンパネラ
『私を鬼ヶ島に連れてって』(CD)

2014年11月5日(水)発売
価格:1,500円(税込)
TRNW-0070

1. 千利休
2. 桃太郎
3. エンゲル
4. チャイコフスキー<Interlude-モスラ->
5. インカ
6. デーメーテール
7. ジャンヌダルク
8. ドラキュラ

プロフィール

コムアイ

1992年7月22日生まれ。神奈川県出身。水曜日のカンパネラの主演・歌唱担当。成人しても未だ「クロール」と「逆上がり」ができないという弱点を持つ。高校生時代には、いくつかのNGOやNPOに関わり活発に動き回る。サルサダンスに毒され、キューバへ旅し、同世代100人のチェキスナップとインタビューを敢行。その後は、畑の暮らしを体験したり、たまに海外へ。最近は、鹿の解体を習得中。好物は、今川焼と明石焼といきなり団子。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ゲット・アウト』予告編

10月27日に日本での公開を控える新感覚ホラー『ゲット・アウト』の予告編。人種差別が大きなテーマとなる本作は、2月にアメリカで公開されると、大反響を巻き起こした。チャンス・ザ・ラッパーにいたっては、シカゴの映画館で1日分の鑑賞チケットを買い占め、ファンを無料で招待するほどの惚れ込みようだとか。上映が待ち遠しい。(久野)