インタビュー

ザ・なつやすみバンド、なぜ東京インディーを脱してメジャーへ?

ザ・なつやすみバンド、なぜ東京インディーを脱してメジャーへ?

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也

現代の音楽にとって重要なのは、「どの弱さに立つのか?」ということなのかもしれない。人生においてすべての苦しみから解放される瞬間なんてなくて、どんなタームにおいても、そのときなりの苦しみがある。だからこそ、音楽は「エスケーピズム(=現実逃避)」と切り離して語ることはできないのだが、近年世代を問わず、それについて話す機会が増えたというのは、やはり現代が「困難多き時代」であることの表れなのだろう。そして、そんな時代において、ザ・なつやすみバンドはあくまで市井の人々の視点に立つ。「毎日がなつやすみだったらいいのになぁ」。そう言って笑い合いながら、季節のように移ろう喜怒哀楽と共に、日々を生きていこうじゃないかと。

2012年に発表したファーストアルバム『TNB!』が、自主制作ながら『CDショップ大賞』にノミネートされるという異例の評価を獲得したザ・なつやすみバンド。自身のバンド・片想いや、ceroのサポートなどで活躍するMC.sirafuが在籍するバンドとしても知られる4人組が、セカンドアルバム『パラード』でメジャーへと進出する。スティールパンやトランペット、バイオリンなどによる色鮮やかな音色と、プログレッシブに展開する組曲形式の楽曲が個性的だが、あくまで歌を中心とした普遍性のあるポップスとして着地していることが素晴らしく、文句なしの傑作だと言っていいと思う。結成当初からのメンバーである中川理沙とMC.sirafuに、バンドの根幹についての話を聞いた。

ザ・なつやすみバンドは、メジャーの力を借りたときに、何倍にも何百倍にも膨らむようなポップスの力を、ちゃんと蓄えてるバンドだと思うんです。(MC.sirafu)

―ザ・なつやすみバンド(以下、なつやすみ)はインディーズで自分たちのペースを大事に活動しているバンドという印象があったので、メジャーデビューは驚きました。

MC.sirafu(Trumpet,Steelpan):そういうイメージを出しちゃってたかなとも思うんですけど、一生インディーズでやりたいわけではなかったんですよね。前作に関しては、「今の時代、こういうやり方もあるよね」と思って作ってたんですけど。

左から:中川理沙、MC.sirafu
左から:中川理沙、MC.sirafu

―中川さんはメジャーとインディーズについて、どうお考えでしたか?

中川(Vo,Pf):「メジャーがいいなあ」とは思ってたんですけど、ホントに出せるとは思ってませんでした。

―「メジャーがいい」と思っていたのは、何が理由ですか?

中川:多分、メジャーじゃないと届かないところってあるじゃないですか? インディーズだと、音楽を掘り下げていろいろ聴く人じゃないとなかなか届きづらいと思うんです。音楽が好きな人たちはもちろんだけど、子どもからお年寄りまで聴いてもらいたいと思ってたので、メジャーから出せたらなって。

sirafu:うくつしきひかり(中川とMC.sirafuのデュオ)はインディーレーベルから出してたり、片想いやceroとか個人的にいろんな活動をする中で、宣伝に関しては、自分たちでできる限界があるってすごく思ったんですよね。なつやすみに関しては、自分たちだけではできないことを、人の力を借りて手伝ってもらえればなと思って。その結果、SPEEDSTAR RECORDS(くるり、斎藤和義などが在籍する、ビクター内レーベル)から出させてもらえることになったんです。

―シラフさんがいろんなバンドで活動をされている中で、なぜなつやすみはメジャーがいいと思ったのでしょう?

sirafu:なつやすみが持つ「ポピュラリティー」ですよね。メジャーの力を借りたときに、何倍にも何百倍にも膨らむようなポップスの力を、ちゃんと蓄えてるバンドだと思うんです。

―シラフさんはバンドに途中から加入されていますが、中川さんは結成当初から「大衆性のあるポップス」っていうのを念頭に置いていたのでしょうか?

中川:最初は自分から出てきたものを作ってただけで……今もそうと言えばそうなんですけど(笑)。シラちゃん(MC.sirafu)が入って、「もっとちゃんとやりましょう」って話もしましたし、シラちゃんは私には作れない曲も作ってくるから、加入したことでだいぶ変わりましたね。

sirafu:僕は他のメンバーより一回りくらい世代が上なんですけど、僕の世代がポップミュージックをやろうとすると、ちょっと意地悪な感じで意図的に小出しにしたりとか、音楽的な感じでやろうとしちゃうんです。でも、なつやすみはそれが無意識にできてるなって思ったんですよね。パッと曲を作ると、恥ずかしげもなくポップな曲ができちゃう。そのバランスが絶妙だなと思って、そこに光というか、可能性を感じて。さらに、そこに僕が入ってもう少しかき回したら、音楽的にちょっと変で、押しつけがましくないポピュラリティーを持ったバンドになるんじゃないかって。

Page 1
次へ

リリース情報

ザ・なつやすみバンド『パラード』(CD)
ザ・なつやすみバンド
『パラード』(CD)

2015年3月4日(水)発売
価格:2,484円(税込)
SPEEDSTAR RECORDS

1. SEASONS
2. パラード
3. (春)はどこへいった?
4. めくらまし!
5. ユリイカ
6. S.S.W(スーパーサマーウィークエンダー)~Sweet Suburbia Mix~
7. かぜまちライン
8. ラプソディー
9. 鳥は舞いおりた
10. 波
11. ファンファーレ

イベント情報

インストアイベント

アコースティックライブ、サイン会
2015年3月28日(土)15:00~
会場:東京都 タワーレコード渋谷 1F イベントスペース

ミニライブ、サイン会
2015年4月5日(日)17:00~
会場:大阪府 タワーレコード梅田NU茶屋町店 イベントスペース

ミニライブ、サイン会
2015年4月10日(金)19:00~
会場:東京都 タワーレコード新宿店 7F イベントスペース

ミニライブ、サイン会
2015年4月12日(日)14:00~
会場:愛知県 名古屋PARCO 西館1F イベントスペース

『ザ なつやすみバンド 2nd album「パラード」リリース記念ワンマンライブツアー 春篇』

『ザ なつやすみバンド 2nd album「パラード」リリース記念ワンマンライブツアー 春篇 supported by HOPKEN』
2015年5月9日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:大阪府 梅田 Shangri-La

『ザ なつやすみバンド 2nd album「パラード」リリース記念ワンマンライブツアー 春篇 supported by jellyfish』
2015年5月16日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋 TOKUZO

『ザ なつやすみバンド 2nd album「パラード」リリース記念ワンマンライブツアー 春篇』
2015年5月24日(日)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE

料金:各公演 前売3,000円 当日3,500円

プロフィール

ザ・なつやすみバンド

中川理沙(ボーカル、ピアノ)、MC.sirafu(スティールパン、トランペット)、村野瑞希(ドラム)、高木潤(ベース)によって、2008年4月「毎日が夏休みであれ!」という信念の元、結成。結成後、メンバーチェンジを経てライブを重ねるうちに東京インディーズ界隈で話題となり、下北沢の街全体で開催されているサーキットイベント『下北沢インディーファンクラブ2011』では、リリース作品が1枚もない中での出演にも関わらず入場規制となった。2012年6月に満を持してファーストフルアルバム『TNB!』をリリース。自主制作ながら好セールスを記録し、第5回CDショップ大賞へも錚々たるメジャーアーティストと並んでノミネートされ、現在でもロングセールスを続けている。2013年、『サマーゾンビー』を短冊8cmシングルCDでリリース。2014年夏には4曲入りEP『S.S.W』の無料配信が話題となった。そして2015年3月、メジャー進出となる待望のセカンドアルバム『パラード』をスピードスターレコーズよりリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業