特集 PR

三戸なつめ×日下慶太対談 関西ノリ×KAWAiiが生む奇抜なアート

三戸なつめ×日下慶太対談 関西ノリ×KAWAiiが生む奇抜なアート

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也

青文字系のモデルとして若い女の子を中心に圧倒的な支持を集め、セルフプロデュースのフォトブック『なつめさん』が約10万部という異例の売り上げを記録した三戸なつめが、シングル『前髪切りすぎた』でCDデビューを果たす。トレードマークである前髪をテーマに、中田ヤスタカが書き下ろした楽曲自体の中毒性もさることながら、デビューに向けたビジュアルの展開が非常に面白い。「モデルから歌手デビューってありがちですけど 私の場合はるるるるる」や「ボイストレーニング 結構したで」などのキャッチコピーがつけられたポスターは、どれもゆるくてユニークなものばかり。さらに、関西の気鋭のクリエイターが手掛けたミュージックビデオがなんと11本も制作され、現在順次公開中。その内容もまた思わずクスッと笑ってしまうような、三戸のキャラクターが非常によく表れたものばかりなのだ。

これらのディレクションを担当したのが、電通のコピーライター・日下慶太。町おこしを兼ねて大阪・新世界市場で開催されている奇祭『セルフ祭』の発展形として始めた『商店街ポスター展』(電通の若手クリエイターの有志たちがボランティアで制作したポスターを商店街に展示するイベント)が話題となり、チャレンジ精神あふれる作品を手掛けたクリエイターに贈られる大阪広告協会主宰の『佐治敬三賞』を受賞した、現在広告界で注目を浴びている人物の1人である。三戸と日下は共に関西出身で、何事も真面目に考え過ぎてしまう風潮に対し、もっとふざけながら、とにかく自分で何でもやってみようと提案する。まさにその精神こそが、大阪と原宿のカルチャーの共通点でもあるのだ。

思わずプッて笑っちゃうようなモデルさんって、あんまりいないじゃないですか? だから自分がそうなれたらなと思いました。真面目にふざけちゃう感じというか。(三戸)

―今回日下さんが三戸さんのアーティストデビューにあたってビジュアル周りを担当することになったのは、どんな経緯で決まったのでしょうか?

日下:ありがたいことに、「『商店街ポスター展』みたいなノリでやりたい」というお話をレコード会社の方からいただきました。三戸ちゃんも関西出身なんで、「大阪色」みたいなものを出そうってことだと思うんですけど。

三戸:実際に日下さんが手掛けたポスターをいろいろ見せてもらったら、どれもすごく面白くて、自分もこういうポスターを作ってほしいと思ったんです。

『文の里商店街ポスター展』のために作られたポスター
『文の里商店街ポスター展』のために作られたポスター

―実際に三戸さんと話をしてみて、どんな印象を持たれましたか?

日下:モデルさんとか芸能人って、会うと緊張するし、ぶっちゃけ一緒に仕事する中でも散々痛い目にあってるわけですよ(笑)。でも、三戸ちゃんはホントに飾らない、常に自然体な人やなって思いますね。こういう職業だから、余所行きとかもあってしかるべきだとは思うんですけど、そういうのがなくて……あと、三戸ちゃん意外と人見知り?

三戸:はい。

日下:初めて会ったときにそれも感じたから、こっちからいろいろ話を聞き出して、それを自分の中で企画として組み立てていきましたね。それと、サイゼリアで話をいろいろ聞いててんけど、三戸ちゃん結構食うねんなって思った(笑)。食事のコントロールとかしてないの?

三戸:あんまりしてない(笑)。

左から:日下慶太、三戸なつめ
左から:日下慶太、三戸なつめ

―三戸さんは、最初にどんな話をしたか覚えてますか?

三戸:クリエイティブの部分に関しては、日下さんのポスターとかを見て信頼していたので、特にこちらからオーダーは出さずにお任せしました。

―そのときは『セルフ祭』の話とかもしたんですか?

日下:いや、それはしてないです(笑)。

『セルフ祭』の様子
『セルフ祭』の様子

三戸:『セルフ祭』?

日下:『セルフ祭』っていう、アホな祭があるねん(笑)。新世界市場で気持ち悪いお祭りをしてて、今回の“前髪を切りすぎた”のMV監督はそこに集まってきた人たちが結構いるの。コタケマン(「ダルマ篇」担当)が始めてんけど、まこっちゃん(高野真。「おでこちゃん篇」担当)はメインメンバーやし、神田旭莉ちゃん(「白菜篇」担当)もいつも何かしてるし、benちゃん(「カニさま篇」担当)、めりんぬ(「幻聴篇」担当)、宮本杜朗くん(「フレンドリー時代篇」担当)もよく来てくれる。くまーん(大熊一弘。「容疑者篇」担当)も東京から客として来たし、伊勢田(勝行)さん(「学園篇」担当)もセルフ祭には来てないけど新世界市場で何度かイベント出てもらったし。もうほとんどやな。

『前髪切りすぎた-おでこちゃん篇-』監督:moogabooga

『前髪切りすぎた-カニさま篇-』監督:ben

―日下さんは「これからはCOOL JAPANじゃなくFOOL JAPANやね」というコメントもされていますが、お二人とも関西出身ということもあり、真面目にやり過ぎるよりはちょっと不真面目に、ふざけたほうが面白いっていう感覚が共通してるのかなって思うんですよね。

日下:そうそう、三戸ちゃんのInstagramとかを見てもいつもふざけてるから、実際に会ったときも「アートワークもふざけていいな」って確信しましたね。

三戸:思わずプッて笑っちゃうようなモデルさんって、あまりいないじゃないですか? 最初からそれを狙ってやってたわけではないんですけど、最近になって「そういう人ってあんまりいないな」って気づいたので、自分がそうなれたらなと思いました。真面目にふざけちゃう感じというか。

Page 1
次へ

リリース情報

三戸なつめ『前髪切りすぎた』(CD)
三戸なつめ
『前髪切りすぎた』(CD)

2015年4月8日(水)発売
価格:1,404円(税込)
AICL-2858

1. 前髪切りすぎた
2. コロニー
3. きゃべつのやつの歌
4. 前髪切りすぎたinst
5. コロニーinst
6. きゃべつのやつの歌inst

イベント情報

『『前髪切りすぎた』発売記念イベント』

2015年4月11日(土)START 14:00
会場:東京都 ブルービートヴィレッジヴァンガード新宿ルミネエスト店 特設会場

2015年4月11日(土)START 18:00
会場:東京都 タワーレコード新宿店

2015年4月12日(日)START 13:00
会場:愛知県 イオンモールナゴヤドーム前店 館内イベントスペース

2015年4月12日(日)START 17:00
会場:愛知県 名古屋パルコ西館1階イベントスペース

2015年4月19日(日)START 15:00
会場:大阪府 タワーレコード梅田NU 茶屋町店

2015年4月19日(日)START 18:30
会場:大阪府 なんばパークス店 店舗前スペース

2015年4月26日(日)START 12:00
会場:京都府 ヴィレッジヴァンガード イオンモール京都五条店

プロフィール

三戸なつめ(みと なつめ)

1990年2月20日生まれ。奈良県出身。2010年に関西で読者モデル活動を開始。2013年に上京してからは、1年足らずでレギュラー掲載雑誌多数。その愛らしいキャラクターや笑顔は見ている人を油断させるほど。同世代の女子から多くの支持を集め、数々の青文字系雑誌の読者アンケートで好きな読者モデルNO1を獲得している。Twitterのフォロワー数は17万人を超え、2013年には、発売された自身初のセルフプロデュース本『なつめさん』は5万部を売り上げ大ヒット作となった。必殺技は中学生の時から変わらない、眉上バング!

日下慶太(くさか けいた)

1976年大阪生まれ大阪在住。ロシアでスパイ容疑で拘束、アフガニスタンでタリバンと自転車を2人乗りなど、世界をフラフラとしながら電通に入社。商店街のおもしろいポスターを制作し町おこしにつなげる「商店街ポスター展」の仕掛人。コピーライターとして勤務する傍ら、写真家、大阪一のアホ祭り『セルフ祭』顧問として活動している。都築響一氏編集『ROADSIDERS' weekly』でも写真家として執筆中。佐治敬三賞、東京コピーライターズクラブ最高新人賞、朝日広告賞、ゆきのまち幻想文学賞他多数。ツッコミたくなる風景ばかりを集めた『隙ある風景』日々更新。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開