特集 PR

三戸なつめ×日下慶太対談 関西ノリ×KAWAiiが生む奇抜なアート

三戸なつめ×日下慶太対談 関西ノリ×KAWAiiが生む奇抜なアート

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也

最初に出した企画書に「中田ヤスタカ×関西のノリ」って書いたんです。Perfumeとかきゃりーちゃんもすごい色があるから、その次に三戸ちゃんがデビューするとなると、どう差別化をしたらいいのかなって。(日下)

―日下さんとしても「真面目にふざける」というのがテーマとしてありましたか?

日下:大いにあります。でも「カワイイ」っていうのが大前提としてあったから、ただふざけてるだけでもあかんし。あとは正直なところ、中田(ヤスタカ)さんの色はすごく気になりました。Perfumeとかきゃりーちゃんも濃い色があるから、その次に三戸ちゃんがデビューするとなると、どう差別化をしたらいいのかなって。そこで考えたのが、関西のノリをそのままぶつけるということで、最初に提出した企画書にも「中田ヤスタカ×関西のノリ」って書いたんです。

日下慶太

―関西ノリって、具体的にどういうものをイメージされていたのでしょう?

日下:お笑いともまた違うというか、関西っぽいアートっていうのかな……「自分で何でもやっちゃう感じ」とか。

―三戸さんは関西から上京してきて、ノリの違いを感じました?

三戸:東京の人はクラブとか、きらびやかなイメージだけど、うちは商店街で小躍りしてるイメージっていうか(笑)。

日下:マネージャーさんと最初にお話ししたときに、「三戸ちゃんは昭和なんですよ」って言ってた。平成生まれやけどな(笑)。

三戸:「おばあちゃんみたい」ってよく言われます(笑)。

―なんでおばあちゃんっぽいって言われるのか、自己分析したことありますか?

三戸:小さい頃によくおばあちゃんの家にいたからかなあ……おばあちゃんが絵の先生をしていたので、教室に遊びに行ったり、おじいちゃんとはドングリとか石拾いによく行ってました。

三戸なつめ

―さっき日下さんが言ってた「自分で何でもやっちゃう感じ」っていうのも小さい頃からありました?

三戸:そうですね。前髪も小さい頃から自分で切ってたし、ファッションにしても、お母さんが買ってきてくれる服ではなくて、「これがいい」って自分から言ってたと思います。

日下:関西って、「技術や知識はなくても自分でやっちゃう」みたいなノリがあると思います。うちの会社のアートディレクターたちは、東京藝大、武蔵野美大、多摩美大など有名美大のエリートが多くて、知識もあって、絵が上手いという確かな技術の裏打ちがあって制作をする。でも、『セルフ祭』に集まってくる人たちって、知識もないし絵は下手やけど「とりあえず描いちゃえ」みたいな、技術はなくても表現欲に溢れているんです。それはそれで、ある境地に達するんですよね。今回のMVの監督さんの中だと、旭莉ちゃんとめりんぬが最たるものです。旭莉ちゃんは、普段お菓子屋で働きながら変なものばっかり作ってて、めりんぬは、普段はスタイリストなんですけど絵とか映像を作るのが大好きで、自分でPhotoshopとかIllustratorを勝手にいじって面白いものを作ってくるんですよね。そういうところから、大阪のアート、カルチャーができてる気がします。

『前髪切りすぎた-白菜篇-』監督:神田旭莉

『前髪切りすぎた-幻聴篇-』監督:めりんぬ

―モデルの世界でも関西にそういう傾向ってあると思いますか?

三戸:青文字系の人たちは、みんな自己プロデュースが得意だと思うんですけど、青文字系を切り開いてくれた先輩の武智志穂さんは大阪の出身だから、やっぱり関西はそうなのかもしれないですね。

―そう考えると、今の原宿カルチャーと『セルフ祭』って結構近いのかも。

日下:え、真逆じゃないですか? 『セルフ祭』には「カワイイ」の要素が全くないし、気持ち悪いだけですよ(笑)。

―誰でも自由に自己表現ができる場所という意味では、一緒かなって。

三戸:確かに。カワイイとキモチワリイ(笑)。

音楽って、通勤するときに聴いたり、街中で鳴ってたり、すごく日常的なところにあるじゃないですか。そういう部分に、自分も入り込みたいなって思ったんですよね。(三戸)

―今回日下さんが手掛けられた三戸さんのポスターを見ても、まさに『商店街ポスター展』のノリが、見事三戸さんのキャラクターにハマってますよね。

日下:三戸ちゃんのキャッチコピーに関しては、レコード会社の方から「『非実力派宣言』(森高千里が1989年に発表したアルバムのタイトル)みたいな感じがいいと思う」って聞いて、「なるほど」と。三戸ちゃんは歌がめちゃめちゃ上手いとか、ギターがガンガン弾けるとかじゃないから、「実力ないけどいいでしょ? テヘ」みたいなのがいいと思って。「イメージは飾るけど、言葉は飾らない」みたいな。

日下が手がけた、三戸なつめポスター
日下が手がけた、三戸なつめポスター

―三戸さんの飾らない様をそのまま表現しようと。でも、ときには自然体でいることの方が大変だったりもしませんか?

三戸:飾るのがあまり得意じゃないっていうのもあるんですけど、飾ったところで、わかる人にはわかっちゃうから。それだったら、自分をそのまま出した方が自分も楽だし、飾らない自分の方が好きなんで。アーティストになって、ガラッと雰囲気が変わっちゃったら、ファンの人も悲しむだろうからこのままで行こうかなって。

―自分がアーティストとして活動すること自体に関しては、どう捉えていますか?

三戸:音楽って、通勤するときに聴いたり、街中で鳴ってたり、すごく日常的なところにあるじゃないですか。そういう音楽の当たり前の部分に、自分も入り込みたいって思ったんですよね。でも、アーティストになったからといって、急に「芸能人感」を出すのは絶対に嫌で。今まで応援してくれた人たちのおかげで歌手デビューができたと思うし、今までの自分から遠ざからずにデビューしたいと思ってたから、今回日下さんと一緒にやらせていただけたのは、ホントに自分にぴったりでよかったなって思います。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

三戸なつめ『前髪切りすぎた』(CD)
三戸なつめ
『前髪切りすぎた』(CD)

2015年4月8日(水)発売
価格:1,404円(税込)
AICL-2858

1. 前髪切りすぎた
2. コロニー
3. きゃべつのやつの歌
4. 前髪切りすぎたinst
5. コロニーinst
6. きゃべつのやつの歌inst

イベント情報

『『前髪切りすぎた』発売記念イベント』

2015年4月11日(土)START 14:00
会場:東京都 ブルービートヴィレッジヴァンガード新宿ルミネエスト店 特設会場

2015年4月11日(土)START 18:00
会場:東京都 タワーレコード新宿店

2015年4月12日(日)START 13:00
会場:愛知県 イオンモールナゴヤドーム前店 館内イベントスペース

2015年4月12日(日)START 17:00
会場:愛知県 名古屋パルコ西館1階イベントスペース

2015年4月19日(日)START 15:00
会場:大阪府 タワーレコード梅田NU 茶屋町店

2015年4月19日(日)START 18:30
会場:大阪府 なんばパークス店 店舗前スペース

2015年4月26日(日)START 12:00
会場:京都府 ヴィレッジヴァンガード イオンモール京都五条店

プロフィール

三戸なつめ(みと なつめ)

1990年2月20日生まれ。奈良県出身。2010年に関西で読者モデル活動を開始。2013年に上京してからは、1年足らずでレギュラー掲載雑誌多数。その愛らしいキャラクターや笑顔は見ている人を油断させるほど。同世代の女子から多くの支持を集め、数々の青文字系雑誌の読者アンケートで好きな読者モデルNO1を獲得している。Twitterのフォロワー数は17万人を超え、2013年には、発売された自身初のセルフプロデュース本『なつめさん』は5万部を売り上げ大ヒット作となった。必殺技は中学生の時から変わらない、眉上バング!

日下慶太(くさか けいた)

1976年大阪生まれ大阪在住。ロシアでスパイ容疑で拘束、アフガニスタンでタリバンと自転車を2人乗りなど、世界をフラフラとしながら電通に入社。商店街のおもしろいポスターを制作し町おこしにつなげる「商店街ポスター展」の仕掛人。コピーライターとして勤務する傍ら、写真家、大阪一のアホ祭り『セルフ祭』顧問として活動している。都築響一氏編集『ROADSIDERS' weekly』でも写真家として執筆中。佐治敬三賞、東京コピーライターズクラブ最高新人賞、朝日広告賞、ゆきのまち幻想文学賞他多数。ツッコミたくなる風景ばかりを集めた『隙ある風景』日々更新。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催