特集 PR

チャットモンチー、バンド消滅の危機もあった10年を振り返る

チャットモンチー、バンド消滅の危機もあった10年を振り返る

インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:中村ナリコ

音楽の部分だけはずっと頑固だったからかもしれない。スタッフに「こうしたほうがいい」って言われても、メンバーとは「やりたいことではないかもしれないね」ってことをよく話していた記憶はあります。(福岡)

―時代の流れも見つつ、いかにチャットらしく遊べるかというクリエイティビティーはずっと貫いてきたとも思います。

福岡:そうですね。音楽の部分だけはずっと頑固だったからかもしれない。スタッフに「こうしたほうがいい」って言わても、メンバーとは、それこそ“こころとあたま”の歌詞のように、「頭ではわかっているけど、心でやりたいと思ってることではないかもしれないね」っていうようなことをよく話していた記憶はあります。

―それは、3ピース時代も、高橋さん(久美子。ドラムを担当していたが、2011年に脱退)が抜けて橋本さんと福岡さんの2ピースになってからもですか?

福岡:そうですね。ただ、えっちゃん(橋本)と二人になってからは、ある程度音楽業界の流れもわかってきたから「もっと楽しい方法はないかな?」ってより考えるようになりましたね。CDがそこまで売れないことはもうわかってるし、それならそのなかでCDを買ってくれたリスナーが「買ってよかった」と思えるようなことをしたいって考えるようになって。三人のときは、ただ頑張っていればいい状況になるって思ってたから。

橋本:10年なりにいろいろあったなって思うね(笑)。

―でも、どんなときもちゃんとメンバー間でコミュニケーションをとってきたんだなって思います。

福岡:えっちゃんがリーダーだし、最終的な判断を下すのもえっちゃんなんですけど、メンバー全員で話を揉みながら形を作っていくバンドだとは思いますね。「ここへ向かっていくぞ」って誰かひとりが先導して、それ以外は見ずに前に進んでいくようなバンドなら、メンバー間でコミュニケーションをとらないで済むのかもしれないけど。

―今の二人を見ていて思うのは、ずっと地元の友人でもありながら仕事上の絶対的なパートナーでもあるという。あるいは戦友でもある。こういう関係ってなかなか築けないんじゃないかなって。

福岡:確かに珍しいって言われますね。

橋本:でも、仲のいいバンドもいっぱいおるよな? 私の目から見たらみんな仲よく見えるんですけどね(笑)。フタを開けてみたらわからないのかもしれないけど。

福岡:メンバー間の仲がいいバンドならいっぱいおるけど。うちらの関係性は、それ以上の何かってことですよね?

―そう、なんかいろんな関係性を超越してるというか。そのうえで音楽を楽しむ遊び心が全然枯れてないなって思います。

福岡:そうですね。今回のアルバムを作って、特に遊び心があってよかったなって思いました。楽しみたい気持ちって、時期によっては枯れる瞬間もあるんですよね。楽しみたいよりも、楽しませたいほうを優先したり、ストイックな方向に行かざるを得なかったり。でも、今回の制作は、今そのときの自分たちがベストだと思うことをやるのが素晴らしいんだと思う余裕ができたんですよね。

福岡晃子

―要はストイックであればあるほど着地点がわからなくなるんだけど、あるラインを引いて、「ここが素晴らしい着地点なんだ」って思えるということですよね。

福岡:そうなんです。そういう線引きができたのは、10年経ったからなのかもしれないです。偉そうな言い方ですけど、「自分たちがやるべき音楽ってこういうことなんだ」ってわかったんだと思う。


実は、解散の危機は久美子が脱退する前にあったんですよ。(橋本)

―バンド史としては、高橋さんが脱退したときが大きな危機だったと思うんですけど、あらためてあのとき二人だけでアルバム制作もライブもやってみせたことはホントにすごかったと思います。

橋本:あそこで、あっこちゃん(福岡)の根っからの気質が出たんだと思う。

福岡:根っからの気質?

橋本:どんな状況でも楽しもうとする気質が出たよね。

福岡:えっちゃんもよく受け入れてくれたと思うけどね(笑)。

―あのとき、解散という発想はなかった?

橋本:いや、実はその危機は久美子が脱退する前にあったんですよ。これから三人でバンドを続けるうえで、もっとグンと上昇しなきゃいけない時期なんじゃないかって、久美子が辞めると言い出す前に考えていて。もし一発花火を上げて、バーンってバンドが消滅しても、それはそういう運命だったんだって思ったほうがいいと考えていたんです。それを言ったときに久美子から「辞める」って告げられたんですよね。

橋本絵莉子

福岡:そのときは、とにかくアクセルを踏もうとしてたんだよね。それが寿命を縮める行為だとわかっていながら、やらなきゃいけないと思ってた。

橋本:そう、チャットは低空飛行が許されないバンドなんだって気がして。最初は周りのその期待を嫌がって、あえてシングルは出さないとか、必死に路線を外れようとしてたんですけど、それをやってる途中で誰もいい顔をしない気がしてきたんですよね。「チャットは好きなことやれていいね」じゃなくて、「チャットはガンガン行くべきでしょ」っていうのが周りの望んでいることなんだって思ったんです。

―それはちょっと被害妄想みたいなところもあったんですか?

橋本:あったと思いますね。でも、花火を上げようとするのはチャットの性質には合わないから、きっと壊れちゃうなって思ったけど、どうせ壊れるならめちゃくちゃ大きな花火を上げようと思ったんです。

―花火を打ち上げて、それで灰になったとしてもしょうがないと。

橋本:そう。バンドは続けたいけど、続けるだけがいいことじゃないかもって思ってたんです。で、その気持ちを伝えたときに、久美子が辞めるって言い出して。

福岡:だから花火を上げるどころじゃなくなった。

―でも、二人になって爆竹を鳴らしまくったわけじゃないですか。

橋本:爆竹!(笑)

福岡:ネズミ花火みたいなやつ!(笑)

橋本:「みんな逃げろー!」って(笑)。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

チャットモンチー 『共鳴』初回限定盤(CD+DVD)
チャットモンチー
『共鳴』初回限定盤(CD+DVD)

2015年5月13日(水)発売
価格:3,672円(税込)
KSCL-2610/1

[CD]
1. きみがその気なら
2. こころとあたま
3. ぜんぶカン
4. 隣の女
5. 毒の花
6. 私が証
7. 楽園天国
8. 最後の果実
9. 例えば、
10. いたちごっこ
11. ときめき
12. ドライブ
[DVD]
『共鳴なう』
1. “こころとあたま”Music Video
2. “いたちごっこ”Music Video
3. “ときめき”Music Video
4. “隣の女”Music Video
・特典映像『男女六人ないものねだり~「共鳴」完成パーティー~』
※デジパック仕様、シングル『ときめき / 隣の女』とのダブル購入者特典抽選応募券封入

チャットモンチー 『共鳴』初回仕様盤(CD)
チャットモンチー
『共鳴』初回仕様盤(CD)

2015年5月13日(水)発売
価格:3,132円(税込)
KSCL-2612

1. きみがその気なら
2. こころとあたま
3. ぜんぶカン
4. 隣の女
5. 毒の花
6. 私が証
7. 楽園天国
8. 最後の果実
9. 例えば、
10. いたちごっこ
11. ときめき
12. ドライブ
※シングル『ときめき / 隣の女』とのダブル購入者特典抽選応募券封入

イベント情報

『チャットモンチーの求愛ツアー♡2015』

2015年6月4日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO
出演:
チャットモンチー
柳沢慎吾

2015年6月5日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:福岡県 Zepp Fukuoka
出演:
チャットモンチー
ハナレグミ

2015年6月10日(水)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:大阪府 Zepp Namba(OSAKA)
出演:
チャットモンチー
Ken Yokoyama

2015年6月11日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:愛知県 Zepp Nagoya
出演:
チャットモンチー
GRAPEVINE

2015年6月20日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:宮城県 仙台 Rensa
出演:
チャットモンチー
YOUR SONG IS GOOD

2015年6月26日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:北海道 Zepp Sapporo
出演:
チャットモンチー
スチャダラパー

2015年7月1日(水)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 お台場 Zepp Tokyo
出演:
チャットモンチー
and more

料金:各公演 4,860円

『チャットモンチーのすごい10周年 in 日本武道館!!!!』

2015年11月11日(水)OPEN 17:30 / START 18:30
会場:東京都 九段下 日本武道館
料金:一般6,700円 ワンダフルチケット11,111円
※ワンダフルチケットはお土産付

プロフィール

チャットモンチー

橋本絵莉子を中心に2000年徳島にて結成。2004年春に橋本(Gt,Vo)、福岡晃子(Ba,Cho)、高橋久美子(Dr,Cho)の体制となり、2005年11月『chatomonchy has come』でメジャーデビュー。2011年10月より橋本と福岡の2ピース体制となり、楽曲ごとに担当楽器を変えるフリーフォームな形で録音したアルバム『変身』(オリコン初登場2位)をリリース。それに伴う全国ツアーも2人のみで行われ、ファンのみならず、ミュージシャンからも熱い支持を得る。2013年5月、橋本が結婚及び妊娠を発表し、一時活動休止期間に入る。2014年8月に、恒岡章(Dr / Hi-STANDARD、CUBISMO GRAFICO FIVE)、下村亮介(Key, G / the chef cooks me)という男性サポート2名を迎えた4人体制で活動を発表。2015年1月には、世武裕子(Pf,Synth)、北野愛子(Dr / DQS, nelca / ex.your gold, my pink)という女性2名を迎えた4人体制での活動もあらたに発表。結成10周年にあたる2015年の5月13日に、2年7か月ぶりとなる6枚目のアルバム『共鳴』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催