特集 PR

ORIGINAL LOVEが語る「今の状況は渋谷系の頃と似てると思う」

ORIGINAL LOVEが語る「今の状況は渋谷系の頃と似てると思う」

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望

ここ数年のインディーシーンにおけるポップスのブームを牽引してきたceroが新しいフェイズを示した素晴らしい新作を発表し、彼らの作った磁場ともリンクしつつ、よりオーバーグラウンドを目指すShiggy Jr.がメジャーデビューを果たすその中間で、ORIGINAL LOVEの新作『ラヴァーマン』がリリースされるということには、とても意味があるように思う。1960~70年代のソウルなど、ブラックミュージックをベースにしつつ、ときにはワールドミュージックを大胆に取り込むなど、折衷的なサウンドを展開しながら、あくまでポップスを追求してきたORIGINAL LOVEは、まさに上記2バンドの大先輩にあたる存在。そして、彼らが示しているのは、アーティスト性を重視するのではなく、楽曲そのものの構造的な面白さこそを重視しようという、時代の移り変わりである。

『ラヴァーマン』の最大のトピックは、1994年発表の名盤『風の歌を聴け』のリズム隊である佐野康夫と小松秀行の18年ぶりの参加であり、素晴らしいファンクネスを聴かせてくれるということ。ただ、田島貴男がこの方向性を選んだのは、Negiccoへの曲提供をはじめ、ポップスを志向する若手との交流があったからこそである。そして、本作において田島は、近年行っている一人でのツアーの経験を基に、元来のプレイヤー的な資質をより強めることで、独創的でありながらも極めて洗練された、ORIGINAL LOVEにしか鳴らせないポップスを見事に作り上げてみせた。田島は最近影響を受けた映画として『バードマン』を挙げ、その主人公をドン・キホーテに例えたが、田島貴男こそが日本のポップス界におけるドン・キホーテなのだと言っても、決して大げさではないだろう。

スタンダードとして残る曲って、すごくいい曲だけど、謎が隠されていて、その謎はきっと人間の本性みたいなものなんです。

―『ラヴァーマン』には『風の歌を聴け』以来18年ぶりに、佐野康夫さんと小松秀行さんのリズム隊が参加しています。まずはこの起用の理由について話していただけますか?

田島:このアルバムの発端となった曲が“ラヴァーマン”なんですけど、実はこの曲は6~7年前ぐらいに書いた曲で、手応えを感じていたので、ずっと温存してたんです。そんな中、一昨年くらいにスタッフから、「『風の歌を聴け』の頃のサウンドを、新曲として求めてる人は多いですよ」っていうことを言われたり、あとここ最近「ネオ渋谷系」と呼ばれる若いミュージシャンの存在を知ったり、ソウルミュージックを聴く若い人たちが増えているということを知ったりして、この曲のリリースタイミングは今なんじゃないかと思い、久々にこのメンバーでレコーディングをしようと思いました。

―2011年に発表した『白熱』はすべてお一人でレコーディングをされていましたが、今再び生バンドの肉体性を求めたということでしょうか?

田島:『白熱』は、「もうアルバムの時代じゃない」と言われる中で、ミックスからマスタリングまで一人で全部やってみた作品だったのですが、今回はスタジオミュージシャンを使って、メジャーで大ヒットしているサウンドプロダクションと同じクオリティーのサウンドを作ろうと目指しました。もちろん、ORIGINAL LOVEの一番の強みは肉体性で、『風の歌を聴け』はまさにその強みが出た作品だったので、そういうことをやろうという意図もありました。

―まさに、今回の作品は生バンドならではのグルーヴに溢れていますね。

田島:このアルバムは、もう1回真正面からポップスを、ヒット性のあるアルバムを、思いっ切り作ってやろうと思って取り組んだんです。実際ヒットするかは別として(笑)、たくさんの方に聴かれるポップスの商品を作ろうとしたってことですね。

田島貴男
田島貴男

―『風の歌を聴け』の当時も、「ポップスを作る」ということが一番の目的だったと言えますか?

田島:はい、それは変わってないです。ただ、ポップスという言葉には幅があり過ぎる。僕の言い方で言うと、「わかりづらいポップス」を作りたいんですよ。スタンダードとして残る曲って、すごくいい曲だけど、謎が隠されていて、その謎はきっと人間の本性みたいなものなんです。僕はそういう何年も聴けるスタンダードが大好きで、PIZZICATO FIVEをやってた頃から、そうした曲はどういう構造になってるのかということばかり考えてきました。Facebookで「いいね!」されても、次の日には忘れられるようなものではなくて、何年経っても「この曲はここがいい」って感じられる曲が、僕がポップスに見るロマンであって、曲を書く上でもそういうことを求めてるのは昔から変わってないんです。

―簡単に消費されない、聴くたびに発見があるスタンダードを作りたいと。

田島:スタンダードになる曲と、そのときは大流行したけど、何年か後には全然聴かれなくなる音楽があるわけで、その違いは何なのかをずっと問うているというのかな。例えば、“Stand By Me”と同じ時期にヒットした曲はいっぱいあるはずなのに、ほとんど忘れ去られてしまっているわけですよ。なぜ“Stand By Me”は今に残ったのか? なんとなくでも、いつもそういうことを念頭に置いて曲を作りたいという気持ちはあります。

Page 1
次へ

リリース情報

ORIGINAL LOVE 
『ラヴァーマン』(CD)
ORIGINAL LOVE
『ラヴァーマン』(CD)

2015年6月10日(水)発売
価格:3,240円(税込)
WONDERFUL WORLD RECORDS / XQKP-1007

1. ラヴァーマン
2. ビッグサンキュー
3. サンシャイン日本海
4. 今夜はおやすみ
5. フランケンシュタイン
6. クレイジアバウチュ
7. きりきり舞いのジャズ
8. 四季と歌
9. 99粒の涙
10. 希望のバネ
11. ウイスキーが、お好きでしょ

イベント情報

『ラヴァーマン・ツアー』

2015年6月23日(火)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 CLUB QUATTRO

2015年6月26日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:宮城県 仙台 RENSA

2015年6月27日(土)OPEN 17:00 / START 17:30
会場:岩手県 盛岡 club change WAVE

2015年7月5日(日)OPEN 16:30 / START 17:00
会場:福岡県 博多 電気ビルみらいホール

2015年7月10日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:大阪府 梅田 CLUB QUATTRO

2015年7月11日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:愛知県 名古屋 CLUB QUATTRO

2015年7月18日(土)OPEN 16:30 / START 17:00
会場:東京都 渋谷公会堂

プロフィール

ORIGINAL LOVE(おりじなる らぶ)

1966年4月24日、東京生まれ。1985年冬、田島貴男を中心に前身バンド「レッドカーテン」を結成。1987年にバンド名を現在のORIGINAL LOVEに改名。現在は田島貴男のソロユニットとして活動。1991年6月にシングル『DEEP FRENCH KISS』でメジャーデビュー。同年末にリリースの1stアルバム『LOVE! LOVE! & LOVE! 』は日本レコード大賞ニューアーティスト部門を受賞。1993年の5thシングル『接吻』が、日本テレビ系土曜グランド劇場 『大人のキス』 主題歌に起用され、大ヒットを記録する。1994年発売のアルバム『風の歌を聴け』はチャート1位を獲得。近年では、サントリー角ハイボールCMで「ウイスキーがお好きでしょ」を歌唱。ドラマの主題歌やCM音楽の担当、アルバムプロデュースなど、その活動は多岐に渡る。2015年6月10日、17thアルバム『ラヴァーマン』を発売。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に