あいみょんとNulbarich、個性的なアートワークの秘密を語り合う

ジャケットやMVなど、楽曲のみならず、ビジュアル面でも強い個性を発揮しているあいみょんとNulbarich。メガネブランド「Zoff」の「SUNGLASSES COLLECTION 2018」でメインビジュアルモデルを担当したのは、アイコンとしての存在感に加え、ビジュアル面での高い評価もきっと関係しているはずだ。

そんな両者に今回語ってもらうテーマは「アートワーク」。とんだ林蘭がアートディレクションを手掛けたZoff「SUNGLASSES COLLECTION 2018」の豪華なセットによる撮影の裏話と、同じくとんだ林が関わるあいみょん作品のアートワークについて。そして、Nulbarichのジャケットでお馴染みのキャラクター「ナルバリくん」の誕生秘話まで、写真満載でお届けする。

私の作品なのに、私自身がとんだ林さんの作品になるのが面白いです。(あいみょん)

—あいみょんさんはZoff「SUNGLASSES COLLECTION 2018」の撮影について「いつも一緒にやってるスタッフさんが多かった」という話でしたが、8月に出るシングル『マリーゴールド』のアートワークも近いスタッフによって制作されたのですか?

あいみょん:そうです。アートディレクターのとんだ林さん(とんだ林蘭、東京を活動の拠点にするアーティスト)はもちろん、カメラマンさんも、スタイリストさんも一緒でした。

左から:JQ(Nulbarich)、あいみょん
左から:JQ(Nulbarich)、あいみょん

—改めて、とんだ林さんと一緒にアートワークを作ることの面白さはどんな部分に感じますか?

あいみょん:楽曲自体は私の作品のはずですよね。でも、アートワークでは私自身がとんだ林さんの作品の一部になることができる。そこが面白いと思います。

とんだ林蘭が手がけた、あいみょん『生きていたんだよな』ジャケット
とんだ林蘭が手がけた、あいみょん『生きていたんだよな』ジャケット

とんだ林蘭が手がけた、あいみょん『愛を伝えたいだとか』ジャケット
とんだ林蘭が手がけた、あいみょん『愛を伝えたいだとか』ジャケット

—歌詞の一節からインスピレーションを広げながらも、どこか異物感のあるアートワークが多いですよね。今回も実際のマリーゴールドの花はもちろん、<いつまでも 離さない>という歌詞から、手をつなぐ男女がモチーフになったんだろうし。

あいみょん:「怖い怖い」って言われますけどね……でもなんか、天丼みたいに見えてきた(笑)。デカ盛りでこういう風に海老が刺さってるのありますよね。

とんだ林蘭が手がけた、あいみょん『マリーゴールド』ジャケット
とんだ林蘭が手がけた、あいみょん『マリーゴールド』ジャケット

—それにしか見えなくなりそう(笑)。一方、Nulbarichさんのアートワークの特徴と言えば、ファンにはもはやお馴染みの「ナルバリくん」ですよね。

JQ:ナルバリくんはもともと僕のシルエットなんですよ。

「ナルバリくん」が描かれたNulbarichのアルバム『Guess Who?』
「ナルバリくん」が描かれたNulbarichのアルバム『Guess Who?』

あいみょん:ホンマのシルエットですか?

JQ:本当のです。すごい猫背でしょ。

—でも、ナルバリくんも少しずつ進化をしているというか、今年リリースされた『H.O.T』のアートワークは丸井“Motty”元子さんが手掛けられていて、以前までとは少し雰囲気が違いますよね。

JQ:特に決まり事もなく、何となくのシルエット感が保てればよいかなと緩い感じです。最悪いなくてもいいと思ってるんです。

ナルバリくんが描かれたNulbarich『H.O.T』ジャケット
ナルバリくんが描かれたNulbarich『H.O.T』ジャケット

—Zoffのメインビジュアルでは、「ナルバリくん」がテレビの中にいますね。

JQ:そうですね。僕の場合、これがないと「誰やねん?」になると思うんで(笑)。

あいみょん:ナルバリくんを入れると聞いて、「私も何か入れたい」って言ったら、とんだ林さんがラジカセに小さく「AIM」(あいみょん)って入れてくれたんですよ。

「SUNGLASSES COLLECTION 2018」メインビジュアルには、テレビ画面にナルバリくんが、ラジカセには「AIM」(あいみょん)が描かれている。
「SUNGLASSES COLLECTION 2018」メインビジュアルには、テレビ画面にナルバリくんが、ラジカセには「AIM」(あいみょん)が描かれている。

—ホントですね! 気づきませんでした。ちなみに、ナルバリくんは「最悪いなくてもいい」という話でしたが、実際に5月に配信でリリースされたNulbarich『Kiss You Back』ジャケットからはいなくなっちゃいましたよね。

JQ:そうですね。もともとはアー写がなかったから作っただけなので(笑)。

あいみょん:“Kiss You Back”いいですよね。私この曲、めっちゃ好き。

ナルバリくんが描かれていないNulbarichの最新シングル『Kiss You Back』
ナルバリくんが描かれていないNulbarichの最新シングル『Kiss You Back』

—ZoffのメインビジュアルでJQさんとナルバリくんが共演を果たし、そろそろナルバリくんは役目を終えるんですかね(笑)。

あいみょん:もしかして、ナルバリくんは卒業ですか?(笑)

JQ:そういうわけじゃないですけど(笑)、キャラクターに作品が引っ張られちゃうのもナンセンスですからね。

普段は日々、自分を表現しているので、「誰かの何かになる」っていう体験は初めてでした。(JQ)

—今回のZoff「SUNGLASSES COLLECTION 2018」メインビジュアルの撮影についてですが、撮影を終えて、お互いの印象はいかがでしたか?

あいみょん:JQさんはクールな方だろうなって思ってたら……やっぱりクールな方でした(笑)。

JQ:あざっす!

あいみょん:あ、でもこの感じです(笑)。ちょっと気を抜いてくれる瞬間もあって、一緒にできてよかったです。

左:あいみょん

「SUNGLASSES COLLECTION 2018」キャンペーンのメインビジュアル
「SUNGLASSES COLLECTION 2018」キャンペーンのメインビジュアル(サイトを見る

JQ:僕はあいみょんさんが撮影現場でタコ焼きを焼いてくれたのが嬉しかったです。

あいみょん:ああ、焼きましたね! セットが大掛かりやったので、空き時間もあって、そのときタコ焼きを焼きました。

JQ:初めて女の子にタコ焼きを焼いてもらいました。関東の人はなかなかない気がしているんですが。

左から:JQ(Nulbarich)、あいみょん

—撮影中はそうした交流をされていたんですね。Zoff「SUNGLASSES COLLECTION 2018」のビジュアルについては、JQさんが「合成かと思うくらいクオリティーの高いセットも圧巻でした」とコメントされていたように、一見CGに見えなくもないけど、実際のセットなんですよね。

JQ:ただ座ることしかできなかったですけどね(笑)。

あいみょん:ホンマ動けないんですよ(笑)。

Zoffの「SUNGLASSES COLLECTION 2018」キャンペーン用動画

—確かに、すごい作りの椅子ですもんね。

JQ:普段は日々、自分を表現しているので、「誰かの何かになる」っていう体験は初めてで……座るだけで安心しました(笑)。「何かやってください」って言われても、たぶんできないので、とんだ林さんの力で素敵にしていただいたと思います。

あいみょん:いままでご一緒したとんだ林さんの作品の中でもいちばん大きな作品やったので、とんだ林さん自身ワクワクしてるのも伝わってきて、それに関われたのも嬉しかったです。

左から:JQ(Nulbarich)、あいみょん

—とんだ林さんは、サングラスの「いつでもどこでも、自分が着けたいときに着けるという自由さ」をコンセプトにしたとコメントされていて、室内なのか外なのかもわからない、不思議な空間になってますよね。

あいみょん:異空間ですよね。私たちも無表情で笑ってないし、宇宙人みたい(笑)。でも、セクシーな男性が横におったので、「どうやって色気を出そうか」って思ってました。

JQ:自分は座ってるだけでしたけどね。

あいみょん:いや、座ってるだけなのに色気を出すのがすごいんですよ。

 

JQ:座ってるだけなんですけど、実際には、しっかりバランスをとってるんです(笑)。姿勢を正しくしてるわけじゃなくて、これがベストポジションなんですよ。

あいみょん:ホントに、ちょっとどっかに重心かけたらバキッって壊れてしまうくらいの感じやったんで、お互い体勢はきつかったと思います。

あとはスタッフさんがいろいろ一生懸命やってくれて、『ARABAKI ROCK FEST.18』に行ったときに、お兄さんがタタタって来て、「僕Zoffのとき砂の係をやってました!」って言われて(笑)。「きれいな砂の流れを作ってくれて、ありがとうございます!」って、砂のお兄さんと熱い友情が生まれました(笑)。そんな後日談も含めて、このビジュアルに選ばれてよかったと思います。

左から:JQ(Nulbarich)、あいみょん

リリース情報
「SUNGLASSES COLLECTION 2018」

300種類以上のラインナップを揃えた、Zoffのサングラスコレクション。

イベント情報
『Zoff Rock 2018』

2018年9月19日(水)
会場:都内某所
出演:
あいみょん
Nulbarich
ドレスコード:アイウェア(メガネまたはサングラス)
応募方法:
期間中、全国のZoff店舗またはZoffオンラインストアにて、3,780円(税込)以上お買い上げの方で、Zoffのメールマガジンにご登録いただいた方に、抽選で『Zoff Rock 2018』ライブチケットまたは「とんだ林蘭デザイン フェイスタオル」をプレゼント。
応募期間:2018年6月29日(金) 9:00~2018年8月19日(日)23:59

リリース情報
あいみょん
『マリーゴールド』(CD)

2018年8月8日(水)発売
価格:1,080円(税込)
WPCL-12910︎

1. マリーゴールド
2. あなたのために
3. マリーゴールド(Instrumental)

Nulbarich
『The Remixes』(配信)

2018年9月5日(水)発売︎

1. Zero Gravity (Disco Fries Remix)
2. Almost There (Tobtok Remix)
3. Kiss You Back (Oliver Nelson Remix)
4. In Your Pocket (19th Ave. Remix)

イベント情報
『Nulbarich ONE MAN LIVE at 武道館』

2018年11月2日(金)18:30開演
会場:東京都 日本武道館
チケット:SOLD OUT

プロフィール
あいみょん

兵庫県西宮出身のシンガーソングライター。2016年11月30日、ワーナーミュージック・ジャパン内レーベルunBORDEよりシングル『生きていたんだよな』でメジャーデビュー。2017年5月に2ndシングル『愛を伝えたいだとか』、8月には3rdシングル『君はロックを聴かない』、9月に1stアルバム『青春のエキサイトメント』を発表。同世代の圧倒的な指示を集め、2018年3月から開催した全国ツアーは、6月のツアーファイナル台湾公演も含めて全公演SOLD OUT。8月には新曲『マリーゴールド』がリリースされる。11月からは自身最大規模の全国ツアーも開催決定。

JQ (じぇーきゅー)

バンド、Nulbarichの中心人物で、シンガーソングライター。Nulbarichはソウル、ファンク、アシッドジャズなどをベースにした音楽性が特徴で、メンバーは固定されず、そのときどきに応じてさまざまな演奏形態に変化する。2016年6月にタワーレコードおよびライブ会場限定の1stシングル「Hometown」、10月には1stフルアルバム「Guess Who?」をリリース。その後は積極的なライブ活動を行いながら、2017年5月に4曲入りCD「Who We Are」を発表し、11月に自身初のワンマンツアーをスタートさせた。2018年3月には、ビクターエンタテインメント内の洋楽レーベル移籍後第1弾作品としてニューアルバム「H.O.T」をリリース。11月に初の武道館ワンマンライブを開催する。

フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Music
  • あいみょんとNulbarich、個性的なアートワークの秘密を語り合う

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて