特集 PR

順調に見えて悩みも多い Czecho No Republicが転機を語る

順調に見えて悩みも多い Czecho No Republicが転機を語る

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也

1990年代にTHE YELLOW MONKEYやTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTらを擁し、昨年復活を遂げたコロムビア内の名門ロックレーベルTRIADへ移籍したCzecho No Republicが、3枚目のアルバムとなる『Santa Fe』を完成させた。メジャーから2枚のアルバムを発表し、先日は日比谷野音でのワンマンを成功させるに至った手応えを経て、これまで以上に音楽的な深みを追求した、転機作と呼ぶべき一作だと言っていいだろう。

そもそも、チェコは主にアメリカのインディーロックからの影響を受けて音楽性を確立していったバンドだが、現在の日本のインディーシーンに目を向けると、再びいわゆる「洋楽的な」若手バンドが増えつつあるように思う。しかし、インタビューの中でも話されているように、実際そうした中から商業的な成功を収めることのできるバンドは一握りであり、日本における「邦楽 / 洋楽」という特殊な構図はインターネットの力をもってしても変わらないかのような印象を受けてしまう。そして、だからこそ、チェコのようなポピュラリティーと洋邦を問わない音楽愛を兼ね備えたバンドが、どうしたって必要なのだ。影響を咀嚼してきたバンドから、影響を与えていく存在へ。『Santa Fe』は、その第一歩なのではないかと思う。

TRIADってひとつの時代を築いた「ロックのレーベル」だと思うので、そこへの移籍というのはめっちゃ嬉しいです。でも、「チェコがTRIADでいいの?」っていうのも正直思いました。(山崎)

―TRIADへの移籍に関しては、どのように受け止めていますか? 山崎くんはもともとTHE YELLOW MONKEYの大ファンで、10月の『フジソニック2015』では吉井和哉さんのバックバンドを務めるそうですが。

山崎(Dr):俺の個人的な感想で言うと、TRIADって当時THE YELLOW MONKEYとかTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTがいて、ひとつの時代を築いた「ロックのレーベル」だと思うので、そのレーベルへの移籍というのはめっちゃ嬉しいです。でも、「チェコがTRIADでいいの? ロックレーベルだよね?」っていうのも正直思いました。

―武井くんは?

武井(Vo,Ba):何て言うか……やっぱり未来感あるなあって(笑)。TRIADに俺らの名前があるのって、すごい不思議な感じがします。

―でも、もともと武井くんと山崎くんはVeni Vidi Viciousっていうロックンロールバンドにいたわけだし、そういう意味ではしっくりきますよね。タカハシさんにしても、昔はミッシェルとかを聴いて、ガレージっぽいバンドをやっていたとか?

タカハシ(Cho,Syn,Gt,Per):学生時代はすごい聴いてました。チェコの音楽は確かにポップだけど、みんな心の中にはロックの精神があると思うので、TRIADに来れたのはすごく嬉しいです。

左から:タカハシマイ、武井優心
左から:タカハシマイ、武井優心

―まさにTRIADに来ることで、チェコの硬派な側面を伝えやすくなるだろうし、TRIADにしても、チェコがいることで「今のTRIAD」っていうイメージを更新することができるように思います。

砂川(Gt):僕もホントにミッシェルが大好きで、ギターのカッティングは完全にアベフトシさんに影響を受けてるし、未だにライブ映像を見て勉強するくらいなので、嬉しかったですね。でも、それによって自分たちの活動がこれまでと大きく変わるわけではないので、ひとつ箔がついたとも思うけど、同時に背筋が伸びる思いです。うちらのお客さんに関しては、当時のTRIADのことをよく知らない人もいっぱいいると思うので、そういう人たちにレーベルのことを知ってもらう意味でも、僕らがレーベルを引っ張って行く存在になれればと思います。

―5月に行われた『TRIAD ROCKS』では、吉井さんがミッシェルの“世界の終わり”をカバーして、さらにイエモンの“JAM”をやったそうで。僕はその場にいられなかったけど、それはもう鳥肌ものだったでしょうね。

山崎:もちろん感極まったんですけど、こんなレアな機会はないから、とにかく聴かなきゃと思って、呆然と観てました。一緒に歌いたいんだけど、歌ったら聴こえなくなっちゃうから、とにかく目に焼き付けておこうと思って。あのときばかりは、ただのファンでしたね(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

Czecho No Republic 
『Santa Fe』初回限定盤(CD+DVD)
Czecho No Republic
『Santa Fe』初回限定盤(CD+DVD)

2015年9月9日(水)発売
価格:3,456円(税込)
COZP-1061

[CD]
1. Firework
2. Heart Beat
3. Oh Yeah!!!!!!!
4. Beautiful Days
5. Fun, Fun, Fun, Fun, Fun
6. エンドルフィン
7. クワーキーワールド
8. イメージ
9. Empty Your Mind
10. For You
11. オルゴール
[DVD]
・「日比谷野音ワンマンドキュメンタリー」映像を収録

Czecho No Republic『Santa Fe』通常盤(CD)
Czecho No Republic
『Santa Fe』通常盤(CD)

2015年9月9日(水)発売
価格:3,024円(税込)
COCP-39172

1. Firework
2. Heart Beat
3. Oh Yeah!!!!!!!
4. Beautiful Days
5. Fun, Fun, Fun, Fun, Fun
6. エンドルフィン
7. クワーキーワールド
8. イメージ
9. Empty Your Mind
10. For You
11. オルゴール

イベント情報

『「Santa Fe」リリース記念 聖なる行進TOUR』

2015年9月18日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:北海道 札幌 cube garden

2015年9月20日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:宮城県 仙台 CLUB JUNK BOX

2015年9月21日(月)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:新潟県 GOLDEN PIGS RED STAGE

2015年9月24日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:香川県 高松 DIME

2015年9月26日(土)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:福岡県 DRUM Be-1

2015年9月27日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:熊本県 B.9 V2

2015年10月2日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:大阪府 なんばhatch

2015年10月3日(土)OPEN 17:30 / START 18:30
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO

2015年10月9日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:石川県 金沢 AZ

2015年10月10日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:愛知県 名古屋 BOTTOM LINE

『「Santa Fe」リリース記念 聖なる行進TOUR スーパーファイナル×一夜限りの結成5周年スペシャル』

2015年10月17日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 お台場 Zepp DiverCity Tokyo

プロフィール

Czecho No Republic(ちぇこ のー りぱぶりっく)

Czecho No Republic(ちぇこ のー りぱぶりっく)
2010年3月、武井優心(Vo,B)、山崎正太郎(Dr)の2人を中心に結成。2011年2月に八木類(Gt)が加入。2013年元旦、モデルとしても大きな活躍をしているタカハシマイ(Cho,Syn,Gt,Per)、砂川一黄(Gt)が加入。端正なルックスと唯一無二のドリーミー&キャッチーな音楽性により、各地大型フェス出演や『第4回CDショップ大賞』にノミネートされるなど、各方面から注目を集める。2013年10月に、會田茂一、いしわたり淳治、片寄明人(50音順)という敏腕ミュージシャンらをプロデューサーに迎えて制作したファーストアルバム『NEVERLAND』でメジャーデビュー。2014年7月に、セカンドアルバム『MANTLE』を発売。2015年9月9日にニューアルバム『Santa Fe』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開