特集 PR

死者が集うネットカフェに「能」を接続 野村萬斎×マキノノゾミ

死者が集うネットカフェに「能」を接続 野村萬斎×マキノノゾミ

インタビュー・テキスト
萩原雄太
撮影:豊島望

狂言師・野村萬斎による、古典の知恵と洗練をいまに還元したいというアイデアから2003年にスタートした「現代能楽集」シリーズ。第一弾より川村毅、鐘下辰男、宮沢章夫、野田秀樹、倉持 裕、前川知大といった劇作家・演出家たちが、能楽の物語や演出手法に着想を得て新作を書き下ろし、新しい現代劇を生みだしてきた。

今秋8回目を迎える同シリーズで、劇作・演出を担当するのが元・劇団M.O.Pの主宰者であり、NHK連続テレビ小説『まんてん』の脚本家としても知られるマキノノゾミ。平岡祐太、倉科カナ、眞島秀和、一路真輝といった俳優らと共に、三島由紀夫が約60年前に「能楽」のアップデートを目論み、物語を昭和へ移植した『近代能楽集』収録の『卒塔婆(そとば)小町』『熊野(ゆや)』という2つの作品を、さらに現代に換骨奪胎した新作『道玄坂綺譚』を上演する。

渋谷の道玄坂らしき場所のネットカフェを舞台に、夢幻能の世界と現実が入り乱れた『道玄坂綺譚』。いったい、ネットカフェと幻想の間からどのような「現代」が浮かび上がってくるのだろうか? そして、2015年の今、能楽を下敷きとした作品を創作することに、どのような意味があるのだろうか? 世田谷パブリックシアターの芸術監督であり、企画・監修を務める野村萬斎とマキノノゾミの対談からは、それぞれが考える現代の諸相が見えてきた。

今のネットカフェってマンガを読むだけでなく、年配の方や家出少女が寝泊まりしていたり、独特の場所になっている。(マキノ)

―11月に世田谷パブリックシアターで上演される『道玄坂綺譚』は、三島由紀夫が「能」を翻案した『卒塔婆小町』と『熊野』を換骨奪胎し、1つの物語に再構成したものだそうですが、どうしてこの2作品を組み合わされたのでしょうか?

マキノ:『卒塔婆小町』と『熊野』は、構成もよくできていて「落とし噺」として面白いし、特に『熊野』はコメディーとしても秀逸。どちらも「落差」の大きい作品であり、舞台ならではの「めくるめく変化」を表現できるのではと考えたんです。

左上から時計回りに、『道玄坂綺譚』に出演する平岡祐太、倉科カナ、眞島秀和、一路真輝
左上から時計回りに、『道玄坂綺譚』に出演する平岡祐太、倉科カナ、眞島秀和、一路真輝

―『道玄坂綺譚』というタイトルの由来は?

マキノ:能をベースにした作品をやるからには、現代劇であっても死者や亡霊が登場する、幻想的なストーリーになるのは間違いないので、それなら『◯◯◯奇譚』というタイトルがいいなと考えていたんです。何がいちばんしっくりくるかといろいろ当てはめてみたんですが、「道玄坂」という文字を入れた途端、これはいいなと。「道玄坂」という文字には品と妖しさが同居しているというか、実際、歓楽街やラブホテルのイメージも強く、どこか妖しい場所ですよね。

野村:「歌舞伎町綺譚」だと妖しすぎるし、ずっと品がいい感じがしますよね。

マキノ:(世田谷パブリックシアターのある)「三軒茶屋綺譚」では、語呂が悪いですし……。

―CINRAのオフィスは道玄坂にあるのですが、たしかに独特の猥雑さや妖しさもある土地です。

マキノ:また、地名の持つイメージの他にも、渋谷自体が戦後、急速に発展してきた街ということも関係しています。明治時代は「渋谷村」と呼ばれており、まったく発展していない土地でした。だからこそ、古い地霊のようなものが漂っていてもおかしくはない気がしたんです。

左から:野村萬斎、マキノノゾミ
左から:野村萬斎、マキノノゾミ

―今作品は、道玄坂のネットカフェを舞台に、幻想の世界と現実とを行き来する内容になるそうですが、マキノさんはネットカフェにはよく行かれるのですか?

マキノ:だいぶ前に興味本位で入ったことはありますが、それくらいですね。この作品について考えているときに、ちょうどテレビのドキュメンタリーでネットカフェの特集をしていたんです。今のネットカフェってマンガを読むだけでなく、年配の方や家出少女が寝泊まりしていたり、独特の場所になっている気がします。そんなところに登場人物である老婆の「小町」や権力者に翻弄される美女「熊野」がいたら面白いなと思ったのがきっかけでした。

―ちなみに萬斎さんはネットカフェに行ったことは?

野村:1回だけありますよ。

―えっ!? 本当ですか?

野村:いちいち身分証明書まで確認されるので躊躇したんですが(笑)、僕も興味があって入ってみたんです。恐ろしい数のマンガとフリードリンク、シャワーがあって、たしかにある種の居心地のよさを感じますよね。

―ネットカフェのどのような部分が、『卒塔婆小町』や『熊野』という物語と共鳴したのでしょうか?

マキノ:三島由紀夫さんの『卒塔婆小町』では、恋人たちが夜な夜な愛をささやく日比谷公園が舞台でした。それが三島さんの生きた時代の「通俗」だったんです。では、現代の通俗とは何か? を考えたとき、ネットカフェのスペースに籠もり、1人でゲームをしたりマンガを読んだりという光景が浮かびました。劇中でネットカフェの店員が店内のブースを眺めながら、「時々、ここが墓場だっていう想像をする」という台詞があるのですが、墓の中で自分が死んでいることにすら気づかずに、オンラインゲームや動画に没頭している客がいるというイメージですね。

―ネットカフェに「通俗」だけでなく、「死」のイメージも重ねている。

野村:実際のお墓も、ちょうどネットカフェのブースくらいの空間に区切られていますよね。そこからつながっていく世界は、冥界なのかもしれないし、六道(仏教における輪廻の世界)に通じるかもしれません。

マキノ:インターネットにアクセスすることは、冥界の入口に立つことに似ているんじゃないかって気がするんです。ふだんは見えない人間の醜い邪悪な部分がネットの中には渦巻いていて、そこにアクセスすることで、よくないものがこちら側に流れ込んでくるようなイメージがあります。ウェブに掲載されるインタビューでこういう話をするのもどうかと思いますが(笑)、よい部分がある反面、そういった負の側面もあるのではないかと思います。

Page 1
次へ

イベント情報

現代能楽集VIII『道玄坂綺譚』 三島由紀夫作 近代能楽集『卒塔婆小町』『熊野』より

2015年11月8日(日)~11月21日(土)
会場:東京都 三軒茶屋 世田谷パブリックシアター
作・演出:マキノノゾミ
企画・監修:野村萬斎
出演:
平岡祐太
倉科カナ
眞島秀和
一路真輝
ほか

プロフィール

野村萬斎(のむら まんさい)

1966年生。狂言師。世田谷パブリックシアター芸術監督。人間国宝・野村万作の長男。祖父・故六世野村万蔵及び父に師事。重要無形文化財総合指定者。「狂言ござる乃座」主宰。国内外の能狂言公演はもとより、『まちがいの狂言』『藪の中』など、狂言の技法を駆使した舞台や、『マクベス』『国盗人』『敦―山月記・名人伝―』など、古典芸能と現代劇の融合を図った舞台を演出・主演。『敦―山月記・名人伝―』で、2005年の『朝日舞台芸術賞・舞台芸術賞』『紀伊國屋演劇賞・個人賞』を受賞したほか、2003年には、狂言『髭櫓』、朗読『弟子』にて『芸術選奨文部科学大臣新人賞』、2012年『文化庁芸術祭賞演劇部門優秀賞』など受賞多数。

マキノノゾミ

1959年生。1984年劇団M.O.P.を結成し、2010年の解散公演まで主宰を務める。1994年『MOTHER』で『第45回芸術選奨文部大臣新人賞』、1997年『東京原子核クラブ』で、『第49回読売文学賞』、1998年『フユヒコ』で『第5回読売演劇大賞優秀作品賞』、2000年『高き彼物』で『第4回鶴屋南北戯曲賞』、『怒涛』で『第8回読売演劇大賞優秀演出家賞・作品賞』、2008年『殿様と私』で『第15回読売演劇大賞優秀作品賞』など、受賞歴多数。劇作、演出にとどまらず、NHK朝の連続テレビ小説『まんてん』のほか、テレビ作品も手がける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表 1

    アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表

  2. カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送 2

    カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送

  3. 高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』 3

    高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』

  4. 有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面 4

    有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面

  5. CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催 5

    CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催

  6. 柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に 6

    柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に

  7. ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に 7

    ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に

  8. 香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」 8

    香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」

  9. 木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』 9

    木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』

  10. 歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言 10

    歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言