特集 PR

トベタ・バジュン×アート・リンゼイによるポップカルチャー談義

トベタ・バジュン×アート・リンゼイによるポップカルチャー談義

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望

映画音楽からアイドルグループ「つりビット」までを幅広く手掛け、日本のポップカルチャーを世界へ向けて発信する音楽家トベタ・バジュン。彼の約5年半ぶりのソロアルバム『TOKYO GALAXY』には、野宮真貴、坂本美雨、Shing02といったビッグネームから、新鋭の泉まくらまでもが名を揃え、トベタの多様性を示しながら、彼の見つめる現代の東京が見事に描き出されている。

そして、本作のラストトラック“雨の中の噴水”でフィーチャーされているのが、アート・リンゼイ。言わずと知れたNYパンクのレジェンドであり、DNAやThe Lounge Lizardsなどでの活動を経て、現在は生まれ育ったリオデジャネイロに移り、ブラジル音楽を中心に活動を続けている。トベタの師匠でもある坂本龍一をはじめ、日本と深い交流を持つアートは、果たして日本のポップカルチャーをどのように見つめているのか? 「ARTO LINDSAY'S RESTLESS SAMBAS」名義での来日公演が行われた6月、トベタとアートに語り合ってもらった。

僕自身は今もブラジル音楽に限らず、いろんな音楽が好きです。「音楽そのもの」が好きなんですよね。ミュージシャンはみんなそうだと思う。(アート)

―まずは今回のコラボレーションが実現した経緯から教えてください。

トベタ:僕からのオファーで実現したんですけど、実はこの“雨の中の噴水”という曲は、椎名林檎さんをイメージして作った曲だったんです。ただ、そのコラボレーションが実現せず、それならと海外に目を向けてみて、自分のビジョンにぴったりフィットしたのがアートさんでした。最初に送ったラフ音源を聴いて、どんな印象を持たれましたか?

アート:ヴァースからサビに行くところでガラッと変わるのがすごく好きでした。それが初めて聴いたときの印象かな。The Beatlesでも、Nirvanaでも、クラシックなポップソングには、曲の中にいい変化があるんですよね。それが人々の心をつかむ1つの要素でもあると思う。

―そもそも、トベタさんにとってアートさんはどんな存在なのでしょうか?

トベタ:パンキッシュなイメージと、アーティスティックで繊細なイメージが同居している人ですね。昔のニューヨーク時代、DNA(1978年にニューヨークで結成。ノーウェーブと呼ばれるムーブメントを代表するロックバンド)の頃のアグレッシブな激しいものと、ブラジルに戻ってからの繊細なものが一緒になっているというイメージです。

トベタ・バジュン
トベタ・バジュン

―今回の来日では「ARTO LINDSAY'S RESTLESS SAMBAS」名義でのライブが行われますが、これはどういったプロジェクトなのでしょうか?

アート:昔からのプロジェクトの違うバージョン、という感じですね。ブラジル音楽と、アグレッシブなギターをミックスさせること。新しいスタイルをやっているわけではなくて、前からやっていることを発展させているんです。ギターのルイス(ルイス・フィリペ・デ・リマ)はサンバの演奏者で、サンバの伝統的な楽器である7弦ギターを演奏すると同時に、素晴らしいプロデューサーでもある。パーカッションのマリヴァウド(マリヴァウド・パイム)はもう随分と長く一緒に演奏してくれていて、ルイスは幅広い知識と精度の高いスタイルの演奏者だけど、マリヴァウドはストリートスタイルで、そのミックスがとてもいいんです。あとはBuffalo Daughterの(大野)由美子がベースで参加してくれて、小山田圭吾とジム・オルークという面白いゲストも迎えるから、とても楽しみにしています。

アート・リンゼイ
アート・リンゼイ

―トベタさんもボサノバの創始者アントニオ・カルロス・ジョビンのトリビュート作品をプロデュースするなど、ブラジル音楽とは縁が深いかと思うのですが、なぜブラジル音楽に惹かれるのでしょうか?

トベタ:父がボサノバが大好きで、ギターとアコーディオンを弾いていたので、その幼少期の記憶があるというか、父からの影響が強いんですかね。

アート:僕の息子は今11歳だけど、アメリカのアイドルを好んで聴いていて、僕の音楽を聴いてもまったく楽しくなさそうですよ(笑)。まあ、全然構わないんだけどね。彼はまだ子どもだから。つまり音楽の好みというのは、必ずしも父親からダイレクトに影響されるものではないんですよね。それに僕自身は今もブラジル音楽に限らず、いろんな音楽が好きです。「音楽そのもの」が好きなんですよね。ミュージシャンはみんなそうだと思いますが。

トベタ:僕もまったく同じです。アイドルからテクノミュージック、オーケストラまで、何でも分け隔てなくやってますからね。

アート:そう、ほとんどのミュージシャンは音楽そのものが好きだよね。リスナーだったら、なにか1つのジャンルに絞って好むという人もいるけど、ミュージシャンはもっとマインドが開かれているはずなんです。

Page 1
次へ

リリース情報

トベタ・バジュン『TOKYO GALAXY』(CD)
トベタ・バジュン
『TOKYO GALAXY』(CD)

2015年9月16日(水)発売
価格:3,240円(税込)
ELSP-0020

1. Magnet Skin(feat. 坂本美雨)
2. Field Work
3. 静かなTOKYO(feat. 泉まくら)
4. 東京銀河 (feat. 橋本一子)
5. Sleepless Night(feat. bo en)
6. Space Loungin'(feat. Shing02)
7. テディベアとパスワード(feat.野宮真貴)ニコラ・コンテre-mix
8. Luna Zuihitsu(feat. FPM)
9. 和心地 relax edit~星野リゾート 界のテーマ~
10. White and Red(feat. DJ OASIS)
11. Sakura Sky
12. 雨の中の噴水(feat. アート・リンゼイ)

リリース情報

トベタ・バジュン『テディベアとパスワード feat. 野宮真貴』(CD+DVD)
トベタ・バジュン
『テディベアとパスワード feat. 野宮真貴』(CD+DVD)

2015年8月26日(水)発売
価格:1,620円(税込)
ELSP-0018/9

[CD]
1. テディベアとパスワード(feat. 野宮真貴)
2. テディベアとパスワード(instrumental)
3. テディベアとパスワード(ニコラ・コンテ instrumental mix)
4. 月の輪郭と午後の雨(feat. ボンジュール鈴木)
5. 月の輪郭と午後の雨(instrumental)
[DVD]
・テディベアとパスワード(feat. 野宮真貴)ミュージックビデオ starring 藤井サチ

プロフィール

トベタ・バジュン

音楽家/プロデューサー。作曲家の坂本龍一氏の門下生として、坂本龍一が設立のプロダクションの所属を経て独立。2008年11月に坂本龍一/高橋幸宏/大貫妙子/キリンジ等をフィーチャーしたソロアルバム『青い蝶』をリリース。同じく2008年には全国公開された映画『西の魔女が死んだ』の音楽を手掛け、映画のヒットと共に注目を集める。国連の世界環境会議(COP10/MOP5)のテーマ楽曲やNEWS23のテーマなどを手掛ける一方で、Salyuや坂本美雨、アイドルグループ・つりビット、Cupitronなど他アーティストのプロデュースも多数行う。2015年9月16日、ニューアルバム『TOKYO GALAXY』をリリース。

アート・リンゼイ

1953年アメリカ生まれの音楽家。3歳から17歳までブラジルで過ごす。1977年、ニューヨークにてバンド「DNA」を結成。ノーウェーブと呼ばれるムーブメントを代表するバンドとなるが、1982年に解散。その後は、The Lounge Lizards、Ambitious Loversなどで活動する一方、ソロミュージシャンとして数多くのアーティストの作品に参加している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年