特集 PR

北朝鮮話から住民税の不満まで歌う、リアル3区のハードコア精神

北朝鮮話から住民税の不満まで歌う、リアル3区のハードコア精神

インタビュー・テキスト
CINRA編集部
撮影:豊島望
2015/11/25

2014年、元・禁断の多数決の「ゆめ」、BabypinkTabletなどでの鍵盤さばきで知られる「キーコ」の二人が作ったバンドに、ぐしゃ人間のギタリストである「亀」が加入。これまでに40本あまりのライブを経験し、そのたびに異形のガールポップを提示してきたリアル3区。

ついに発表されたミニアルバム『住民税が私を殺す』には、北朝鮮拉致問題のチャールズ・ジェンキンスさんと曽我ひとみさんの再会シーンからインスパイアされたという“ジェンキンスさん”や第二次世界大戦を歌ったような“ぽんぽん”といった一風変わった反戦歌、一方でアイドルやJ-POPへの偏愛なども垣間見られ……と、穴だらけのオブラートに包まれた熱量が投下されている。発展途上につき、取り付く島なし。飄々の間合いにて、正体不明。そんな三人の現在に迫った。

北朝鮮のことをマジメに話していたら、他の友達からは「重いなー」みたいな顔をされて。でもゆめだけはずっと爆笑しながら食いついてきてくれたんです。(キーコ)

―リアル3区といえばお酒好きのイメージなのですが、そもそもの出会いもお酒がきっかけなんですよね?

ゆめ:はい、お酒がなかったらこのバンドはなかったですね。ライブハウスに飲みに行ったらたまたまキーコがいて、そのまま飲み友達になった。私は当時全然友達がいなかったんだけど、キーコはすごくアクティブだから、その繋がりを私もシェアさせてもらうようになったんです。お互い家も近かったから、遊びに行くとそのまま丸2日ぐらい飲んじゃったり。

キーコ:当時の部屋は「地獄シェアハウス」って呼ばれるぐらいカオスで、友達が勝手に人を呼びまくって、気づいたら知らない人が酔い潰れてたりするようなところで(笑)。ゆめが音楽やってることを知ったのもずいぶん後のことだもんね。飲みながら「普段なにやってるの?」と聞いても、「チャラチャラしてるー」とか適当なことしか返ってこなかったし。亀ちゃんとの出会いもライブハウスだったよね。私は「ギターを持った可愛い子がいるなー」と狙っていたんですけど、それから何年か経った去年、亀ちゃんのやってる「ぐしゃ人間」とリアル3区が対バンすることになって、再会したんですよ。で、バンドに誘ったら「やりたい!」と即答してくれて。

左から:亀、キーコ、ゆめ
左から:亀、キーコ、ゆめ

ゆめ:そこからスタジオじゃなく居酒屋へ(笑)。でも、飲んでいて「いい奴だな」と思えることが重要なんですよ。リアル3区は2014年の1月に結成したんですけど、そのときもキーコの家で友達と飲んでいて、ベロベロになりながら私はギターを弾いていて、キーコは北朝鮮の話に夢中だったんです。その北朝鮮の話題に私が適当なメロディーをつけて歌うようになって、そこにキーコがフリースタイルでラップを入れてきて、それでできたのが“ジェンキンスさん”。

―おお。アルバムの1曲目ですね。

キーコ:あの夜の北朝鮮話は結構マジメに「みんな聞いてよ!」みたいな感じで話していたんですけど、軽めの話題でも、他の友達は「重いなー」みたいな顔をしていて。でもゆめだけはずっと爆笑しながら食いついてきてくれて、「もっとネタないの?」って。

ゆめ:「蓮池(透)さんは背が高くてすごく目立つから、向こうでもモテたみたいだよ」って言ってたよね。

―そもそもどうして北朝鮮に興味を持ったんですか?

キーコ:世界の構造が知りたいという欲求があるんですよね。うちは家がすごく厳しくて、テレビのチャンネルも制限されちゃっていたので、ニュースばかりを見ていたんですけど、ある日突然「拉致」という言葉が飛び込んできて、なにこれ? って。お母さんとお父さんはあまり教えてくれなかったから、だったら自分で勉強しようと。それが小、中学生の頃で、高校からはさらに知りたい欲が膨らんでいって。

キーコ

―“ぽんぽん”や“カミカゼアタック”のセルフライナーノーツにも書いてありましたが、ゆめちゃんは第二次世界大戦を深堀りしているんですよね?

ゆめ:大学のときにそういう授業ばかりとっていました。私はガンダムが好きなんですけど、その根底には「子どもが戦争に駆り出されることへの憤慨」があるんです。エヴァンゲリオンなんかもそうですね。


:実は私も、世界大戦中の国内の情勢や文化について専攻していましたね。

Page 1
次へ

リリース情報

リアル3区『住民税が私を殺す』(CD)
リアル3区
『住民税が私を殺す』(CD)

2015年11月4日(水)発売
価格:1,620円(税込)
HFCD-021

1. ジェンキンスさん
2. ぽんぽん
3. 大家さん
4. GIVE ME CHOCOLATE
5. カミカゼアタック
6. 住民税が私を殺す

プロフィール

リアル3区
リアル3区(りあるさんく)

ゆめ(Vo, Sampler)、キーコ(Rap, Key)、亀(G, Vo)による3人組ハードコアガールポップバンド。ゆめとキーコを中心に2014年1月に結成し、3月に渋谷CLUB QUATTROにて初ライブを実施。同年12月に亀(ぐしゃ人間 / 猛毒)が加入し現在の編成となる。2015年11月4日に1stミニアルバム「住民税が私を殺す」をリリース。都内ライブハウスを中心に活動しており、対バンはアイドルからパンクバンドまで幅広い。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと