特集 PR

アジアのアート&カルチャー入門 Vol.6 菊地成孔×片倉真由子対談

アジアのアート&カルチャー入門 Vol.6 菊地成孔×片倉真由子対談

国際交流基金アジアセンター
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:相良博昭

2016年1月28日のめぐろパーシモンホールを皮切りに、『Asian Youth Jazz Orchestra』(以下『AYJO』)の日本ツアーが東京、いわき、七ヶ浜の3か所で開催される。『AYJO』とは、日本、インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、マレーシアから選ばれた、総勢28名の将来有望な若手ミュージシャンたちにより編成された多国籍ジャズオーケストラで、今年8月に結成され、東京での合宿リハーサルを経て、9月から10月にかけて5か国をめぐる東南アジアツアーを敢行。音楽活動を通じてメンバーの交流と成長が進むと共に、アジアにおける音楽文化のさらなる発展に大きく貢献している。

さて、ジャズと言えばポップスやロックに比べてどうしてもハードルが高いように思われがちだが、『AYJO』の活動が示しているように、実際にはアジア各国で若者たちにも親しまれている音楽ジャンルである。そこで今回は、あらためてジャズの入門編となる対談を企画。サックス奏者の菊地成孔と『AYJO』にディレクターとして参加し、東南アジアツアーにも帯同したジャズピアニストの片倉真由子を迎えて、それぞれがジャズにハマったきっかけや、「ジャズはハードルが高い」と言われる原因について話をうかがった。同じジャズミュージシャンでも、通ってきた道や、現在志向する音楽はそれぞれ異なる二人。だからこそ、ジャズが国を超えて親しまれる多様性を持った音楽であることもよくわかる対談になったように思う。

「疑似The Beatles」「疑似現代音楽」みたいな音楽が、子どものころテレビで流れてて、そのなかに「疑似ジャズ」も流れていた。(菊地)

―まずはお二人がジャズに興味を持ちはじめたきっかけを教えていただけますか?

片倉:私は両親がプロのジャズミュージシャンで、母はジャズピアニスト、父はアルトサックス奏者だったんです。なので、ジャズは小さいころからずっと身近な存在で、自分から探してジャズを見つけたわけではなくて。「食べる」とか「寝る」と一緒っていうか、家のなかではいつも母がピアノを弾いていて、ジャズのレコードがかかっている状態だったので、逆に自分でジャズを見つけた人は偉いなって思います(笑)。

片倉真由子
片倉真由子

―いわゆる環境による英才教育パターンですね(笑)。小さいころから自然にあったものを、「これがジャズなんだ」と再認識したきっかけは?

片倉:母の生き様を見ていたのが大きいですね。とにかく周りのお母さんとは少し違っていたというか、夜ご飯を食べて、それから仕事に出かけて行って、夜中に帰ってくるっていう。「これが音楽家なんだ」と思って、結構早い段階で「私も将来こんなふうになりたい」と思っていました。

―菊地さんはいかがですか?

菊地:僕は実家が料理屋ですから、家のなかで音楽を聴いてる人はいなかったですし、子ども時代は自分からジャズを探せるような状態ではまったくないわけで(笑)、大体がテレビ経由でしたね。疑似現代音楽、疑似The Beatlesみたいな音楽が劇伴として流れてたから、そのなかに「疑似ジャズ」も流れてたっていう。あと家の両脇が映画館だったんですけど、当時は映画音楽がジャズに寄っていた時代で、出前を持って行くと、でかいスピーカーでジャズが鳴ってたっていうのも大きいと思います。

菊地成孔
菊地成孔

―ジャズを意識して聴くようになったのはいつごろからですか?

菊地:中学に入るときにオーディオを買ってもらったのがきっかけですね。映画が好きだったから、8ミリカメラが欲しかったんですけど、電気屋さんをウロウロしてたときに、はじめてヘッドフォンで音楽を聴く体験をしたんです。そのときはジャズじゃなくて、試聴用に流れてた南こうせつさんの曲だったんですけど(笑)、あまりの音の素晴らしさに失神しそうになって、「こっちが欲しい!」って、すべりこみでオーディオを買いました。あのとき8ミリカメラを買ってたらと思うと、ゾッとしますね(笑)。

―(笑)。

菊地:それで、オーディオを買うとFMラジオが聴けるようになって、当時はジャズの番組がいっぱいあったので、それをエアチェックするようになりました。あと兄の同級生が、僕の地元の千葉県銚子市で最初のジャズ喫茶をはじめたんですよ。なので、FMを聴いて、ジャズ喫茶に行って、っていう流れのなかで、どんどんジャズが好きになっていったんです。

ジャズを聴くと「なんで血が沸騰するみたいになるんだろう?」っていう、その「不思議な感じ」は、いまも変わってない。(片倉)

―それぞれ、最初に衝撃を受けたジャズミュージシャンというと誰になりますか?

片倉:両親共にビッグバンドジャズ(大人数編成によるアンサンブルで演奏されるジャズ)をやっていたので、私もまずビッグバンドが好きになったんです。テレビでグレン・ミラーオーケストラ来日公演のCMを観て、母に頼んで小学4年生から毎年連れて行ってもらいました。中学生くらいのときには、ハンプトン・ホーズ(1928-1977年、ジャズピアニスト)を聴きはじめたら止まらなくなっちゃって。「なんでこんなに気持ちいいんだろう?」っていう、その体験は大きかったですね。

『Asian Youth Jazz Orchestra』 写真提供:国際交流基金アジアセンター
『Asian Youth Jazz Orchestra』 写真提供:国際交流基金アジアセンター

―なぜそこまでハマったんだと思いますか?

片倉:なんで好きかっていうのは具体的に言葉では表せなくて、でもそれがわからないから面白いのかなって。本能的なところなんだと思いますね。「なんで勝手に体が揺れちゃんだろう?」とか「なんで血が沸騰するみたいになるんだろう?」っていう、その「不思議な感じ」は、いまも変わってないんです。

―菊地さんはいかがですか?

菊地:はじめて自分でレコードを買おうとなったとき、なぜか2枚組を買ったほうがお得だと思い込んでいたんですね(笑)。それで、マイルス・デイヴィス(1926-1991年、ジャズトランペット奏者)はラジオで聴いてなんとなく知っていたから、『Get Up With It』という2枚組アルバムを買ったんですが、それがエレクトリック・マイルス期の問題作で(笑)。マイルスがファンクや現代音楽とジャズの融合を試みていたころのアウトテイク集で、もはやトランペットを吹いてない曲もあったりして、これはヤバいなと。

片倉:私もマイルスは、“Bye Bye Blackbird”をウィスキーのCMで聴いて、すごくかっこいいと思って、次の日にお母さんにCDを買ってもらったことがあります。あとすごく好きでずっと聴いてるアルバムが、ロイ・ヘインズ(モダンジャズの巨匠ドラマー。現在90歳)の『We Three』なんです。音楽大学に入ってからは、ジャズミュージシャンのアドリブなどを分析しはじめるんですけど、あのアルバムに関しては未だにそれができない。したくないというか、できないというか、なんでかわからないけど、ずっとメロディーが鳴ってるように聴こえてしまうんです。あれは自分にとってずっと一番のアルバムですね。

Page 1
次へ

イベント情報

『Asian Youth Jazz Orchestra』日本ツアー

2016年1月28日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 目黒 めぐろパーシモンホール 大ホール
料金:一般・前売1,500円 当日2,000円 学生500円(全席指定)

2016年1月29日(金)OPEN 18:15 / START 19:00
会場:福島県 いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール
料金:一般1,000円(全席指定)
※25歳以下無料(要入場整理券)

2016年1月31日(日)OPEN 14:30 / START 15:00
会場:宮城県 七ヶ浜国際村ホール
料金:一般1,000円(全席指定)
※25歳以下無料(要予約)

リリース情報

『レクイエムの名手 菊地成孔追悼文集』
『レクイエムの名手 菊地成孔追悼文集』

2015年10月23日(金)発売
著者:菊地成孔
価格:1,940円(税込)
発行:亜紀書房

片倉真由子『The Echoes of Three』
片倉真由子
『The Echoes of Three』(CD)

2016年9月16日(水)発売
価格:2,700円(税込)

1. Echo
2. Into Somewhere
3. A Dancer's Melancholy
4. At The Studio(Reunion)
5. Directions
6. Serene
7. Pinocchio
8. You Know I Care
9. A Barfly's Hope

プロフィール

菊地成孔(きくち なるよし)

東京ジャズシーンのミュージシャン(サックス / ボーカル / ピアノ / キーボード / CD-J)として活動。思想の軸足をジャズミュージックに置きながらも、極度にジャンル越境的な活動を展開。演奏と著述はもとより、ラジオ・テレビ番組でのナビゲーター、コラムニスト、コメンテーター、選曲家、クラブDJ、映画やテレビドラマの音楽監督、対談家、批評家(主な対象は音楽、映画、服飾、食文化、格闘技)、ファッションブランドとのコラボレーター、ジャーナリスト、作詞家、アレンジャー、プロデューサー、パーティーオーガナイザー等々としても評価が高い。数多くのバンドへの参加・主催を経て、現在は自らのリーダーバンドとして「菊地成孔ダブセクステット」「菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール」「DCPRG」の3バンドを主催。

片倉真由子(かたくら まゆこ)

宮城県仙台市出身。両親共にプロのジャズミュージシャンであり、幼少よりジャズを聴いて育つ。洗足学園短期大学、バークリー音楽大学、ジュリアード音楽院にてジャズピアノを学ぶ。現在は精力的に国内外において演奏活動を行っており、日本において今後の活躍が最も期待されるピアニストの一人。2006年『Mary Lou Williams Women in Jazz Pianist Competition』で優勝、1stリーダーアルバムの『インスピレーション』が『第43回スイングジャーナル・ジャズディスク大賞』の『ニュースター賞』を受賞するなど受賞歴も多数。『AYJO』では、ディレクターを務めるとともにピアノとリズムセクションの指導を担当。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nova Heart“My Song 9”

盛り上がりを見せる中国ミレニアル世代のなかでも要注目のバンド、Nova Heartの“My Song 9”MV。今週末開催の、中国ユースカルチャーを代表する実力派ミュージシャンが出演するイベント『秋音之夜』にも登場する彼女たちが、日本の夜にどんな姿を見せてくれるか楽しみだ。中国ミレニアルズの勢いは止まらない。(川浦)

  1. 『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら 1

    『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら

  2. 菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ 2

    菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ

  3. 長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル 3

    長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル

  4. 西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに 4

    西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに

  5. のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア 5

    のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア

  6. カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤 6

    カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤

  7. 最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る 7

    最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る

  8. 吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号 8

    吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号

  9. ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点 9

    ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点

  10. 『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真 10

    『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真