特集 PR

一度は音楽業界と決別した藤井麻輝、復帰後の怒濤の活動を語る

一度は音楽業界と決別した藤井麻輝、復帰後の怒濤の活動を語る

minus(-)『G』
インタビュー・テキスト
小野島大

SCHAFTは二人でやってるものなので、プロデューサーというよりはメンバーとして滅私奉公してますね。

―今回のSCHAFTの楽曲作りはどういう作業だったんですか?

藤井:原曲はそれぞれ(今井、藤井)が書きましたけど、今回の曲はすごく有機的に結合しているので、誰の曲という隔たりもなく、今井くんの曲も僕ががっつり変えるし、僕の曲もデモの段階から今井くんに送ってどんどん意見をもらって。今はすべての素材が揃ったので、最終仕上げに入っているという段階ですね。

―藤井さんはプロデューサー的な立場と理解していいんですか?

藤井:SCHAFTは二人でやってるものなので、プロデューサーというよりはメンバーとして滅私奉公してる感じですね。

―アルバムはどういう雰囲気になりそうですか? 1曲だけ聴かせていただいた曲は、かなり攻撃的なインダストリアルっぽい曲でしたね。

藤井:うーーーーん…………変わった……ロック?

―そりゃざっくりしすぎです(笑)。

藤井:ファンの方々は、インダストリアルかテクノか、どちらかの方向を想像していると思うんですけど、どっちでもない。特定のジャンルには当てはまらないし、うん……初めて聴く感じじゃないですか。

―おお。前のSCHAFTとも全然違う。

藤井:うん。うるさい曲はうるさいし、メロディーのきれいな曲もあるし。前のSCHAFTもそうでしたけど、曲によってアレンジの方向性が振り切れているんです。1時、3時、6時みたいな方向性に向きつつ、振り幅がある感じというか。

―なるほど。じゃあ身を削り、自分の羽を抜いて織り込んでいくような過酷な作業が……。

藤井:……ようやく1/10ほど終わったところです(笑)。

―(笑)。睡蓮はどういう状況なんですか。

藤井:じっくり時間をかけて曲を作り溜めているので……あと4年後とかにできればいいかなと。

―長いタームですね。

藤井:海外はそういう人多いでしょ? それぐらい時間をかけて作る音楽がないのはよくない気がする。

―そういう余裕が、今の日本の音楽業界にはなくなっているのかもしれない?

藤井:ちゃちゃっと出せちゃうテクノロジーもあるし、それに慣れてるアーティストが増えてると思うから……うん、1組ぐらい、そういう「執念系」がいてもいいんじゃないかと。

僕がやっていることは、作り手のエゴですよね。そしてエゴには、通せるものと通せないものがある。

―身も蓋もないことを訊きますけど、なぜそんなに時間がかかるんですか?

藤井:あのですねえ……たとえば1小節を16分割すると、16個パーツができますよね。その16個のパーツの微妙な前後の組み合わせを考えると膨大な数になる。その膨大な数を1曲分地味~~に聴き比べて編み込んでいく、という作業なんです。

―あらゆる順列の組み合わせを一つひとつ試してみる。

藤井:まあ、それがいわゆる「グルーヴ」なんですけど。エレクトリックな音楽で人為的に有機的なグルーヴを作ろうとすると、やっぱりそれぐらい時間がかかってしまう。全部がジャストタイミングで鳴る音楽ならもっと簡単に作れると思いますし、そういう音楽が好きな人もたくさんいると思うけど、僕の中では違うんです。

―リズムがジャストではなく、微妙に前にいったり後ろにいったりして、それがグルーヴになる。

藤井:生演奏ならそれがあたり前ですけど、それを切り貼りでやろうとすると、えらく手間がかかるわけです。しかもそうやってグルーヴが出来上がったら、それに合わせて音色を変えなきゃいけないケースが出てくる……。

―そして当然、その音も一から作る。

藤井:はい(笑)。だから……時間かかりますよね。あと、歌が乗ったときの微妙な前後のシフトで、また全体のイメージが変わります。そのへんも考えながら作っていくと、1曲数か月単位は絶対かかるんですよ。それでも締切りがなければ延々やってると思いますけどね。

藤井麻輝

―なるほど。でもこういう言い方したら失礼ですが、そうやって手間暇かけたものが必ず売れるとも限らないし、適当に短期間で作ったものが評価されることもある。

藤井:そうなんですよ。だから僕がやっていることは、作り手のエゴですよね。そしてエゴには、通せるものと通せないものがある。だってわからないですもん、ほかの人には。

―藤井さんに作ってる途中の音を聴かされて、これとこれは違うでしょって言われても、わかる自信がないです(笑)。

藤井:電源ケーブルを換えて音が変わるのがわかる人とわからない人がいるじゃないですか。それよりもさらに細かい、微妙な違いですからね。

―まあそれがアーティストのこだわりですもんね。こだわりがあるからこそアーティストをやってるんだし。

藤井:そうですね。そのこだわりはなくしちゃいけないし、やいのやいの言われても、何年かかろうとも、貫くしかない。早く作って、みたいな声もたまにありますけど、そういうものじゃないんです。でも時間は有限なので、そこが辛いところです(笑)。

Page 3
前へ

リリース情報

minus(-)『G』
minus(-)
『G』(CD)

2015年12月9日(水)発売
価格:2,160円(税込)
AVCD-93168

1. Descent into madness
2. Peepshow
3. Maze
4. Dawn words falling
5. The Victim

イベント情報

『ワンマンライブ「LIVE 2015 Vermillion」』

2015年12月28日(月)OPEN 18:15 / START 19:00
会場:東京都 新宿 ReNY
料金:4,500円(ドリンク別)

プロフィール

minus(-)
minus(-)(まいなす)

元SOFT BALLETの藤井麻輝と森岡賢によるユニット。2014年5月に結成。ニュー・ウェーブ、エレクトロニカ、ノイズという要素を交え、他にはないオリジナリティに溢れたサウンドを構築。10月22日にファーストミニ・アルバム『D』をリリースし、その後、LUNA SEA主催のフェスを始め、ヒカシュー、BELLRING少女ハート、石野卓球、SUGIZO、THE NOVEMBERSといった幅広い相手との対バンを行なう。2015年12月9日にはセカンドミニアルバム『G』をリリース予定。さらに12月28日には新宿ReNYでのワンマンライブを予定している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開