特集 PR

THE BACK HORN×ストレイテナー対談「やらかすことも大事」

THE BACK HORN×ストレイテナー対談「やらかすことも大事」

THE BACK HORN『運命開花』
インタビュー・テキスト
今井智子
撮影:永峰拓也

テナーも、THE BACK HORNとは違うけど、やっぱり自由な感じ。(ホリエ)

―THE BACK HORNはバンドのテーマとして「KYO-MEI」と掲げてるわりには、共鳴してない感じ?(笑)

ホリエ:一緒にいる人たちとは共存してるんだよ(笑)。共鳴とかじゃない、共存してるだけ(笑)。

菅波:鋭いなあ(笑)。今それで思い出したけど、学生時代の友達付き合いも、みんなと一緒にいるけどいないみたいな感じだった。ばあちゃん家の2階が俺の部屋で、みんなの溜まり場になってたんだけど、勝手にみんな上がってきて、ばあちゃんにヤクルトもらって、麻雀やってるみたいな。俺はそこにいても、別にみんなと話すわけでもなく、一人で音楽聴いてたりしてた。俺は場を作るところまでは好きなんだけど、人とつるむのが好きなわけじゃないのかもしれないな。THE BACK HORNも、メンバーを集めたのは俺だから、「バンド」という場を作ったのは俺だって言えると思うんだけど、場を用意するのが好きなだけなのかも。バンドという形態が自分に向いてるのかどうか、今となっては考える余地もないから振り返りもしないけど、バンドマンっぽくはないかもしれない。

ホリエ:THE BACK HORNの真ん中にいるのは山田くん(山田将司。ボーカル)なんだけど、ぱっと見そんなにリーダー感はないよね。イニシアチブをとってるのは誰なんだろうなと見てると、フワーッと栄純がいる。そんなイメージ。みんな自由だよね。

THE BACK HORN
THE BACK HORN

菅波:兄弟で言ったら俺は末っ子的な立場だからね。でも、曲は俺が一番書いてたりするから、末っ子が最後家に残って、ハンコ押してるみたいな(笑)。不思議な感じ。

ホリエ:テナーも、THE BACK HORNとは違うけど、やっぱり自由な感じ。俺はなんとなく信頼されている立場ではあると思うけど、OJ(大山純。ギター)は一番最後に入ったから一番いじられるし(笑)、かと思えば、もともとの三人が全然ひとつにまとまらないところをまとめてくれる役でもある。シンペイ(ナカヤマシンペイ。ドラム)と僕は、中学生から友達だから、どっちが引っ張るという感じでもないままずっと来てるし、ひなっち(日向秀和。ベース)は一応兄さんだけど、一番自由でありながら一番気を使ってるというか。場の雰囲気に対して一番敏感。バンド内でもそうだし、他のバンドと一緒のときでも。

ストレイテナー
ストレイテナー

菅波:最後に入ったメンバーがバンドをつなぐっていうのは俺らもある。光舟(岡峰光舟。ベース)が入ってきて、バンドになった感じがした。

ホリエ:後から入ってきた人って、客観視もできるしね。自分たちのどこがいいかとか悪いかとか、今さら発見できないもんね。それを客観的に見てくれる人が、メンバーに入るというのはいいよね。客観視し過ぎてもだめダメだけど。

菅波:そう、「お前どこの立場なんだ」みたいになっちゃうと違う(笑)。

1回ダサいことをやらないと、何がダサいかわからない。(ホリエ)

―二組ともライブと作品を軸に活動を17年間続けていますよね。バンドを続けるモチベーション、牽引力は何でしょう?

菅波:自分の場合は、曲作るのがそもそも好きなんですよ。

ホリエ:一緒です。

菅波:それが、絶対に欲として湧いてくるから。おそらくそういうところ。バンドは、自分の感覚では、「自分の生きた時代を残す場所」みたいな感じ。曲作るのは何より楽しいんですよね。バンドと曲作り、どっちが楽しいかと言われても、ちょっと比べられないというか、曲作りが楽しいからバンドをやってるとは言えないし。うまく言えないんだけど……曲作りの楽しさを知っちゃったが故の人生なんだな。

―曲作りで、運命開花?

菅波:アルバムタイトルを入れてくれてありがとうございます(笑)。最初は俺、漫画を描いてたんですよ。漫画を描いてるときも、自分の中ではかなり開花してたんだけど、曲を初めて作ったときに「これすごく楽しいな」って思った。

ホリエ:漫画って最初からあのタッチで描いてたの?

菅波:そう、あのタッチだった(笑)。「これ、集英社に持ち込めるな」って思ってた(笑)。

菅波によるイラスト
菅波によるイラスト

ホリエ:その気だったんだ(笑)。

菅波:中学1、2年ぐらいまでは漫画を描いてたんだけど、2年ぐらいになると漫画描いてるやつのクラスの立場が、けっこうなめられてくるというか(笑)。当時は「あいつ漫画描いてるからだせぇ」みたいなレッテルを貼られがちだった。

ホリエ:漫画描いてるヤツは暗い、みたいな?

菅波:そう、それに耐えられず、漫画を封印しようと思って。それで他に何かを探そうと思っていろいろ模索してるときに、THE BLUE HEARTSと出会ったんだよね。「こういうシンプルな曲だったら作れるのかも」って恐れ多くも思って(笑)。今となったら作れないっていうのがわかるんだけど。

―THE BLUE HEARTSがきっかけで曲を作るようになったんですね。

菅波:そう。中3か高1ぐらいで、THE BLUE HEARTSのリミックス(『KING OF MIX』)が出たんですよ。けっこう打ち込みとかが入ったアレンジになっていて、それをコンポでかけて、間奏部分にメロディーを乗せるというのをやり始めた。ありもののトラックに、自由に歌を乗せていくという、ヒップホップ的な作り方。それをテレコで録って、自分で聴いて満足する、ということをひたすらやってました。だから、今でもスタジオに入ってみんなで音出して、そこにアドリブでメロディーを乗っけるのがすごく好きというか、得意。

菅波栄純

ホリエ:ギターの前に楽器やってなかったの?

菅波:やってなかった。とにかく曲作りをしたかったから、楽器屋さんに行って「曲作りたいんです」って言ったら、ズレた感じの店員がリズムマシンを持ってきて。それでリズムマシンを買って、ドンタンドドタンってやりながらメロディーを作ってたんだけど、「なんか足りねえんだな」と思ってまた楽器屋に行ったら、「足りないのはギターかもしれない」って言われて。そこから友達の兄ちゃんにギター売ってもらってやり始めた。

ホリエ:(笑)。自分の頭の中でオリジナルの曲を作るのが好きなんでしょ。

菅波:そうそう。

ホリエ:俺もすごい近い。隠してたんですけど(笑)、僕も小学生の頃ずっと漫画家になりたいと思ってて。

ホリエアツシ

菅波:すげー近い(笑)。

ホリエ:(笑)。ストーリー漫画みたいのを自分で描いてたけど、中学生ぐらいになって、無理だと思ったんですよね。その頃に『スラムダンク』とかを読んでて、絵もすごいし、話も面白くて。ヤンキー漫画とスポ魂とギャグと、全部網羅してたから。

菅波:恋愛もね。

ホリエ:うん、ちょっと入ってね。それで「俺には無理だ」と思った。それと同時に、もともと音楽を聴くのが好きでバンドブームの影響をもろに受けてたから、「バンドやりたいな」と思って。家にあったオルガンを弾きながら歌って曲を作ってたら、親がキーボードを買ってくれて、習いにも行かせてくれたんだよね。でも全然教材をやらずに、自分の曲を作ってばっかり。

菅波:うわ、似てるなそういうところも。

ホリエ:キーボードにリズムマシンみたいのが入ってるから、それで打ち込んで伴奏付けて、歌メロ考えてた。

菅波:一緒だ!

―そういう原体験がいまだに曲作りに影響してますか?

ホリエ:そうですね。その頃に作ったものが相当ダサくて。ダサいところを1回通ってると、自分の中で基準ができるよね。1回ダサいことをやらないと、何がダサいかわからないというか。

菅波:ああ、わかるわかる。歌詞とかもそうだけど、赤面しちゃうようなところを1回書いておかないと、なんかこじんまりした作詞人生になっちゃうよね。そこもやらかしが大事というか。それに「やらかしちゃったなあ。あそこすごいダサいし恥ずかしい」と思ってたところが、他の人が聴くと「あそこが泣ける」ということになったりする。だから、けっこう大ぶりで行った方がよかったりするんだよね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

THE BACK HORN『運命開花』初回限定盤
THE BACK HORN
『運命開花』初回限定盤(CD+DVD)

2015年11月25日(水)発売
価格:3,564円(税込)
VIZL-903

[CD]
1. 暗闇でダンスをx
2. ダストデビル
3. その先へ
4. tonight
5. コンクリートに咲いた花
6. 記憶列車
7. 胡散
8. 魂のアリバイ
9. 悪人
10. シュプレヒコールの片隅で
11. 君を守る
12. カナリア
[DVD]
・『運命開花』レコーディングドキュメンタリー
・“悪人”ミュージックビデオ
・“その先へ”ミュージックビデオ

THE BACK HORN『運命開花』通常盤
THE BACK HORN
『運命開花』通常盤(CD)

2015年11月25日(水)発売
価格:2,916円(税込)
VICL-64440

1. 暗闇でダンスをx
2. ダストデビル
3. その先へ
4. tonight
5. コンクリートに咲いた花
6. 記憶列車
7. 胡散
8. 魂のアリバイ
9. 悪人
10. シュプレヒコールの片隅で
11. 君を守る
12. カナリア

ストレイテナー『DAY TO DAY』
ストレイテナー
『DAY TO DAY』(CD+DVD)

2015年11月11日(水)発売
価格:1,944円(税込)
TYCT-30052

[CD]
1. DAY TO DAY
2. FREE ROAD
3. DAY TO DAY -instrumental-
4. FREE ROAD –instrumental-
[DVD]
『The Day of ‘Sky Jamboree 2015’ August 23, 2015』
1. EVERGREEN
2. From Noon Till Dawn
3. The World Record
4. Discography
5. ROCKSTEADY
6. NO ~命の跡に咲いた花~
7. Melodic Storm

イベント情報

THE BACK HORN
『「KYO-MEIワンマンツアー」~運命開歌~』

2016年2月21日(日)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-EAST

2016年2月23日(火)
会場:千葉県 LOOK

2016年2月25日(木)
会場:埼玉県 HEAVEN'S ROCK KUMAGAYA VJ-1

2016年3月2日(水)
会場:栃木県 HEAVEN'S ROCK UTSUNOMIYA VJ-2

2016年3月3日(木)
会場:茨城県 水戸 LIGHT HOUSE

2016年3月11日(金)
会場:京都府 磔磔

2016年3月13日(日)
会場:鳥取県 米子 AZTiC laughs

2016年3月18日(金)
会場:兵庫県 神戸 VARIT.

2016年3月20日(日・祝)
会場:和歌山県 CLUB GATE

2016年3月21日(月・振休)
会場:奈良県 NEVERLAND

2016年3月26日(土)
会場:長野県 松本 Sound Hall aC

2016年3月27日(日)
会場:山梨県 甲府 CONVICTION

2016年3月31日(木)
会場:福島県 郡山 HIP SHOT JAPAN

2016年4月2日(土)
会場:宮城県 石巻 BLUE RESISTANCE

2016年4月3日(日)
会場:岩手県 盛岡 CLUB CHANGE WAVE

2016年4月7日(木)
会場:静岡県 浜松 窓枠

2016年4月9日(土)
会場:愛知県 名古屋 DIAMOND HALL

2016年4月10日(日)
会場:石川県 金沢 EIGHT HALL

2016年4月14日(木)
会場:大分県 DRUM Be-0

2016年4月16日(土)
会場:宮崎県 SR-BOX

2016年4月17日(日)
会場:鹿児島県 CAPARVO HALL

2016年4月21日(木)
会場:岡山県 YEBISU YA PRO

2016年4月23日(土)
会場:高知県 X-pt.

2016年4月24日(日)
会場:愛媛県 松山 サロンキティ

2016年5月7日(土)
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO

2016年5月8日(日)
会場:福岡県 DRUM LOGOS

2016年5月10日(火)
会場:熊本県 DRUM Be-9 V1

2016年5月14日(土)
会場:島根県 松江 AZTiC canova

2016年5月15日(日)
会場:香川県 高松 MONSTER

2016年5月21日(土)
会場:新潟県 Lots

2016年5月22日(日)
会場:宮城県 仙台 Rensa

2016年5月28日(土)
会場:北海道 旭川 CASINO DRIVE

2016年5月29日(日)
会場:北海道 札幌 ペニーレーン24

2016年6月10日(金)
会場:大阪府 なんばHatch

2016年6月12日(日)
会場:東京都 新木場 STUDIO COAST

イベント情報

『Special Talk & Acoustic LIVE 'STRAIGHDINNER'』

2016年1月24日(日)
会場:東京都 六本木 Billboard Live TOKYO
[1]OPEN 15:30 / START 16:30
[2]OPEN 18:30 / START 19:30
出演:ストレイテナー

ストレイテナー 『FREE ROAD TOUR』

2015年12月19日(土)
会場:東京都 新木場 STUDIO COAST

プロフィール

THE BACK HORN
THE BACK HORN(ざ ばっく ほーん)

山田将司(Vo)、菅波栄純(Gt)、岡峰光舟(Ba)、松田晋二(Dr)の4人より、1998年結成。“KYO-MEI”という言葉をテーマに、聞く人の心をふるわせる音楽を届けていくというバンドの意思を掲げている。2001年シングル『サニー』をメジャーリリース。2014年秋には、熊切和嘉監督とタッグを組み制作した映画『光の音色 –THE BACK HORN Film-』が全国ロードショーとなった。2015年11月25日に通算11作目となるニューアルバム『運命開花』を発売。『「KYO-MEIワンマンツアー」~運命開歌~』は、2016年2月の渋谷TSUTAYA O-EASTを皮切りに、ファイナルとなる新木場STUDIO COASTまで、全35公演を開催する。

ストレイテナー
ストレイテナー

1998年、ホリエアツシ(Vo,Gt)とナカヤマシンペイ(Dr)により始動。 渋谷、下北沢、新宿、八王子などでライブ活動を行う。下北沢ハイラインレコードでオリジナルデモテープを委託販売。2000年6月25日、インディーズ1stシングル『戦士の屍のマーチ』をリリース。2002年10月、自主レーベルghost recordsを設立、シングル『SILVER RECORD』を発売。2003年10月16日、シングル『TRAVELING GARGOYLE』でメジャーデビューを果たす。2004年、日向秀和(Ba)が正式に加入。 バンド結成10周年を迎えた2008年、大山純(Gt)が加入し、4人体制となる。2016年1月24日には、ストレイテナーとして初となる Billboard Live TOKYOでのライブが決定している。

関連チケット情報

2020年5月27日(水)〜8月18日(火)
THE BACK HORN
会場:STUDIO COAST(東京都)
2020年8月21日(金)
THE BACK HORN
会場:鹿児島CAPARVOホール(鹿児島県)
2020年8月26日(水)
(公演延期)THE BACK HORN
会場:ダイアモンドホール(愛知県)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー