特集 PR

足立区名物「シャボン玉」祭に5千人が集結 大巻伸嗣インタビュー

足立区名物「シャボン玉」祭に5千人が集結 大巻伸嗣インタビュー

『アートアクセスあだち 音まち千住の縁』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:相良博昭

膨大な数のシャボン玉が舞う空間で、老若男女、国籍も生活スタイルも異なる多様な人々が、無心になってはしゃぎ回る。そんな驚きの光景が東京の下町・足立区の街中に現れたのは、2012年のこと。「音」がテーマのアートプロジェクト『アートアクセスあだち 音まち千住の縁』と共に生まれたその光景は、空間にシンプルかつ大胆な仕掛けを施し、観客の記憶を深く揺さぶる作品を制作してきたアーティスト・大巻伸嗣の作品『Memorial Rebirth』によるものだ。

2015年10月のイベントでは、昼夜あわせてなんと約5千人もの人々が集まり、大量のシャボン玉と戯れる姿が繰り広げられたが、現れては消え、かたちとしては残らないシャボン玉が、これほど大きなインパクトを地域にもたらすことになったのはなぜなのか。その裏側にある、記憶や街に対する大巻の関心とはどのようなものなのか。1月末には足立区にある築50年の建物を使った新作『くろい家』の発表も予定しているという大巻の話を訊きに、勤務先である東京藝術大学を訪れた。

ラーメン屋などで「アートやってます」と言ったら、「えらいねえ! チャーシューつけといたよ」と返される世界ですから(笑)。

―2012年にはじまった『Memorial Rebirth 千住』ですが、回を重ねるごとに参加者が大きく増えていて驚かされます。しかも、訪れる人たちはじつに多様な層にまたがっていますね。

大巻:アートのファンだけでなく、子どもからおじいちゃんまで、あらゆる人に家族ぐるみで参加してもらえているので嬉しいですね。「足立区を世界のアートプロジェクトの基準にする」という意気込みでやっていますから。たとえば、飲み屋で昼間から飲んでいるおじさんが「アートって……」などと語っている。そんな光景が生まれたら面白いでしょ? そんな街があったら世界中の人々が足立区に集まってくると思うし、地元の人たちにはどんどんこのイベントの「共犯者」になってもらいたいと思っているんです。

『Memorial Rebirth 千住 2015 足立市場』2015年10月
『Memorial Rebirth 千住 2015 足立市場』2015年10月

―大巻さんが感じる、足立区の特徴とはなんですか?

大巻:「良い加減」なところです。面白いと感じればパッと寄ってきて意見を言ってくれるし、つまらないと感じれば「わからない」と気兼ねなく言ってくれる。そうした住民性の背景には、もともと多種多様な人々が混ざり合って生活しているという、土地的な条件があるんじゃないでしょうか。たとえば北千住は、電車だけでも、JR常磐線に東京メトロ日比谷線、千代田線、東武スカイツリーライン、つくばエクスプレスと、5つもの路線が乗り入れるハブ的な場所になっています。また、人種的にもいろんなルーツを持つ人がいるし(2009年の足立区の国際結婚の比率は7.7%で、全国平均4.9%を上回っている)、戦前から住む住民も、新しくやって来た学生のような人たちもたくさんいる。

―参加者の層の厚さは、そもそも足立区にあったものだ、と。

大巻:そうした地域の姿をあらためて再発見する、このパフォーマンスの目的はそこにあります。「街おこし」というと、古い建物を作り変えるというような、再開発的な発想になりがちですよね。しかし重要なのは「再開発」ではなく「再発見」で、いくら街が新しくなっても、人が変わらなければ本当の街の再生はない。参加して、周囲の住民と顔を突き合わせることで、日常とは異なる視点から街を見られるようになることが大事なんです。

大巻伸嗣
大巻伸嗣

―とはいえ、いきなり「現代アート」を街中にぶち込むわけで、2012年の立ち上げ時は大変だったんじゃないですか?

大巻:最初は10人くらい来るかどうか、といった状況でした。街の人々にも「どうせ一過性のイベントだろう」という気持ちがあって、みんな信じていなかったんですね。でも考えてみれば、上野の街も戦後の焼け野原に立つ闇市からはじまったわけで、それが現在の活気溢れる姿になるなんて、当時は誰も信じていなかったと思うんです。そもそも足立区は、アートをやる人間にとってはアウェイなんですよ。ラーメン屋のおばちゃんに「アートやってます」と言ったら、「えらいねえ! チャーシューつけといたよ」と返される世界ですから(笑)。

―因果関係がよくわからないですね(笑)。

大巻:だから、未知のものとしての「アート」ではなく、「新しい祭をやる」と説明したんです。「祭」ならみんな知っているから、想像がしやすい。「祭ってのはこういうもんだ」と、意見を言ってくれるようになるんです。そこで「いや、今回はシャボン玉をたくさん作る祭でね」と返す。すると、「それは綺麗だろうね」と集まってくれる。結果的にはそこに、想像以上の光景が広がるわけです。知っているものからはじめて、知らないものへと至ることが重要なんです。

『Memorial Rebirth 千住 2013 常東』
『Memorial Rebirth 千住 2013 常東』

―結果的に同じことをやっていても、そこに至るまでの過程が重要なんですね。それは、いま求められる想像力のあり方かもしれません。

大巻:初回は北千住の「千住いろは通り商店街」という場所でやったのですが、そのときに良かったのは、雨が降ったこと。このイベントには「困難」を乗り越える経験が必要だと思っていたんです。誰もが中止と考えた天候のなかでイベントを決行したら、大変な思いをしながらもみんなでやり切ってくれた。大量のシャボン玉が上がる姿を見て、いろんなところから集まったお客さんたちが傘を上げて喜んでくれたんです。そこでイベントに関わった人たちが、なにかアクションを起こすと反応が返ってくることの可能性を信じられたのが、大きかったと思います。

Page 1
次へ

イベント情報

大巻伸嗣『くろい家

2016年1月30日(土)~3月13日(日)(土、日、月曜、祝日のみ開催)
時間:10:00~17:00
会場:東京都 足立区 くろい家
料金:無料

『アートアクセスあだち 音まち千住の縁』冬のプログラム

『千住フライングオーケストラ「研究発表会」』
2016年1月16日(土)13:00~15:00
会場:東京都 足立区 虹の広場、安養院
料金:無料

イミグレーション・ミュージアム・東京
トークシリーズ「多文化共生について考える」芸術編 第2回
ドキュメンタリー映画『ハーフ』上映会&トークイベント
2016年1月23日(土)14:00~17:00(13:30より受付開始)
会場:東京都 足立区 帝京科学大学 千住キャンパス 3号館 B1F講堂
料金:一般1,000円 学生500円
※小学生以下無料

久保ガエタン『記憶の遠近法』
2016年1月23日(土)~3月13日(日)(土、日、月曜、祝日のみ開催)
会場:東京都 足立区 たこテラス
時間:10:00~19:00
料金:無料

千住ミュージックホール 第9回
ホワイトスタジオ『シカクトライアングル』-Visual Triangle
2016年1月31日(日)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 足立区 ホワイトスタジオ
料金:一般1,000円 学生 500円
※小学生以下無料

野村誠 千住だじゃれ音楽祭
国際交流企画第3弾:タイ調査篇 レクチャー&コンサート
『熱タイ音楽隊の一週間』
2016年2月21日(日)OPEN 14:30 / START 15:00
会場:東京都 足立区 東京藝術大学 千住キャンパス スタジオA
料金:無料

プロフィール

大巻伸嗣(おおまき しんじ)

1971年岐阜県生まれ。東京藝術大学美術学部彫刻科准教授。『アジアパシフィックトリエンナーレ』や『横浜トリエンナーレ2008』、エルメス セーヴル店(パリ)、『アジアンアートビエンナーレ』など世界中の芸術祭や美術館・ギャラリーでの展覧会に参加している。展示空間を非日常的な世界に生まれ変わらせ、鑑賞者の身体的な感覚を呼び覚ます、ダイナミックな作品『Liminal Air』『Memorial Rebirth』『ECHO』を発表している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定 1

    「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定

  2. ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会 2

    ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会

  3. 宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信 3

    宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信

  4. サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN 4

    サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN

  5. 高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開 5

    高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開

  6. 真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化 6

    真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化

  7. 空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察 7

    空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察

  8. 映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開 8

    映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開

  9. 小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント 9

    小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント

  10. 映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆 10

    映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆