特集 PR

バンドサウンドを鳴らさないバンド、雨のパレードの攻戦が始まる

バンドサウンドを鳴らさないバンド、雨のパレードの攻戦が始まる

雨のパレード『New generation』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:豊島望

福永の邁進する姿はものすごく輝いてるんですよ。それに、バンドを輝かせる力もある。(山崎)

―『new place』と『New generation』は地続きの作品ではあると思うけど、少なくとも『new place』のタイミングではシーンを変えるとか、そこまで強い思いは言葉としては出てなかったから、この半年強ですごく変わったなと思います。福永くんの表情も。

福永:いろんなことを考えるようになったからですかね。実は『new place』のリリース後、1か月くらい燃え尽き症候群みたいになってしまったんです。その次にリリースするアルバムがメジャー1発目って考えたときに、既存のレールには乗りたくないと思ったし、ホントに時代を変えてやるくらいの意気込みで制作しなきゃダメだと思って。そう考えていると、1か月間くらい、みんなで曲のネタを作ってはいたものの、何もしっくりこなかったんです。そういう状態から抜けるためにも新しい機材を導入して、それがきっかけで新しいアプローチが生まれた部分もありましたね。

―重要なのは、このアルバムは既存のイメージとしてのメジャーっぽさがないことだと思うんですよね。それくらいバンドのクリエイティビティーを貫いているし、独立したポピュラリティーを獲得しようとしていると思った。

福永:ぶっ込んでやろうと思いましたね(笑)。新しい世代の先頭に立てるようなアルバムを作りたいって、制作段階の時点でメンバーにも伝えてましたし。

―メンバーは福永くんのそういう提案をどう受け止めたんですか?

大澤(Dr):「新世代」って、「時代を背負う」ということだし、かなり大きな目標じゃないですか。それを掲げることに対しては、安易な言い方ですけど、テンションが上りましたね。メンバーとして尊敬できるなと。

大澤実音穂
大澤実音穂

山崎(Gt):(福永の)「こういう曲にしたい」というイメージがより具体的になってきて、こちらも彼の注文に対してどう応えられるかという発想がクリアになっていったんですよね。時代を変えたいという思いに関しては、僕は彼より6つ年上だから、少し客観的に見てるところがあって。そういう視点で見ると、彼の邁進する姿はものすごく輝いてるんですよ。

福永:親か!(笑)

一同:(笑)。

山崎:でも、ホントに輝いていて。それに、バンドを輝かせる力もある。だから「New generation」というキーワードにもすごく納得したし、自分もその輝きを盤石なものにしたいなと思ってます。僕は自発的に行動を起こすようなタイプではないので、彼みたいな存在がいて、一緒に作品を形にしていくことが自分の性分かなって。

―山崎くんは前に組んでいたバンド時代から福永くんを知っていて、当時の彼は引っ込み思案だったわけじゃないですか。それを思うと感慨深いものがあるんじゃないかと。

山崎:そうですね。今はもう立場が逆転してるし(笑)、彼にこんな力があったんだって感動してます。最初は単純に彼の声や歌に惹かれてここまでついてきて。いざ雨のパレードを結成したら、こんなに人を巻き込む力があるんだって知ったんですよね。

山崎康介
山崎康介

大澤:私も前のバンドから、彼の声に惹かれて一緒にやってきたんですけど、雨のパレードになってからの行動力がすごいから。ここまで考えていたとは、という感じですね。

―雨のパレードから活動をともにするようになった是永さんはどうですか? 若干師匠っぽい雰囲気を醸し出してますけど……。

一同:(笑)。

是永(Ba):師匠……(笑)。前よりもさらにストイックになってると思います。ストイックになったからこそ、音楽的にポップなものも作れるようになったんじゃないかなって。ここからどんどんバンドの存在を広げていけるんじゃないかと思ってます。

是永亮祐
是永亮祐

―そう、このアルバムで雨のパレードならではのポップミュージック像も明確になったと思うんですよね。

福永:うん、そうですね。個人的には前からポップセンス的なものはあると思っていて。それもバランスだと思うんですよね。雨のパレードを組んだ直後はあえてポップからかけ離れたメロディーを作ったりもしたんですけど、今はサウンド面で追求したいことと、それをポップに昇華するというせめぎ合いのバランスがどんどんいい形になってると思います。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

雨のパレード『New generation』
雨のパレード
『New generation』(CD)

2016年3月2日(水)発売
価格:3,024円(税込)
VICL-64526

1. epoch
2. Tokyo
3. Movement
4. Focus
5. breaking dawn
6. novi Orbis
7. new place
8. 10-9(New recording)
9. 揺らぎ巡る君の中のそれ(New recording)
10. encore
11. Noctiluca
12. Dear J&A
13. Petrichor

イベント情報

『雨のパレード ワンマンライブツアー』

2016年4月2日(土)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:大阪府 CONPASS

2016年4月3日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:愛知県 名古屋 Vio

2016年4月9日(土)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 渋谷 clubasia

料金:各公演 前売3,000円 当日3,500円(共にドリンク別)

『「New generation」リリース記念 インストアライブ』

2016年3月24日(木)START 19:00
会場:大阪府 タワーレコード梅田NU茶屋町店イベントスペース

2016年3月29日(火)START 19:00
会場:東京都 タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」

プロフィール

雨のパレード
雨のパレード(あめのぱれーど)

2013年結成。2015年7月1日にリリースした3rd mini Album 『new place』の表題曲“new place”がスペースシャワーTVのローテーション「it!」に選出、iTunes Storeでも大展開されるなど、インディーズながら耳の早いファンの間で広まり話題となる。同年10月に開催された『MINAMI WHEEL』では初出演ながら入場規制となる動員を記録、2016年2月~3月にかけて開催される『スペースシャワー列伝15周年記念公演 JAPAN TOUR 2016』に抜擢されるなど、大きな期待をうけるニューカマー。Vo.福永浩平の声と存在感、そしてライブパフォーマンスにおける独創的な世界観は中毒性を持ち、アレンジやサウンドメイキングも含めまさに「五感で感じさせる」バンドとして注目されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄