特集 PR

バンドサウンドを鳴らさないバンド、雨のパレードの攻戦が始まる

バンドサウンドを鳴らさないバンド、雨のパレードの攻戦が始まる

雨のパレード『New generation』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:豊島望

自分たちがかっこいいと思ってる音楽をたくさんの人に聴いてもらわないと意味がないと思うので。(大澤)

―メジャーのフィールドに行きたいという思いは最初からあったんですか?

福永:前のインタビューでも言いましたけど、雨のパレードの目標として、幕張メッセをワンマンで埋めたいという思いがあったので。なので、ちゃんとマスにも向けた音楽を作りたいと思いつつ、でもだからと言ってメジャーデビューするからポップな方向に寄せようという意識はなくて。

―サウンドでその意思をしっかり示してると思います。

福永:メロディーや歌詞はポップを意識している部分がありますけど、オケに関してはメジャーでやるからといって迎合するつもりは一切ないんです。そこは曲げられないところだと思ってます。

福永浩平

―自分たちの音楽性の美学を貫かなければ、新世代の波は作れないと思ってるはずで。「誰かと一緒に盛り上げる」という意識ではなく、今はまだ孤独な戦いになることを覚悟してるだろうし。

福永:そうですね。しばらくは孤独な戦いになると思います。でも、僕らはクリエイティブな部分とポップな部分のせめぎ合いが、他の同世代のバンドよりもいいバランスで提示できると思っていて。だからこそ、新世代のアイコンになりたいし、シーンの先頭に立ちたいと思っているんです。前回の三宅さんのインタビューで「独立した存在でありたいと思ってるんじゃない?」って言われたじゃないですか。

―うん。

福永:あのとき確かにそうだと思って。自分のなかですごく納得したんですよね。

―どういう立ち位置のバンドでありたいとかメンバーとよく話したりもするんですか?

福永:全員がそろうと楽曲の話が中心で、個々で会ってるときは野心について話したりしますね。特にりょうちゃん(是永)とは二人になると立ち位置の話とかけっこうするんですよ。

―ああ、師匠とはそういう話をするんだ。そういうことをインタビューで言ってくださいよ。

是永:そうですよね。インタビューの場だと頭が回らなくて……。

一同:(笑)。

福永:りょうちゃんは僕にとって、音楽的にも、バンドの姿勢においても、アイデアマンみたいな感じなんですよ。

是永:(照れ笑い)。

―大澤さんとは?

福永:実音穂さんにはときどき説教じみたことを言われますね(笑)。曲のネタを持っていくと、「それはちゃんと大衆に向いてないんじゃないか?」って鋭く言ってきてくれたりとか。「コアなだけのバンドでは終わりたくない」って実音穂さんも言っていて、その通りだなと思って。

大澤:自分たちがかっこいいと思ってる音楽をたくさんの人に聴いてもらわないと意味がないと思うので。

―ホントに雨のパレードには攻めの姿勢のまま大衆性も獲得してもらいたいです。

福永:攻撃の手を緩める気持ちは一切ないので。このまま強気で、攻めの姿勢でいこうと思ってます。

―戦いが本格的に始まりますね。

福永:始まりますね。いよいよという感じです。

左から:福永浩平、是永亮祐

今のバンドシーンは「BPMが速い=派手な曲」と解釈してる人が多いじゃないですか。本質的な派手さやポップさって、そういうことではないと思う。(福永)

―最後にひとつ訊きたいんですけど、楽曲の様相として、陰影に富んだ表現がほとんどじゃないですか。開放であったり、陽性の表現に対する興味はないですか?

福永:それを描くのは次の段階なのかなって思ってます。夜ではなく、ちょっと昼っぽい曲もできてはいるんですよね。その出しどころはしっかり見極めたいです。

左から:大澤実音穂、山崎康介

―たとえばBPMが速い曲には興味ないでしょう?

福永:(即答で)ないっす。

一同:(笑)。

福永:今のバンドシーンは「BPMが速い=派手な曲」と解釈してる人が多いじゃないですか。バンドもリスナーも。

―間違いないですね。それに、大衆に向けた音楽を作るとき、音を足すほうが王道なやり方だと思うけど、このアルバムは音数を引いていってるのが如実に表れている。それはやっぱり、すごく英断だと思いますね。

福永:僕は本質的な派手さやポップさって、そういうことではないと思うから。

―陰影に富んだ楽曲でもポップだと感じさせる可能性を雨のパレードは見いだせると思う。そのうえで表現性の振れ幅が広がっていけばいいなと。

福永:僕もそう思ってます。その自信があるし、これからそれを証明していきたいですね。

Page 3
前へ

リリース情報

雨のパレード『New generation』
雨のパレード
『New generation』(CD)

2016年3月2日(水)発売
価格:3,024円(税込)
VICL-64526

1. epoch
2. Tokyo
3. Movement
4. Focus
5. breaking dawn
6. novi Orbis
7. new place
8. 10-9(New recording)
9. 揺らぎ巡る君の中のそれ(New recording)
10. encore
11. Noctiluca
12. Dear J&A
13. Petrichor

イベント情報

『雨のパレード ワンマンライブツアー』

2016年4月2日(土)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:大阪府 CONPASS

2016年4月3日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:愛知県 名古屋 Vio

2016年4月9日(土)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 渋谷 clubasia

料金:各公演 前売3,000円 当日3,500円(共にドリンク別)

『「New generation」リリース記念 インストアライブ』

2016年3月24日(木)START 19:00
会場:大阪府 タワーレコード梅田NU茶屋町店イベントスペース

2016年3月29日(火)START 19:00
会場:東京都 タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」

プロフィール

雨のパレード
雨のパレード(あめのぱれーど)

2013年結成。2015年7月1日にリリースした3rd mini Album 『new place』の表題曲“new place”がスペースシャワーTVのローテーション「it!」に選出、iTunes Storeでも大展開されるなど、インディーズながら耳の早いファンの間で広まり話題となる。同年10月に開催された『MINAMI WHEEL』では初出演ながら入場規制となる動員を記録、2016年2月~3月にかけて開催される『スペースシャワー列伝15周年記念公演 JAPAN TOUR 2016』に抜擢されるなど、大きな期待をうけるニューカマー。Vo.福永浩平の声と存在感、そしてライブパフォーマンスにおける独創的な世界観は中毒性を持ち、アレンジやサウンドメイキングも含めまさに「五感で感じさせる」バンドとして注目されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡