特集 PR

「音楽と言葉」をめぐり話し合う 池永正二(あら恋)×和合亮一

「音楽と言葉」をめぐり話し合う 池永正二(あら恋)×和合亮一

あらかじめ決められた恋人たちへ『After dance / Before sunrise』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人

「詩はいつでも歌に憧れてる」。そう語るのは現代詩の巨人・谷川俊太郎である。潜在意識から生まれる詩の言葉は、意味に縛られず、自由に人間の心に訴えかけてくる音楽に憧れているというのだ。この言葉は音楽と詩が本質的な意味で結びついているという事実を、雄弁に物語っていると言えよう。

池永正二を中心としたインストダブバンド「あらかじめ決められた恋人たちへ」の新作『After dance / Before sunrise』には、曽我部恵一、ハチスノイトといったボーカリストと共に、詩人の和合亮一がポエトリーリーディングでゲスト参加している。東日本大震災での被災後、現場からTwitterで発表し続けた「詩の礫」が大きな話題を呼び、遠藤ミチロウ、大友良英らと共に「プロジェクトFUKUSHIMA!」を立ち上げるなど、幅広い活動を展開する和合は、もともと大の音楽ファンであったという。一方の池永はもともと映画の大ファンで、近年は映画『味園ユニバース』や、この春公開される『モヒカン故郷に帰る』で音楽を担当。別の表現形態に憧れながら、それでも自分の世界を追いかけ続けてきた二人の邂逅は、音楽と詩の新たな結びつきを見事かたちにしてみせた。

自分は現代詩を書いているわけですが、実は「意味なんかどうでもいい」と思っているところがあって、「朗読したい」というのが先にあるんです。(和合)

―お二人は昨年DOMMUNEでの共演で知り合ったそうですね。

和合:そうなんです。キュレーターの佐藤道元さんに紹介してもらっての共演だったので、そのときはまだ池永さんのことをよく存じ上げなくて。バリバリのアーティストだったらどうしようかと不安に思ってたんですけど、すごく優しそうな、どこか起き抜けの感じの方だったので、安心しました(笑)。

池永:僕もそうでした(笑)。すごいアーティスティックな方なんかなって思ったら、すごいしゃべりやすくて、「よかったー」って。

―池永さんもポエトリーリーディングとのコラボレーションに興味があったわけですか?

池永:あったんですよ。僕らはインストバンドですけど、前に歌を入れてやったこともあって、そこから言葉や声に興味を持ち出してたんです。それで、DOMMUNEで和合さんとやらせてもらったらすごい面白くて、これはぜひ一緒に曲を作りたいと思って……打ち上げでお話ししましたよね?

池永正二
池永正二

和合:そうですね。打ち上げでビールを飲みながら、軽いノリだったんですけど、ちゃんと覚えていてくださったお陰で実現しました(笑)。レコーディングはほぼ即興だったんですよ。

―即興はよくやっていらっしゃるんですか?

和合:リーディング自体はもう二十数年やっていて、ブームを起こせないかと思いながら活動しているんですけど、そのときそのときが楽しくないと続けていけなくて、あるときから即興をやるようになったんです。

池永:最初は違ったんですか?

和合:もともとはちゃんと練習して、決まった内容をリーディングしてたんですけど、だんだん変わっていきました。それは遠藤ミチロウさんと大友良英さんと「プロジェクトFUKUSHIMA!」でご一緒させていただいたのが大きいです。あの二人があまりにもアバウト過ぎて(笑)。

池永:大友さんは即興ミュージシャンですもんね。

和合:一時期三人でいろんなところに出ていたんですけど、18時半からステージなのに、18時25分過ぎても何やるか全然相談しなくて、「こんなんでいいんだ」って思って。

池永:いや、結構特殊やと思いますよ(笑)。

和合:ですよね(笑)。僕ももともとあんまり打ち合わせはしない方なんですけど、あのお二人はホントにしないんですよ。でも、それで即興してる姿を見て、自分もこれで行こうと思いました。

―即興のどういう部分に惹かれたんですか?

和合:僕はずっと演劇もやっているんですけど、朗読まで演劇的な思考回路になってしまっていて、どうにかその演劇的な部分から脱出できないかと思っていたんです。ですから、決められたことを練習するより、その場で即興で朗読をしていくほうが新鮮で面白かったんですよね。

―なるほど。音楽ライブとの親和性も高そうですもんね。

和合:僕はもともと音楽が大好きで、高校生のときは楽器をやってみたんですけど全然ダメで、それで詩や演劇を始めたんです。そういう経緯があるので、詩を書いているのも、「言葉による音楽」を作りたいと思ってるんですね。

―言葉による音楽?

和合:自分は現代詩を書いているわけですが、実は「意味なんかどうでもいい」と思っているところがあって、「朗読したい」というのが先にあるんです。それは幼い頃から音楽に憧れていたからこそなんですけど、実はそういう人っていっぱいいるんじゃないかと思うんです。音楽をやりたいけどできない。でも、言葉は好き。そういう人は、「言葉による音楽」をやればいいんじゃないかと思って、リーディングを提唱したいなって。

和合亮一
和合亮一

―以前谷川俊太郎さんに取材をさせていただいたときに「詩はいつでも歌に憧れてる」とおっしゃっていました。詩と音楽にはきっと通じる部分があるんでしょうね。

池永:逆に僕はもともと映画を撮りたかったので、あら恋は「音楽で映画」をやってるような感じなんですよね。そういう合間の人って結構多いのかも。ちなみに僕、谷川俊太郎さん好きなんですよ。谷川さんもやっぱり音楽的なのかもしれないですね。

和合:僕も谷川俊太郎さんが好きで詩を書き始めたところがあるんですけど、そこからいきなり前衛詩にいっちゃったんです(笑)。

池永:僕もスピルバーグが大好きだったのに、なぜかノイズになっちゃいました(笑)。

―どんどんお二人の共通点が見えてきましたね(笑)。

和合:本当ですね(笑)。僕が大きく変わったのはやはり震災の影響で(和合は生まれも育ちも福島市)、ずっと前衛でやってきたんですけど、震災を経験して、誰にでも伝わる言葉にしようと思ったんです。ただ結局は、言葉使いというか、言葉のさらし方が違ってるだけで、実際は難しいも優しいもないなって気がしてますね。

Page 1
次へ

リリース情報

あらかじめ決められた恋人たちへ『After dance / Before sunrise』
あらかじめ決められた恋人たちへ
『After dance / Before sunrise』(CD)

2016年3月9日(水)発売
価格:2,600円(税込)
KI-NO-003 / DDCZ-2075

1. after dance
2. blast
3. rise
4. 焦点 feat.和合亮一
5. gone feat.曽我部恵一
6. 風花
7. before sunrise
8. view
9. high
10. void
11. 波 feat.ハチスノイト
12. 月下

書籍情報

和合亮一『昨日ヨリモ優シクナリタイ』
和合亮一
『昨日ヨリモ優シクナリタイ』

2016年3月9日(水)発売
著者:和合亮一
価格:1,944円(税込)
発行:徳間書店

イベント情報

『「After dance / Before sunrise」Release TOUR 2016 Dubbing 09』

2016年3月18日(金)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:愛知県 名古屋 APOLLO BASE
料金:前売3,000円

2016年4月8日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:大阪府 鰻谷 CONPASS
料金:前売3,000円

2016年4月9日(土)OPEN 18:15 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 WWW
ゲスト:
曽我部恵一
和合亮一
映像:rokapenisとmitchel
料金:前売3,500円

プロフィール

あらかじめ決められた恋人たちへ
あらかじめ決められた恋人たちへ(あらかじめきめられたこいびとたちへ)

1997年、池永正二によるソロ・ユニットとしてスタート。2003年には『釘』(OZディスク)、2005年には『ブレ』(キャラウェイレコード)をリリース。2008年、拠点を東京に移すと、バンド編成でのライブ活動を強化。そのライブパフォーマンスと、同年11月の3rdアルバム『カラ』(mao)がインディー・シーンに衝撃を与える。2011年、満を持してバンド・レコーディング作『CALLING』をPOP GROUPからリリース。叙情派轟音ダブバンドとしてその名を一気に知らしめ、FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCKFESTIVAL、朝霧JAM等、大型フェスの常連となっている。2014年9月10日、以前から評価の高いライブ・パフォーマンスを余すところなく収録した約120分のDVDと新曲「Going」をはじめ、吉野寿(from eastern youth)、クガツハズカム(fromきのこ帝国)参加曲を収録した4曲入りEPによる二枚組作品「キオク」をリリース。2015年4月、新たなメンバーの参加により新体制としてリスタート。2016年3月、6thアルバム『After dance / Before sunrise』をリリース。

和合亮一(わごう りょういち)

1968年福島市生まれ。国語教師。第1詩集「AFTER」(1998)で第4回中原中也賞受賞。2011年の東日本大震災で被災し、地震・津波・原子力発電所事故の三重苦に見舞われた福島から、Twitterにて「詩の礫」と題した連作を発表し続ける。2011年5月には、ギタリストで世界的に活動する音楽プロデューサーの大友良英氏、元スターリンの遠藤ミチロウ氏とともにPROJECT FUKUSHIMA!を立ち上げ、終戦記念日でもある8月15日、福島の今を見つめ、世界に発信する世界同時多発イベントを開催。坂本龍一氏のピアノ、大友良英氏のギターと共演・「詩の礫」を朗読。イベントは1万3千人の来場者をあつめ、インターネットでは世界25万人の視聴を記録した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場