特集 PR

シャムキャッツ×Yogee New Waves「武道館」をめぐって討論

シャムキャッツ×Yogee New Waves「武道館」をめぐって討論

『SLOW DAYS』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:小田部伶

「近郊型ゆるフェス」と銘打たれた野外イベント『SLOW DAYS』が、所沢航空記念公園野外ステージを舞台に、4月16日と17日の2日間に渡って開催される。「気持ちよい空間で大好きな音楽をのんびりと楽しむだけのイベントです」とオフィシャルサイトに書かれているように、厳選された4バンドがたっぷりと演奏を聴かせる1日は、春風と共にゆったりとした贅沢な時間をオーディエンスに届けてくれることだろう。

しかし、出演者をよくよく見れば、音楽性は様々ながら、それぞれがインディペンデントな志向性を持つ、一癖もふた癖もあるバンドばかり。中でも、両日のトリを務めることが発表されているシャムキャッツの夏目知幸とYogee New Wavesの角舘健悟は、それぞれのスタンスを保ちながら、「インディーズのバンドがどう活動を続けていくのか?」に誰よりも心を砕いている二人なのである。

2015年を振り返れば、Yogee New Wavesのほか、『SLOW DAYS』にも出演するnever young beachなどが「シティポップ」というキーワードと共に注目を集め、フェスやメディアなどの表立った舞台に何度となく登場し、インディーズシーンの広がりが感じられた1年だった。その状況は、今も加速していると言えるが、その一方では、数年の活動を経て、歩みを止めたバンドも少なくなかったという事実を忘れてはならない。夏目は今回の取材で「状況はそんなに甘くない」とはっきりと口にしてもいる。では、実際に夏目と角舘は今のインディーズの状況をどのように見つめ、その中で自分たちはどこを目指そうとしているのだろうか? 生々しい言葉の数々から、彼らの生き様を感じてほしい。

音楽がないがしろにされているのは、マジ見てられない。(角舘)

―『SLOW DAYS』は「近郊型ゆるフェス」と銘打たれていますが、イベントに対してどんな印象を持っていますか?

夏目:自分たちでは絶対にやらないようなイベントだと思うから、誘ってもらってよかったなって。出演するバンドの客層ってわりと近い気がするんですけど、シャムキャッツは「まとまり」よりも「混乱」を求めていくタイプなんですよ。だから自分たちのイベントだと、シンプルでわかりやすいテーマを見せていくというより、お客さんとか世の中が複雑になることを望んでるんですよね、たぶん。

―つまり、『EASY』(シャムキャッツ主催のイベント)は、お客さんが重ならないようなバンドを組み合わせているイベントだと。

夏目:銀杏BOYZとAPHEX TWINのどっちも好きだというのは、リスナーとして普通じゃないですか? でもイベントだと、それくらい音楽性がかけ離れてるバンドが一緒になるのはなかなか成し得ないから、そういうことが『EASY』でできないかなって。俺がそういう聴き方をする人間なので、それがイベントとして目に見えるかたちでできたらいいなと思っています。

角舘:哲学さえ合えば、ジャンルは違えど、一緒にできるんだろうなって思いますよね。今回の出演者だと、たぶんROTH BART BARONは、音楽性はそんなに合わないかもしれなくても、表情とか、面とか、細かいことを言うとTwitterのアイコンとか、そういうものから感じ取れる彼らの匂いは、「俺のお気に入りの喫茶店連れていけるわ」って感じがする。

左から:角舘健悟、夏目知幸
左から:角舘健悟、夏目知幸

―夏目くんが言った「お客さんとか世の中が複雑になることを望んでる」っていうのをもう少し説明してもらえますか?

夏目:僕はシンプルなことが怖いタイプなんですよ。スローガン的なものを投げられると、それを疑ってしまうタイプだから、わからないものの方がいいんですよね。

―みんなが一斉に同じ方向を向くことに恐怖心がある?

夏目:その素晴らしさもわかるし、音楽ってそういうものを求めていくところももちろんあるから、『EASY』って名前にしてるんです。でも、「わからない」という方も求めていきたいっていうか。今って昔に比べて、いろんな価値観とか興味あるものにアクセスできる方法はどんどん増えてるじゃないですか? そういうのが増えれば増えるほど、答えがシンプルになることが、僕はちょっと怖いなって気がしているんですよね。

―その『EASY』の持つアンビバレンツな感じっていうのは、『SLOW DAYS』にもある気がします。「近郊型ゆるフェス」と銘打たれてるけど、実は出演者は全然ゆるくなくて、インディペンデントな志向性を持っている人が多いと思うから、そこは面白いなって。

夏目:うん、アクが強い人は多いと思う(笑)。宮崎駿的な感じというか、入口はすごく低いんだけど、出口はものすごい高くて広い感じ。そうなっていたらいいですよね。

『SLOW DAYS』タイムテーブル
『SLOW DAYS』タイムテーブル

―角舘くんはYogee New Waves(以下、ヨギー)で大きなイベントをやるならどんなのがいいかって考えたりしますか?

角舘:そうだなあ……まあ、若さの表れだと思って聞いてほしいんですけど、音楽って最高だし、夢見せてくれるし、ライブを観たら明日の自分が変わってたりするレベルの衝撃を与えてくれる何かだと思うんですよ。だから、それがないがしろにされているのはマジ見てられなくて。自分の周りの超かっこいいやつらが今の音楽市場に乗っていないのは、すごくむしゃくしゃする。なので、俺は「ショーケース」みたいなことをやりたいんです。事務所とかレコード会社に対してじゃなくて、例えばシャネルとか、時代に対して敏感な企業を呼んで、1バンド40分とかでライブをする。そうすると、絶対Suchmosにいっぱい仕事がいくけど……。

夏目:もういってるもんね(笑)。

角舘:でも、例えばHomecomingsにも絶対仕事はいくと思うんですよ。みんな引っかかる部分は何かしら持ってると思うから、それに心動いてくれた人が手を挙げてくれるような制度を作って、次につなげていきたい。みんなの努力が無駄になるのは絶対嫌なんで、そんなことを考えたりはしてますね。

左から:角舘健悟、夏目知幸

―ショーケースとかレコード会社のコンベンションとかって言うと肩苦しさもあるけど、ちゃんといい音楽をやってる人に、ちゃんとお金が回ってくるようにしたいってことですよね。確かに、企業のトップや起業に成功してる人って、アート全般に対して造詣が深かったりもするし、面白いアイデアだと思います。

角舘:「自分のことだけ考えてろよ」って言われることもあるんですけど、正直ヨギーが潰れてでも、「誰かが上に上がったらそれでよくね?」とすら思っているくらい、他人事じゃないっていうか。

夏目:僕も同じようなことは常々思ってるんですよ、ホントに。でもね……何から話しましょうかね?

Page 1
次へ

イベント情報

『SLOW DAYS』

2016年4月16日(土)、4月17日(日)OPEN 11:30 / START 12:00 / CLOSE 17:00(予定)
会場:埼玉県 所沢航空記念公園野外ステージ
4月16日出演:
ミツメ
Yogee New Waves
ROTH BART BARON
ドミコ
4月17日出演:
シャムキャッツ
踊ってばかりの国
never young beach
JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB
料金:
2日券 6,000円(ドリンク別)
1日券 前売3,500円 当日4,000円(共にドリンク別)

プロフィール

シャムキャッツ
シャムキャッツ

4人組のロックバンド、シャムキャッツ。2009年春、1stアルバム『はしけ』をリリース。2011年秋、ミニアルバム『GUM』をリリース。2012年冬、P-VINE RECORDSより2ndアルバム『たからじま』をリリース。収録曲“SUNNY”がテレビ東京系『モヤモヤさまぁ~ず2』のエンディング曲に起用される。2014年3月、アルバム『AFTER HOURS』をリリースし、渋谷CLUB QUATTRO公演を含む全国ツアーを開催し大成功を収める。2015年3月4日に『AFTER HOURS』の「その後」を描いたミニアルバム『TAKE CARE』をリリース。全国9箇所のワンマンツアーを開催。2016年4月より全国10箇所で『EASY TOUR』が開催される。

Yogee New Waves
Yogee New Waves(よぎー にゅー うぇーぶす)

2013年6月、角舘健悟(Vo,Gt)と矢澤直紀(Ba)を中心に活動開始。楽曲制作に勤しむ。『SUMMER SONIC』の『でれんのサマソニ2013』の最終選考に選出され、選考ライブがまさかのバンド初ライブとなる。9月には前田哲司(Dr)、松田光弘(Gt)が加入。2014年4月にデビューep『CLIMAX NIGHT e.p.』を全国流通でリリース。その後『FUJI ROCK FES'14』の『Rookie A Go Go』に出演。9月には1stアルバム『PARAISO』をリリースし、年間ベストディスクとして各媒体で多く取り上げられる。2015年5月に松田が脱退し、現在は3人で活動中。2015年12月2日に『SUNSET TOWN e.p.』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)