特集 PR

「完璧」だけじゃ足りない。9mm菅原×日下貴世志のバンド論

「完璧」だけじゃ足りない。9mm菅原×日下貴世志のバンド論

9mm Parabellum Bullet『Waltz on Life Line』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:豊島望 編集:飯嶋藍子

9mm Parabellum Bulletはいつだって孤高のバンドだった。しかしそれと同時に、常に「他者」の存在を求めてきたバンドでもある。9mmが孤高であり絶対的であり続ける理由とは、その「誰も阻害しない」スタンスがあればこそなのかもしれない。

6枚目のフルアルバム『Waltz on Life Line』は、そんな彼らの物語が新章に突入したことを告げる作品だ。今作の中で、菅原は自らの弱さを受け入れている。「僕の弱さを受け入れてくれ。その代り、僕は君の弱さを受け入れる」――まるでそんな言葉が聞こえてきそうなくらい、菅原は音楽の中にその身を投げ出し、聴き手を受け入れようとする。

今回は、菅原と、長らく彼らとレコーディングを共にしてきたエンジニア・日下貴世志の対談を敢行。9mmにとって最も近しい「他者」の視点から、物語を終わらせない、その意味を紐解く。

いつも「うまくまとまるだけじゃ足りない」っていう感覚があって。面白がれるポイントって、ちょっとよろめいたところにあると思うんですよ。(菅原)

―そもそも、9mmと日下さんの蜜月が始まったのはいつからなんですか?

日下:メジャーのセカンドアルバム(2008年『VAMPIRE』)で2曲、一緒にやったところからだよね?

菅原:そうですね。その次のサードアルバム『Revolutionary』(2010年)のときにはもう、僕らと日下さんの相性は完璧だなって思っていました。そこからはずっと、日下さんと一緒にやらせてもらっています。何かを録音してCDなりレコードなりで発表しようとしたら、エンジニアはバンドの一部と言っていいくらい重要な存在なんですけど、僕らにとっての日下さんは「スタジオにこの人がいないと嫌だ」と思える存在なんです。「第五のメンバー」というか、もはや愛用のギターと一緒ですね(笑)。

日下:ははは(笑)。

菅原卓郎
菅原卓郎

―「愛用のギターと一緒」なんて、ギタリストからの最上級の賛辞じゃないですか。具体的にどういった部分で、9mmと日下さんの相性の良さを感じますか?

菅原:自分たちが「この曲はここが面白いよね」って思っているところと、日下さんが面白いと思ってくれるところにズレがないんです。「バンドがやっていることをそのまま録るんだ」って日下さんはよく言うんですけど、そこがまさに自分たちと同じ価値観だなって。

日下:9mmは全員が「せーの」でバン! と録るんだけど、その瞬間に四人が鳴らした音や空気感をどう聴かせるのか? ということを考えるのが僕の仕事だから。今は技術も発達しているし、後からどうとでも音を付け足すことはできるんだけど、バンドが人様に喜んでもらえるのって、やっぱり「やったぞ!」っていう、その瞬間の素晴らしさだと思うんですよね。レコーディングにしてもライブにしても、9mmは昔から、うまくまとまることを最終目標にはしてこなかったと思うし……だから、レコーディング、楽しいよね?(笑)

菅原:そうですね。いつも「うまくまとまるだけじゃ足りない」っていう感覚があって。ある一定水準のものを録音するのは当たり前なんだけど、それを超えるテイクを録音したいんですよね。完璧な演奏でも出せない「勢い」ってあると思うんですけど、もしそれが出せるのなら、演奏のタイミングがちょっとズレていてもいいとすら思います。面白がれるポイントって、ちょっとよろめいたところにあると思うんですよ。「完成させたら終わり」ではなくて、むしろ自分たちでも思ってもみなかった形にしたいんです。

メンバー個人の気持ちなんてクソみたいなもんだと思っている部分もあって。曲さえ良ければいいんだから。(日下)

―それって完璧な作品を作るより難しい作業かもしれないですよね。9mmと日下さんが作るものに完成形を指し示す設計図はないわけで。その状態で作品作りを続ける秘訣って、どこにあるんですか?

日下:実のところ、我々はスタジオ内ではわりとカジュアルな会話ばかりなんですよ。「周波数がどうの」みたいな専門的な話はしないよね?

日下貴世志
日下貴世志

菅原:ほとんどしないですね。「この高い音、もうちょっとだけ鋭く!」とか、抽象的なことばっかり(笑)。日下さんと一緒に作業し始めてからは、「これはかっこいい!」って思えるものが同じなら、道のりはそれぞれのやり方でいいと思っていて。その頃から「よりこの現場を楽しくするにはどうしたらいいんだろう?」って考えるようになりましたね。メンバーそれぞれのアイデアをきちんとキャッチするには、とにかくリラックスすることが大事なので。そのためにカジュアルな会話を大切にしている部分はありますね。

日下:体が硬くなると、演奏が小さくなっちゃうからね。1曲につき何回もテイクを重ねることもあるけど、結局使われるのは、その中の1テイクなんですよ。その都度、それぞれ個人的に上手くいかなかった部分があったとしても、その負のマインドを作品に残すわけにはいかないからね。だから、いい空気を作って、そこで爆発してもらうのは重要なことなんです。

菅原:日下さんの9mmに対する視線って、おじいちゃんの孫に対するそれに近いんですよ。「障子もバリバリ破いちゃっていいぞ~」みたいな(笑)。愛はあるんだけど、楽曲に対してもバンドに対しても中立だから判断を間違わない。

日下:そうだね。いい空気を作るのは大事だけど、それと同じくらいメンバー個人の気持ちなんてクソみたいなもんだと思っている部分もあって。曲さえ良ければいいんだから。

菅原:うん、そうだと思う。形に残すものを作るときは特に、途中経過も大事だけど、ゴールがかっこよかったらそれでいいと思います。

日下:その点に関しては、僕はおじいちゃんの愛情は持ち合わせていないんだよね。でも、楽曲に対しての愛情はある。その愛情をみんな求めているし、そのために雇われている身だからね。いい曲を作るためなら、極端な話、個人が傷ついてもいいとすら思う。

菅原:いくらへこたれようが、やらなきゃいけないですからね。

日下:そう。上手くいかないときだって、どうしたってある。でも、そんなことはどうでもいい。やるしかないんだよ。

Page 1
次へ

リリース情報

9mm Parabellum Bullet『Waltz on Life Line』初回限定盤
9mm Parabellum Bullet
『Waltz on Life Line』初回限定盤(CD+DVD)

2016年4月27日(水)発売
価格:4,104円(税込)
COZP-1155/6

[CD]
1. 生命のワルツ
2. Lost!!
3. 湖
4. Mad Pierrot
5. 反逆のマーチ
6. ロンリーボーイ
7. Kaleidoscope
8. Lady Rainy
9. ダークホース
10. 誰も知らない
11. 火祭り
12. モーニングべル
13. 迷宮のリビングデッド
14. スタンドバイミー
15. 太陽が欲しいだけ
[DVD]
・『QUATTRO A-Side Single「反逆のマーチ/ダークホース/誰も知らない/Mad Pierrot」 Release Party at SHIBUYA CLUB QUATTRO 2015.09.09』
1. 荒地
2. Invitation
3. Mr.Suicide
4. Mad Pierrot
5. 黒い森の旅人
6. Trigger
7. Mr.Brainbuster
8. 悪いクスリ
9. 反逆のマーチ
10. Punishment
・『ゲリラライブat TOWER RECORDS SHIBUYA 2015.09.09』

プロフィール

9mm Parabellum Bullet
9mm Parabellum Bullet(きゅーみりぱらべらむばれっと)

2004年3月結成。菅原卓郎(Vo・G)、滝 善充(G)、中村和彦(B)、かみじょうちひろ(Dr)からなるバンド。2007年、いしわたり淳治をプロデューサーに迎えたデビューディスク『Discommunication e.p.』でメジャーデビュー。2014年、結成10周年記念ライブ「10th Aniversary Live ”O”/”E”」を開催し、ベストアルバム『Greatest Hits』を発表。2015年9月9日にQUATTRO A-Side Single 『反逆のマーチ/ダークホース/誰も知らない/Mad Pierrot』をリリースし、2016年4月、6thアルバム『Waltz on Life Line』を発表、6月にワンマンライブ「9mm Parabellum Bullet LIVE 2016 “Waltz on Life Line” at 日比谷野外大音楽堂」、ワンマンツアー「9mm Parabellum Bullet TOUR 2016 “太陽が欲しいだけ”」の開催が決定。

日下貴世志(くさか きよし)

レコーディングエンジニア。デビュー当時からACIDMANのレコーディングに携わっているほか、UA、9mm Parabellum Bullet、SOIL&”PIMP”SESSIONS、Chara、bloodthirsty butchersなど多くのアーティストの作品を手がける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)