特集 PR

素直なほうが生きやすい。Czecho No Republicの脱・反骨精神

素直なほうが生きやすい。Czecho No Republicの脱・反骨精神

Czecho No Republic『Forever Dreaming』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:飯嶋藍子

Czecho No Republicがニューシングル『Forever Dreaming』をリリースする。メジャーデビューから2年半が経過し、新人から中堅へとキャリアを進める今は、バンドにとってデビュー時以上に重要な時期だと言えるかもしれない。そんな中、彼らは今回の制作の裏側で「ポップで楽しいバンド」という自らのパブリックイメージと改めて向き合い、新たな一歩を踏み出していた。

シングル表題曲の“Forever Dreaming”は“Oh Yeah!!!!!!!”に続いてアニメ『ドラゴンボール超』の主題歌。また、2形態で発売されるうちの「チェコVer.」には代表曲“ダイナソー”のリアレンジ、「ドラゴンボール超Ver.」には、初期『ドラゴンボール』のエンディングテーマとしてお馴染みの“ロマンティックあげるよ”のカバーが収録されるなど、チェコファンもアニメファンも楽しめる仕様となっている。過去に行なってきたインタビュー同様、もはや癖のようにときおりネガティブ発言を織り交ぜながらも、来るべき夏へ向けたバンドの現在地をストレートに語る武井優心の最新語録をどうぞ。

ツアーで今までとは違う見せ方をしようと試みたんですけど、暗めの曲をやった後の沈黙に耐えられなくて。

―『Santa Fe』(2015年)は「ポップで楽しい」という従来のイメージに対して、サイケな曲でエッジを示した作品だったと思うんですが、リリース後の手応えはどうでしたか?

武井:うーん……あの頃はちょっと病気だったのかなって(笑)。扉を閉めてました。

武井優心
武井優心

―「自分はこれをやるんだ」って、内に向き過ぎていた?

武井:はい。でもやっぱり、楽しい感じの方が重要だなって。今までは「楽しくてポップだよね」と言われると、「いや、そんなことないですよ。家では暗いし」って返してたんですけど、そういう風に言うのは、かっこつけてるだけだと思ったんですよね。「ポップですよね」っていう世間の意見の方が正しいんであって、こっちが「いや、ポップじゃないですよ」と言っても、「いや、お前の意見は知らねえよ」って感じですよね(笑)。それを今年の年始くらいに思ったんです。「ポップな曲を書かなきゃ」と思わなくても、ポップな曲はできるので、今はできた曲をやっている感じですね。

―その心境の変化は何かきっかけがあったんですか?

武井:『Santa Fe』を出した後のツアーで、今までやってきたポップで楽しいお祭りみたいな感じとは違う見せ方をしようと試みたんですけど、それで気が病みました。向いてないなって(笑)。暗めの曲をやった後の沈黙に耐えられなくて。結局俺らそういうバンドじゃないのに、自分で自分の首を絞めてたなって(笑)。

―でも、例えば、『Santa Fe』に入っている“Beautiful Days”みたいなゆったりしたテンポのサイケデリックな曲も、僕が見たZepp DiverCityのライブのときは、ちゃんと届くところには届いている感じがしましたけどね。

武井:ああいう曲もいいんですけど、でもやっぱりエゴだと思うんですよ。ポップな曲を聴いてチェコを知ってくれた人に「それだけじゃない」と思わせたい気持ちで作っていたと思うんです。でも「それは別でやってもいいんじゃない?」っていう。ディズニーランドに行って、和室のアトラクションが出てきても困るじゃないですか(笑)。「畳も好きだけど、今は求めてない」みたいな。

―チェコらしいポップな曲と、サウンド的にかっこいいサイケな曲と、より上手く結び付けられればベストですよね。

武井:でも、難しくないですか? サイケってもはや珍味だと思うんですよ。子供にウニ食べさせて「美味いっしょ?」と言ったところで、「?」ってなると思うんです。珍味はダメですよ、メインディッシュじゃないと。珍味よりカップラーメン……あれ? なんか違うな?

―カップラーメンだとちょっと安っぽくなっちゃうかも(笑)。大衆性がありつつ、ちゃんとこだわって作られている、職人さんのラーメンみたいな感じですかね。

武井:そうですね。そういう感じがいいですね。

Page 1
次へ

リリース情報

Czecho No Republic『Forever Dreaming』期間限定生産 チェコVer.
Czecho No Republic
『Forever Dreaming』期間限定生産 チェコVer.(CD)

2016年5月18日(水)発売
価格:1,836円(税込)
COZX-1174/5

1. Forever Dreaming
2. 24 Factory
3. Forever Dreaming(English Ver.)
4. ダイナソー(Daydream Ver.)
※ラバーバンド付き

Czecho No Republic『Forever Dreaming』期間限定生産ドラゴンボール超Ver.
Czecho No Republic
『Forever Dreaming』期間限定生産ドラゴンボール超Ver.(CD)

2016年5月18日(水)発売
価格:1,296円(税込)
COCA-17191

1. Forever Dreaming
2. 24 Factory
3. Forever Dreaming(English Ver.)
4. ロマンティックあげるよ

イベント情報

『Czecho No Republic presents ドリームシャワー 2016』

2016年7月3日(日)
会場:東京都 新木場 STUDIO COAST
出演:
Czecho No Republic
and more

プロフィール

Czecho No Republic
Czecho No Republic(ちぇこ のー りぱぶりっく)

2010年3月、武井優心(Vo,B)、山崎正太郎(Dr)の2人を中心に結成。2011年2月に八木類(Gt)が加入。2013年元旦、モデルとしても大きな活躍をしているタカハシマイ(Cho,Syn,Gt,Per)、砂川一黄(Gt)が加入。端正なルックスと唯一無二のドリーミー&キャッチーな音楽性により、各地大型フェス出演や『第4回CDショップ大賞』にノミネートされるなど、各方面から注目を集める。2013年10月に、會田茂一、いしわたり淳治、片寄明人(50音順)という敏腕ミュージシャンらをプロデューサーに迎えて制作したファーストアルバム『NEVERLAND』でメジャーデビュー。2014年7月に、セカンドアルバム『MANTLE』、2015年9月にサードアルバム『Santa Fe』を発表。2016年5月18日にニューシングル『Forever Dreaming』をリリースする。また、2010年結成当初からの主催イベント『Czecho No Republic presents ドリームシャワー 2016』が、2016年7月3日に新木場STUDIO COASTにて開催されることが決定している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察